叛逆 続編。 『まどか☆マギカ』叛逆の続編いつまで経ってもこない・・・一体いつになるのか

『まどマギ』続編の内容はどうなる?もし“叛逆の物語”の続きだとすると・・・

叛逆 続編

に開された後編の最後に初めて予告が流れ、翌に開された。 度の長編部門にも出品が決定されており、より約遅れのにの名門劇場プ・ターで上映が行われ、その後、と両のおよそ劇場で上映。 多くの謎 版をおおむね踏襲した[前編]や[後編]とは異なり、どのようなが展開されるかは明かされていない。 予告を含めて、がとなった後のが描かれること、新たな敵として「」という存在が現れることなど、いくつかの断片が開されているが、は多く、多くのが展開を予想・している。 中でも最大のと言えるのが、新である「(:)」の登場である。 とても幼い外見で、となった理由を含めて不明な点が多いが、瞳や、その他いろいろな雰囲気から、と因縁の深いとの関係が疑われている(予告には、その因縁のの姿が、明確に確認できるものも存在する)。 この他にも、同士の戦いを伺わせる、の異変についてつぶやく、孤独に苛まれるなど、気になるも多い。 さらに、となって消滅したはずのと、魔を使い切って命を散らせたはずのの登場も示唆されている。 特に、とは、の孤独や閉じこもりに関係する言葉を発している(二人は、何かを知っているのだろうか? そして、予告においてほとんと発言せず、に沈黙しているたち・・・。 にて、役のは「はとんでもになっております」、は「心を強く持って見に来て」としている。 がどのように収束し、どのような結末を迎えるのかが、注される。 かつて、 な日々をおくっていたな一人のが、 その身を賭してすべてのたちを 残酷な運命の連鎖から解き放った。 への想いを果たせぬままに取り残された は、 の残したでひとり戦い続ける。 主要人物 ( - ) - : 本の(のはず)。 前作で「」というとなり、達を導く様となったが・・・。 ( - ) - : の存在を一覚えている。 今作の実質的なである。 ( - ) - : 達の兼の。 との関係は前作より良好。 また、というを連れている。 ( みき - ) - : の友人。 前作で魔を使い切り、「」に導かれて消滅したはずの人物。 ( ) - : としてのにあたる人物で、野からやって来た。 今作ではに通い、また、をはじめとになっている。 - : (? )的な。 今作では何故か喋らなくなっている・・・ というのは。 サブキャラクター ( ) - : たちの。 にとっては友人で、敵でもあった人物。 今作ではとのに悩んだ挙句を生み出してしまう場面がある。 ( かみじょう きょうすけ) - : たちのので、の。 前作までと同様、一筋。 ( こ) - : の。 ( ともひさ) - : の。 ( - ) - : と11歳離れた。 ( さおとめ かずこ) - : たちのの担任の。 今作でも相変わらずに悩んでいる。 (なかざわ) - : たちの。 今作でも和子に名されていた。 「はいっ!くん!」 新キャラクター - : ので、が大好物。 「」の元となった。 本作では、すでに「」に導かれた。 「」と共に、のとしての役割を果たす。 詳細はも参照。 の図鑑に、それぞれのやの解説が掲載されている。 はの版や『』など、のではおなじみの氏である。 なお、描き下ろしのとして(第2巻以降は『』号より連載中)『 』(N)が刊行されている。 第回優秀作品賞• 第一期 第二期 登場人物 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ・ド・ヴィニョル - ・ツェ その他 - - - 楽曲 () 関連人物 関連団体.

次の

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語のレビュー・感想・評価

叛逆 続編

2013年「叛逆のラストは続編を作れるようにしたためああなりました by 新房」 2014年「叛逆の続編は製作中です! by シャフト社長」 2015年「コンセプトPV公開!脚本が完成したら早く発表したいですね! by 新房」 2016年「アラサーマミのアニメ化をしたい。 180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4761• 366• 599• 4347• 2250• 1748• 511• 463• 2901• 985• 1285• 1158• 1576• 4206• 8364• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1414• 730• 1096• 3261• 1608• 658• 161• 488• 109• 276• 1513• 136• 688• 232• 703• 2163• 200• 4863• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

『まどマギ』続編の内容はどうなる?もし“叛逆の物語”の続きだとすると・・・

叛逆 続編

ネタバレ! クリックして本文を読む 彼女たちが「暁美ほむら」の世界にいて、ほむらたんが魔女になってしまった(厳密にはなってないけどねw)ことが分かるまででお腹いっぱいだ。 あー、彼女もダークサイドに落ちちゃったか。 そりゃそうだよな。 根暗だし・・・。 後半は暁美ほむらの個人的な物語が続くのか・・・と思いきや!思いっきり普遍的なテーマを描く方向に舵を切った・・・! 個人的には暁美ほむらの個人的な物語を観ても良かった。 洋画では「神と悪魔」「愛」を語る映画は結構多い。 この手の映画は、既に評論家に論じられている。 自分もそれを読んでいたりする。 だから、本作の結末は正直、わりと安全に着地させたか、という印象がつおい。 しかし、日本のアニメでは、あまりされない試みだと思う。 萌えアニメファンではない僕のような凡人でも楽しめる、硬派なテーマを描いている点が超偉いと思う。 でもこれって、前作にあった永劫回帰を否定するような気が! 何はともあれ、俺の夏の有給休暇はまどマギにより終わった。 明日からまたクソ社会を、永劫回帰的に生きるとするか。。。 もっとみんな仕事サボろうぜ。 TV版と新劇場版の前編・後編の終わり方のほうが良かったかな・・。 1度観ただけでは理解できず・・何回も見直してしまいました。 それはキュウべぇの実験によりソウルジェムが濁らせたせいで歪んだ愛になったのか? 「悪魔ほむら」になってしまうという終わり方は、 ほむらファンからすると少々残念でした。 新劇場版の後編での終わり方の方が美しかったです。 そして、「円環の理」から引き剥がされた まどか、マミ、さやか、杏子が人間として暮らす、 ある意味では理想の世界。 あのままアルティメットまどかの円環の理を受けたら キュウべぇに、まどかを支配されてたわけだし。 結果ハッピーエンドにも見えます。 しかし最後の方の、さやかチャンのシーンや、 まどかがアルティメットに戻りそうになるのを引き止めたり・・ 悪魔ほむらチャンを見てると幸せそうには見えないんだよねぇ・・。 ちゃんとセリフ聞いておかないと理解出来ないし、 前作の新劇場版を見ておかないと 絶対に???が残りますので予習はしとくべきです。 今年の秋頃には【マギアレコード】が放送されるので どういう内容になっているのか興味津々です。 ネタバレ! クリックして本文を読む という意見の人はあまりいないみたいだが。 そりゃテレビ全12話が受け付けなければ、続編なんてみないだろからなあ、ふつうは 自分はリアルタイムでテレビ12話みてなかった。 この叛逆が公開する半年前かな一気見したのは。 自分はこれでもかなり陰惨なもの、救いようのない話、残忍な作品とかいろいろみてきたし読んだりもしたつもりだが この魔法少女たちの悲劇性にはすっかりやられてしまい、ちょっとまともな話ではない。 なぜ、批判が起きないのか不思議で仕方なく、製作者たちを憎悪したね。 とりわけここまでの目に遇わされるかと思ったのが、美樹さやか。 同情がひいきとなったのか、いちばんこの中では好きなキャラ。 というか他の4人はどうも現実味に欠けるというか、キライじゃないが興味があまりもてない。 というキャラに感情移入する作品ではなく物語としての構造そのものを楽しむ作品なのかも知れないが、それは人それぞれだとおもうんだが… 前にみた時は、テレビ編と映画前後編からの流れでこの叛逆〜もあまり高い評価をできなかったが、独立した作品と考えるとこれは素晴らしい。 五人が主題歌に合わせて踊ったり 一人踊ってねーですがw 変身シーンをしっかり作ってファンを楽しませようという意気込みが感じられる序盤。 異変に気づいてほむらが動き出す中盤。 とはいえここのながれは某作品を参考にした気もするが…まあ、いいや。 それで問題なのが、ほむらによる改変の終盤なんだろうが、少なくとも自分は蛇足とは思えない。 正直、ほむらのまどかへの偏愛はちょっと理解しずらいが、自らの意志でインキュベーターをも出し抜き、さらに手駒にしてしまうぶっ飛び方には痛快ささえ感じる。 それにもし、ほむらが円環に導かれて終わりの話ではさっき出した参考にしただろう某作品の設定が違うだけの焼直しのようにも感じる、ハッピーエンドとも思えない。 ほむらの病んだ目つきが表すとんでもないことをしてしまった感。 もはや半分正気をなくしたかのような雰囲気。 いいね。 脚本家に踊らされてひどい目に合わされてるだけだったこれまでより、ひとつ突き抜けたかんじ。 ハッピーエンドとは言えないし人によってはバットエンドかもしれないが、いずれにしろ混沌。 珠玉の混沌状態。 ここからどう展開させていくのか、シャフトはいずれは作りたいみたいだが、多分虚淵玄がやりたがらないんだろう。 また、おんなじような鬱展開を繰り返すなら願い下げだが、思いもよらない展開があるならみたいけどね。 ネタバレ! クリックして本文を読む アニメ全話は数年前に観たっきりで、記憶を取り戻しつつ観賞しました。 前編・後編ver. はじめて3作目から見る人にとってはまったく理解できないかもしれないですが、これまでの作品を見ていても理解できないぐらいですので、気にする必要はありません。 世界観だとか、すごい作品だということだけは感じられるのかもしれません。 アカデミー賞長編アニメ部門にエントリーされているとのことですが、たしかに世界にだしてもはずかしくない作品だと思います。 この1週間でこのシリーズを見はじめた初心者。 そんな訳でまだ消化しきれてない状態なのですが、この辺はおいおい読み解いていく事にします。 ネタバレ! クリックして本文を読む 問題のラスト10分、あれを「付け加えた」理由について、脚本家の虚淵玄は「これではただの続編ではないかと思った」と言われていましたが、それ自体は付け加えた理由にはならないのでは? ただの続編何が悪い? この無闇な毒の吐き方は説明どころか謎でしかありませんでした。 ほむらが悪魔と化した理由についても、「まどかと対になる存在とした」とありましたが、問題は対にする必要がどこにあったのかというところ。 その理由についても述べられていません。 ただ、「古今東西そういった話はよくある」と言うだけで。 これでは思いつきであの10分が作られたとしか考えられません。 あのまま終わればそこそこ王道として良い終わり方であったのに、なんでそこまでして王道を否定しなければ気が済まないのでしょうか、この脚本家は。 とても力のあるライターなのに、ジャンルそのものを撒き餌にしたシナリオを書いたり王道を否定したり、ちょっと残念の度が過ぎます。 王道に向かえないのもまた弱点であると思い至って欲しいものです。

次の