メール サーバー に 対し て 暗号 化 され た 接続 を 使用 できません。 カスペルスキーで「暗号化された接続が確立・・・」証明書の名前が無効と表示された場合の対処法

メール設定:Outlook 2010|設定方法(Windows)|設定方法|メールサービス|Q&A|会員サポートhi

メール サーバー に 対し て 暗号 化 され た 接続 を 使用 できません

カスペルスキーを使用している方で「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」とか「証明書の名前が無効です」と表示された場合の対処法です。 では早速。 なので証明書を発行していない場合は下記のように表示されます。 ウェブサイトを開くときに「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」というメッセージが表示された場合、Kaspersky Labアプリケーションがウェブサイトの証明書に問題を検出したことを意味します。 あなたのアカウント情報やその他の個人情報が犯罪者の手に渡る可能性があるため、証明書の問題があるWebサイトを開かないことをお勧めします。 証明書は、ユーザーのWebサイトへの接続が暗号化されていることを保証するデジタル署名です。 また、ウェブサイトが本物であることを確認します。 これが基本です。 暗号化していないサイトに接続すると情報が洩れるので接続しないで下さいねってことです。 なにが漏れるのかというと、年齢とか性別とか、住んでいる地域とか、その他いろいろですw ただし暗号化されたスキャンを有効にしていると観覧できないサイトもありますので暗号化を無視する設定に変更するのもありです=「暗号化された接続をスキャンしない」とする(これはカスペルスキーにも仕方がない場合として記載あり) その場合は暗号化された接続ができないので下記のように「保護レベルが低下します」と表示されます。 ありえないことなのですが、もしも暗号化されたサイトで「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」と表示された場合は、カスペルスキー側に不具合が発生していますので、下記の手順でカスペルスキーの証明書を再インストールすることもできます。 (これはカスペルスキーの証明書であって、暗号化されていないサイトのものではありませんよ) 以下、証明書のインストール手順です。 1:設定ボタンをクリック 2:詳細>ネットワーク 3:暗号化された接続のスキャンで「保護機能の要求に応じて暗号化された接続をスキャンする」or「暗号化された接続を常にスキャンする」を選択し、詳細設定をクリックします。 4:証明書のインストールを選択します。 以上です。

次の

Office365をOutlookにセットアップしようとしてエラー

メール サーバー に 対し て 暗号 化 され た 接続 を 使用 できません

セットになっているパブリックキーとプライベートキーは、数学的に関連付けられており、ユーザー ID に固有です。 パブリックキーは、Notes 認証に保存されます。 プライベートキーはユーザー ID にのみ保存されます。 パスワードは、自分のユーザー ID をほかのユーザーが使用できないようにするためのものです。 管理者は、ユーザー ID を作成するときに、パスワードが必要かどうか、またどのようなパスワードが必要かを決めます。 ユーザーの共有ログインの使用状態は、管理者が制御します。 ID をロックすると、Notes の資格情報はクリアされ、すべての Notes サーバーへの接続は切断されます。 次に Notes を使用して操作を行うときは、再度ログインする必要があります。 Smartcard は、クレジットカードに似ていますが、磁気テープの代わりに、マイクロプロセッサとメモリを内蔵しています。 Smartcard によるログインが可能なユーザー ID の場合、Notes パスワードの代わりに Smartcard Personal Identification Number PIN の入力を求められます。 新しいユーザー名を要求する場合 結婚により名前が変わった場合など は、管理者に連絡する必要があります。 認証とは、パスポートのスタンプのような電子的なスタンプのことです。 サーバーはこれを使用して、ユーザーが本人であることを確認します。 認証はユーザー ID に保存されます。 インターネット証明書を使用するように設定することもできます。 インターネット証明書は X. 509 認証と呼ばれることもあります。 ユーザーに割り当てられたアクセスレベルによって、そのユーザーがデータベースでどのような作業を行うことができるかが決まります。 また、サーバーに割り当てられたレベルによって、そのサーバーがデータベースのどの情報を複製できるかが決まります。 その場合、データベースの暗号を解除できるのはそのユーザーだけです。 それは、そのユーザーがユーザー ID に対応するプライベートキーを持っているためです。 他のどのユーザー ID でも、そのデータベースを開くことはできません。 ローカルに保存されているアプリケーションへのアクセスを制限したり、アプリケーション内の文書を暗号化することができます。 ほかのユーザーがアクセスできるデータベースに保存されている文書も、自分と指定したユーザーのみが読めるように設定して保護できます。 文書に暗号化できるフィールドが含まれている場合は、ユーザー ID に保存されたシークレット暗号キーを使用して、パブリックデータベースに保存しておく文書を暗号化できます。 セットになっているパブリックキーとプライベートキーは、数学的に関連付けられており、ユーザー ID に固有です。 パブリックキーは、Notes 認証に保存されます。 プライベートキーはユーザー ID にのみ保存されます。 ユーザーセキュリティウィンドウを使用してメールセキュリティオプションにアクセスできます。 インターネットメールアドレス情報を表示できます。 インターネット上のユーザーへのセキュアなメールの送信を実現するときには、インターネット形式の Notes メールを使用しなければなりません。 また、Notes ユーザー以外へのセキュアなメールの送信を実現するときには、必要に応じてこの形式を選択します。 その他の Notes ユーザーにセキュアなメールを送信する場合は、必要に応じてこの形式を選択します。 受信メールを受信するために使用する形式の種類を選択できます。 ユーザー ID にあるインターネット認証を表示できます。 これらのインターネット証明書の 1 つを、デフォルトの署名用証明書として指定しなくてはなりません。 インターネット証明書を使用して、送信するメッセージに署名できます。 ほかのユーザーがメッセージを送信してくる場合も、同じインターネット証明書を使用してメッセージを暗号化できます。 しかし、複数のインターネット証明書がある場合は、メッセージの署名と、第三者からのメールメッセージの暗号化に別のインターネット証明書を使用できます。 複数のインターネット証明書がある場合は、デフォルトの署名用証明書として使用するものを選択できます。 パブリックキーを含む認証を公開し、ユーザーに送られたデータを他のユーザーが暗号化するときにそれを使用できるようにすることができます。 連絡先から認証を確認できます。 次のような場合に、相互認証の作成が求められることがあります。 ユーザーとサービスの認証を表示するときには、選択した認証の信頼の設定に関する詳細情報 認証の名前、およびその認証に対して確立されている信頼 が [信頼の詳細] に表示されます。 次のような場合に認証を信頼します。 新しい Notes パブリックキーを要求するときには、Notes 保留キーを取得します。 Notes 保留キーが不要になるのは、Notes 認証のパブリックキーを新しいキーに更新しないことにした場合などです。 その場合、保留キーは何の用途にも使用されていないので、新しいパブリックキーの要求を中止してよいのであれば、問題なく削除できます。 新しいパブリックキーなどの新しい情報をユーザー ID に取り込む場合は、ユーザー ID のコピーも忘れずに更新する必要があります。 例えば、より大きいキーに更新することでセキュリティを高めたり、プライベートキーが何らかの方法で危険となっている場合に復元したりするために、このキーセットを置き換えなければならない場合があります。 SSL では、Notes クライアントとアカウントで指定したサーバー間で送信されるデータが暗号化されます。 Notes は、SSL のバージョン 2. 0 と 3. 0 をサポートしています。 デフォルトでは、Notes では各サーバーに適した SSL バージョンがセッションで決定されます。 管理者は、クライアントソフトウェアのインストール時にプラグインも自動的にインストールされるよう設定できます。 このプラグインは、クライアントから信用された証明書で署名され、データが壊れていないことが確認されたものです。 この方法で署名されたプラグインは、確認のプロンプトを表示することなくインストールできます。 このタスクについて デジタル署名は、コンピュータにより生成される署名で、手書きの署名と同様のものですが、手書きの署名よりも偽造されにくくなっています。 Notes では、デジタル署名はプライベートキーを使用して作成され、パブリックキーを使用して確認されます。 メールメッセージを送信すると、受信者のステータスバーに文書の署名または暗号化、またはその両方が行われているかどうかを示す次のような内容が表示されます。 デジタル署名付きのメールメッセージを送信した場合、受信者のステータスバーのインジケータにペン付きの文書のアイコンが表示されます。 また、ユーザーの階層名が受信者のステータスバーに表示されるので、メールがそのユーザーのユーザー ID を使用して送信されたことがわかります。 暗号化されたメールメッセージを送信した場合、受信者のステータスバーのインジケータにパッドロック付きの文書のアイコンが表示されます。 暗号化されていてデジタル署名付きのメールメッセージを送信した場合、受信者のステータスバーのインジケータにペンとパッドロック付きの文書のアイコンが表示されます。 また、送信者の階層名が受信者のステータスバーに表示されます。 暗号化も署名もせずにメールメッセージを送信した場合には、受信者のステータスバーのインジケータが淡色表示になります。 インターネットで送信するメールの暗号化または署名には、インターネット証明書が必要です。 オフラインで受信メールボックスを使用している場合、企業でモバイルディレクトリカタログが提供されていれば、送信するメールを暗号化できます。

次の

暗号資産/仮想通貨取引所 Liquid が実施しているセキュリティ対策

メール サーバー に 対し て 暗号 化 され た 接続 を 使用 できません

画面にエラーメッセージが表示される Outlook 2010 - Windows Outlook 2010にOCNのメールアドレスを設定している場合に、表示されるエラーへの対処方法をご案内します。 どんなエラーメッセージが表示されますか?• エラー番号から探す場合はこちら エラー番号 エラーメッセージ 対処方法 0x8004010F Outlook データ ファイルにアクセスできません。 0x800408FC 入力されたサーバー名はネットワーク上に見つかりません。 0x80042108 受信(POP3)メール サーバーに接続できません。 0x80042109 送信(SMTP)メール サーバーに接続できません。 0x8004210A 受信(POP)サーバーからの応答を待機中に操作がタイムアウトになりました。 0x8004210B 送信(SMTP)サーバーからの応答を待機中に操作がタイムアウトになりました。 0x8007031D モデムが見つからなかったため、リモート アクセス サーバーへの接続を確立できませんでした。 0x800CCC0D 電子メール サーバーが見つかりません。 0x800CCC0F サーバーへの接続が中断されました。 0x800CCC18 電子メール サーバーが、保護されたパスワード認証(SPA)によるログインを拒否しました。 0x800CCC1A このサーバーは、指定した種類の接続暗号化をサポートしていません。 0x800CCC80 このクライアントでサポートされている認証方法が、サーバーでサポートされていません。 0x800CCC92 電子メール サーバーがログインを拒否しました。

次の