看護師マイナビ転職。 マイナビ看護師ってどんな転職サイト? 良い評判に悪い口コミ・デメリットは何かあるの?

看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!

看護師マイナビ転職

・マイナビグループの持つ情報網により情報量が豊富 ・転職エージェントの質は比較的高め ・求人数が非常に多く全国対応している ・求人の幅も広い ・大病院や大学病院など大きめの病院の求人に強い マイナビグループには他に医師に特化した転職支援サイトや薬剤師、医療介護スタッフ専門の転職支援サイトが存在しており、それらの情報を共有している点に大きな強みがあると言えます。 通常、看護師の支援サイトは看護師に特化しており、仮に他の媒体を持っていても情報の共有などが行われることは稀で、例えばリクナビは新卒・転職サイトともに最大手ですが、それぞれのサービスは別個に機能しており、リクルートグループ全体で横の連携はほとんどありません。 「どれだけその病院の中身を知っているかと」いう点は看護師サイトを選ぶ基準として重要で、マイナビ看護師に関してはどの病院がどのような雰囲気で残業はどの程度で、どんな従業員がいて、という濃い内容の情報を持つことが他のマイナビグループ各社の連携により可能となり、他のサイトに比べて支援できる素地が違うということが言えます。 また、比較的大手ということもあり、正社員として採用するまでのハードルは他の転職サイトに比べて高めです。 私の友人も1人マイナビに就職したのですが、彼はTOYOTA自動車本体の内定(倍率はおよそ200倍以上)をもらっていた程の優秀さです。 今では独立したようですが、比較的質の高い転職エージェントを抱えているのは間違いないですね。 エージェントの質の高さでいえば業界トップクラスであると言えるでしょう。 看護師転職サイトはエージェントの力量によって条件なども変わってくるため選ぶ際には非常に重要になります。 また、大手だけあり、人気の高い大学病院の求人や国公立の病院は勿論、クリニックや訪問看護、介護施設など求人そのものの選択肢が多いことも魅力です。 大病院では求人は全てマイナビ看護師に任せてあるという所も少なくありません。 逆に短所としては ・非常勤に関してはあまり歓迎していない という点が挙げられるぐらいでしょうか? 看護師は9割が女性という特性上非常勤での勤務をしたい方の多い職種なのですが、マイナビ看護師は実は非常勤の方の登録をあまりよくは思っていません。 もう少し詳しく言うと、マイナビがというよりも病院側などがあまり歓迎していないという事情があります。 マイナビに求人を出すのは他のサイトよりもコストがかかるという事情があるため、そのコストに見合う常勤看護師を欲しがるというのは理解のできる所です。 非常勤での勤務を望む場合は他のサイトを利用するのがよいでしょう。 派遣での勤務を望む方は以下の記事をご参照ください。 関連: アルバイトでの勤務をご希望される方は以下のサイトに登録するのが良いでしょう。 逆に言うと、マイナビに求人が出せる程の病院などは比較的資力の高い勤務先ということが言えるため、給与の面などの条件が良い場合が多いです。 また、お金をかけてでも優秀な人材に来てほしいと言う医療機関もマイナビに多く求人を出す傾向があり、給与アップやスキルアップと言った条件を転職理由に掲げる場合は特にお勧めの転職支援サイトだと思います。 マイナビ看護師の良い評判や悪い口コミ 実際にマイナビ看護師を利用した方の評判や口コミを見てみましょう。 マイナビ看護師の悪い口コミ ちょっとしたアルバイトはダメみたいでした 担当者さんが電話をかけてきてくれ、メールをマメにしてくれ、こちらの希望や、やりたくないこと、家庭の状況なども聞いてくれ、その上で仕事を探してきてくれます。 他にも3社ほど利用しましたが、マイナビは大手だからか、1番対応が丁寧で親切です。 無事にいい病院を紹介してもらい転職することが出来ましたが、実際働いて見ると聞いていた話と違うというところもありました。 でもそれは病院との面接で私自身が見抜けなかったことなので、マイナビさんにそんなに責任はないかなと思います。 病院は看護師確保のために繕うことがあるので、どこの転職サイトを利用しても、最後は自分で細かいことの確認などを行い、就職するに値する病院か見極めることも大切です。 見学可能かどうか各企業に問い合わせもしてくださり、慎重に新しい職場を選ぶことが出来ました サイト名に「看護師」とあるので、准看護師は無いのかと思うとそうではなく、こちらの求人も豊富な数が揃えられてます。 先に地元のハローワークサイトも確認したのですが、こちらの方が探すには向いていると想って利用しました。 やはり知名度が高いだけあって、メジャー級の情報量が揃っていると想いました。 情報量、サポート力としては求職サイトとして優秀だと言えます。 こちらが先に出した新たな就職先としての希望と照らし合わせて、今流行りの用語である「マッチング」を行ってくれます。 サイト側で私のパーソナルデータを元にしておすすめの就職先を提示してくれるというのは、画期的だと想いました。 転職が始めてでしたので、このようなサポートのしたかがあるのかと驚きました。 逆に私のデータからはおすすめできないという現場も提示してくれます。 もちろんマッチングが100%正しいとは言い切れませんが、細かいデータを出して進めてくれると、大変助かります。 背中を後押ししてくれる頑張る社会人の味方となる優良サイトだと思いました。 大手だけあって質の高いサービス展開を行っています 私は准看護師として新たな転職的をさがしていました。 そこで出会ったサイトがマイナビ看護師です。 マイナビというグループが規模が大きく、最近ではCMや雑誌でもその名を聞くので信頼できると想って使用しました。 使用してみてまず最初に想ったのは、割と地方とされると想っていた私の住んでいる地域の施設の情報もたくさん載っていたことに驚いたことです。 サイトに登録されている施設は多く、何せ表示が早く一覧にして見やすいです。 施設の外観も写真で表示されて分かりやすく、まるで引っ越しの物件を探す感覚で見ることができました。 サイトのアドバイザーがキャリアを積んでいることから大変こころ強いと想いました。 こちらは転職自体が始めてで、医療従事者としてもまだ未熟なので、勝手をよく知るアドバイザーからサポートをウケられると安心です。 問い合わせを気軽に行えることが出来ますし、何よりも利用無料で家からでもアクセスできるのが良いです。 時間ばかりかかる職安よりもずっと早いと想いました。 大手だけあって質の高いサービス展開を行っています。 こちらのサイトに登録して良かったと思いました 以前他の看護師の転職サイトに登録していたことがあったのですが、登録したら電話がかかってきていろんなことをたくさん聞かれたりして少し嫌な思いをしたことがあったので、ある程度信頼できそうで有名なサイトに登録したいなという気持ちがあって登録しました。 こちらの会社の方は以前みたいなしつこさはなく、自分が希望してる情報を探して紹介していただけたり、紹介してもらった会社がどのような会社なのか、どんなところなのかなどを教えてもらって選りすぐって面接を受けることができました。 前の仕事をやめたのは、あまりにも急がしすぎて毎日が仕事に縛られすぎて自由な時間が少なかったし、患者さんに接するのも気持ちに余裕が持てずに仕事をしていたので、もう少しゆったりとした気持ちで仕事が出来る場所で働きたいと思い紹介してもらいましたが、いざ入ってみても納得いく職場で良かったなと思いました。 こちらのサイトに登録して良かったと思いました。 それほどしつこく連絡くることはなかった 転職サイトにインターネットを通じて、自身の基本情報と希望の勤務地、希望年収、勤務形態などを入力して登録すると、すぐに電話がかかって来てより詳細な希望などを聞かれる。 いくつか病院をピックアップしてくれて、すぐにメールで送ってくれて閲覧できるようになっている。 募集している病院は、時期によってもまちまちかも知れないが、都内でトータル10施設ほど紹介してくれた。 問い合わせから紹介まで1,2日とスピーディーであった。 また電話がしばしばかかってきて、「どうですか?」と感触などを聞かれることが多い。 こちらが転職をさほど急いでいたわけではなかったので、電話で少し温度差を感じることもあった。 すぐに転職したいと思っている人は、とんとんと話が決まるのでタイミングさえ合えば登録から就職まで早いと思われる。 希望の勤務地と条件が合う場所2施設面接。 当日は駅で転職サイトの担当者と待ち合わせをして、面接先の病院へ向かう。 希望すれば履歴書などもチェックしてもらえる。 担当者が面接日や時間を先方と連絡とってくれるため、その点はとても気軽であった。 面接後、採用されたことを担当者より電話で伝えられ、就職するか辞退するか電話で伝える。 辞退する際も担当者より先方へ連絡してくれるため、断る身としては気楽である。 いくつか紹介してもらったが、なかなかピンとくる病院がなく次回の面接をどうするかという担当者からの問い合わせには少し困る部分もあったが、正直に面接したい病院がないことを告げると、それほどしつこく連絡くることはなかったので、その点はよかった。 レスポンスがとても早く、対応や条件を追加変更にも迅速に対応していただいたことがとてもよかったです 実際に利用した人の声を聴いてみましょう。 【お名前(イニシャル可能)・年齢・性別・お住まい】 東京都に住むM・Tと申します。 30歳の男性です。 【転職をしようと思ったきっかけや理由】 元々の希望は、病棟勤務を希望しておりましたが配属されたのはオペ室勤務でした。 オペ室勤務も実際のオペに器械出しや外回りとして立ち会いしたり直接患者様の怪我や病気の回復に貢献できていましたが、患者様と接する機会が少なくもっと患者様と向き合っていきたいという気持ちで転職を考えました。 【実際に使用した転職サイトをお願いします】 マイナビ看護師を利用しました。 インターネットで検索して、評判もよかったのでマイナビ看護師を利用しました。 【その転職サイトを利用しようと思った理由は何ですか?】 インターネットで申し込みをしてから一番連絡が早く、コンサルタントの方も私の条件を細かく把握してくれたことが好印象でマイナビ看護師に決めました。 【実際に転職サイトに登録してから転職するまでの経緯をお聞かせ下さい】 インターネットで申し込み後、コンサルタントの方から連絡があり実際にお会いしたいと言われお伺いしました。 それから希望を一通り伝え求人を紹介していただきましたが、最初に案内されたものはどれもいまいちでしたが何がイマイチだったのかなどこまかくヒアリングして頂き、次にでてきた求人はどれも迷うくらい好待遇で驚きました。 また、履歴書や面接の対策をしていただきました。 面接は特に緊張してしまうタイプなので親身になってアドバイスしていただいたことに感謝しています。 【面接では主にどのようなことを聞かれましたか? 受け答えと共にお願いいたします】 まず、看護師になろうとしたきっかけを聞かれました。 幼いころにサッカーをやっていて前十字靭帯を切ってしまいました。 手術するのは初めてでとても怖い思いをしていましたが看護師の方が支えになってくれて乗り切ることができました。 そんな病気や怪我で不安になっている方々の支えに私もなりたいとこの道を選びましたと答えました。 また、前の職場を辞めた理由についても聞かれ、オペ室勤務では患者と接する機会が少なく異動の希望も出したのですが希望が通りそうもなかったので転職を決意しました。 【実際にその転職サイトを使ってよかった点と悪かった点があればよろしくお願いします】 レスポンスがとても早く、対応や条件を追加変更にも迅速に対応していただいたことがとてもよかったです。 悪かったことと言えば、若干初期対応の時にコンサルタントの方がなれなれしかったことですが、今ではとても感謝しています。 【希望通りの転職活動はできましたか?】 今では希望の病棟勤務もできましたし、面接対策もしていただいたのであまり緊張することなく転職活動ができ、とても満足しています。 【転職前の年間給与額と転職後の給与額をお願いいたします】 病棟勤務になり夜勤も増えたのでその分もあり、私の中では結構増えました。 【転職された際最も苦労した点を教えて下さい】 面接の練習に苦労しました。 何度もコンサルタントの人に相談しアドバイス頂きました。 【転職をしてよかった点・悪かった点があればよろしくお願いします】 転職して良かった点は、患者様との接点が増えたことです。 悪かった点は、夜勤も増え生活リズムがいろいろ変ってきたことです。 【現在の職場・業務には満足していますか? よくなった点と悪くなった点があれば教えて下さい】 とても満足しています。 わからないことがあれば、職場の先輩は丁寧にアドバイスしてくれたり飲み誘ってくれたりとても親切にしていただき業務がスムーズにできています。 悪くなった点は、生活が不規則になっため少し疲れている中仕事をすることが多くなったことだと思います。 【ご利用なさった転職サイトに点数をつけるとしたら何点をつけますか? また、他の看護師(准看護師・助産師・保健師)の方にも勧めたいですか?】 100点です。 ぜひ勧めたいです。 【最後にこれから転職活動をされる方へのメッセージをお願いいたします】 現在の職場が自分にあってないなど思われている方、転職しても環境よくなるかわからないと不安に思っている方がいれば、ぜひ一度行動にしてみて下さい。 コンサルタントの方からの話を聞くだけでもとてもためになります。 ぜひこれから転職を考えている方の就職活動がうまくいくことを陰ながら応援しております。 さすが大手の看護師転職サイト!連絡の時間については丁寧に対応してくれました 【お名前(イニシャル可能)・年齢・性別・お住まい】 40歳 男性 北部九州 【転職をしようと思ったきっかけや理由】 転職を考えたのは、結婚と妻の妊娠を契機に地元に戻ることを決めました。 そこで、住まいと就職先を探すことになりました。 【実際に使用した転職サイトをお願いします】 マイナビ看護師 【その転職サイトを利用しようと思った理由は何ですか?】 看護師になる前は一般企業に勤めており、大学生の就職活動でマイナビに登録していたことから、信頼感があったのでマイナビ看護師に登録しました。 【実際に転職サイトに登録してから転職するまでの経緯をお聞かせ下さい】 サイトに登録すると、登録メールアドレスに連絡が来ます。 電話でのお話ができる都合よい時間をメールで連絡し、電話がかかってきました。 お電話で希望を伝え、いくつか紹介してもらうという流れでした。 担当者は男性でしたが非常に感じよく接してくれて、嫌な思いはまったくしませんでした。 複数候補から条件にマッチしたものから面接を申し込んでいき、実際に面接の上採用という流れで転職しました。 【面接では主にどのようなことを聞かれましたか? 受け答えと共にお願いいたします】 まずは志望動機です。 私は正直に家庭の事情を話し、家庭環境の変化をもって転職を希望していることを伝えました。 診療科が精神科単科の病院であるため、精神科での勤務に不安はないかを聞かれました。 精神科には男性看護師も多く魅力を感じていましたので不安はないと答えました。 公的な病院であったため採用の形式が臨任採用で来秋(面接は11月でしたので正式の採用試験が終わっているとのことでした)に採用試験を受けていただくとのことでしたから、問題なく了承しました。 具体的に各種手当や待遇について質問したのですが、のちに採用担当者に「具体的に聞いてくれていたから本気だと思い採用に至りました。 」と教えていただきました。 【実際にその転職サイトを使ってよかった点と悪かった点があればよろしくお願いします】 良かった点は、看護師という仕事柄交代勤務ですので、突然電話が鳴ると睡眠や生活リズムが狂います。 しかし、さすがに看護師の転職サイトということで連絡の時間については丁寧に対応してくれることがありがたかったことです。 私の場合には担当者と1週間先まで連絡可能な時間帯を予めお伝えしていたことで、密な連絡を生活リズムを乱すことなくとりあうことができました。 悪い点は思い当たりません。 【希望通りの転職活動はできましたか?】 希望以上の条件で転職できました。 【転職前の年間給与額と転職後の給与額をお願いいたします】 転職は9年ほど前のことですが当時の年収が420万円、転職したばかりはほとんど同額程度でしたが、昇給がしっかりしており現在は500万円を超えました。 転職しなかったらおそらく年収は伸びていないと思います。 九州で500万円はよい額だと思います。 【転職された際最も苦労した点を教えて下さい】 人間関係の構築以外は苦労していません。 超過勤務もほとんどありませんし、妻が病弱で突然お休みいただくこともしばしばですが、柔軟に対応してくれて感謝しています。 【転職をしてよかった点・悪かった点があればよろしくお願いします】 良かった点は、実家の近くで子育てできることです。 年収も上がり超過勤務も少ないので看護師にしては家族とよく過ごせていると思います。 悪い点は思い当たりません。 【現在の職場・業務には満足していますか? よくなった点と悪くなった点があれば教えて下さい】 患者さんの社会復帰をお手伝いする仕事ですから、やりがいはあります。 精神疾患は慢性経過するために治すというよりコントロールすることが求められます。 その方法を模索したり練習したりと患者さんと一緒にやれることは楽しくもありきびしくもありますが、そこにやりがいを感じています。 悪くなった点は思い当たりません。 【ご利用なさった転職サイトに点数をつけるとしたら何点をつけますか? また、他の看護師(准看護師・助産師・保健師)の方にも勧めたいですか?】 95点/100点です。 -5点はほかのサイトに登録したことがないので比較対照できないのに満点はつけにくい、という理由で引いています。 実質は満点です。 公的な病院の情報をたくさん持っているので、年収や就業環境をよくしたいという理由で転職される方には、お勧めしたいと思います。 【最後にこれから転職活動をされる方へのメッセージをお願いいたします】 看護師の資格は強いと思います。 転職は転職者に有利だと思いますので具体的な希望をきちんと伝えながら転職活動を頑張ってください。 応援しています。 *口コミに関してはクラウドサービスおよび当サイトによせられた情報を通じて独自に入手いたしました。 *当サイトでは独自に口コミを募集しておりますのでご協力お願いできれば幸いです。

次の

看護師転職エージェントのランキングを公開!利用のメリットも徹底解説!

看護師マイナビ転職

看護師の転職 給料や待遇に不満がある、日勤と夜勤の切り替えに耐えられない、職場の人間関係がキツいなど、 ふと「転職」を思い立ったあなたに、看護師ライフのサポートをさせていただきます。 「転職」に限らず、どのような選択肢を取るのが最適なのか、一緒に考えていきましょう。  本当に転職するべき? 転職する前に考えておきたいのが、「 本当に転職するべきかどうか」です。 転職を思い立った原因が「 人間関係」の場合、転職しても変わらない可能性が十分にあります。 女性の多い職場に特有の事情で、どうしてもギスギスしたりドロドロしてしまいがちです。 人間関係の良好な職場を探すのは困難で、「変わらないリスク」も踏まえておくべきでしょう。 ですが、これが原因で精神病になってしまっては元も子もありません。 筆者の私はうつ病を経験していますが、一度かかってしまうとなかなか治らない上に、 体力の上限が下がったように、以前のようには働けなくなります。 病気になりそうでどうしようもないときは、転職も1つの選択肢になるでしょう。 「 キャリアアップ」を目指して転職したい場合。 これは志が高く良いことなのですが、 必ずしも転職でうまくいくわけではないことに留意しましょう。 特に「認定看護師」の資格を取得したい場合、どうしても勤務のシフトに穴があいてしまうため、 スタッフに余裕のある病院でないと教育課程を受けさせてもらえないという事情があります。 転職の際の面接では「認定看護師を取得させてあげる」と言われながら、 実際には何年も待たされるケースが散見され、結果的に元の職場のほうが取得しやすかったという場合もあります。 資格取得を応援してもらえるかどうかは職場での信頼関係やスタッフの人的余裕によります。 一方で「待遇や給料」「勤務地」「勤務形態(日勤・夜勤・非常勤など)」は転職で解決可能です。 看護師の人手不足の世の中、これらの条件は病院が競争をして看護師獲得に注力していますから、 人手不足の 今がねらい目でしょう。 転職の状況 看護師の転職の状況を分析しています。 今、看護師の転職市場がどのようになっているのか知っておきましょう。 「 人手不足」と言われる昨今ですが、2019年現在、看護師の 有効求人倍率は2. 4倍付近を推移しており、 およそ「 5人の求人に対して転職希望者が2人しかいない」くらいの人手不足です。 地方ほど不足感が強いのですが、東京でも1. 6倍ありますので、 看護師が余っている地域はないと言えます。 また、離職時のアンケートで「 すぐに復職したい」と回答する人がたった 13%しかいませんので、 結婚や出産による多少のブランクは弱点にならないということができます。 いったん仕事から離れていても、復職するには有利な状況だと言えます。 しかし、大学の看護学部の新設が相次ぎ、年間5万人の看護職員が増加している一方で、 「離職して復職しない人」は年間2万人ですので、 働く看護職員は年間3万人増えている状況です。 これらの状況を踏まえると、 転職は早いうちが有利だと言えるでしょう。 このため、 ブランクがあっても転職は問題なくできます。 詳しくはという記事で解説しています。 どんな転職先があるの?職場比較 看護師の87%は病院・診療所で働いていますが、転職では病院以外の勤務も選べます。 「夜勤」「残業」「休日が少ない」「人間関係」などの悩みがつきない病院勤務ですが、 それだけで「看護師」自体を辞めてしまうのはもったいないです。 看護師の転職先としてどんな職場があるのか、それを比較してみました。 看護師資格を活かした仕事 転職先 月給 残業 夜勤 オンコール対応 休日 スキルアップ 病棟 35万円~ 多い あり あり 100日程度 高 35万円~ 少ない なし 少ない 110日程度 高 35万円~ 多い あり あり 100日程度 高 35万円~ 少ない あり 少ない 110日程度 中 25~28万円 なし なし 少ない 110日程度 中 30~35万円 少ない あり あり 110~120日程度 中 30万円 少ない なし なし 110~120日程度 中 25~30万円 なし なし なし 120日程度 小 病棟と介護施設の中でも 特別養護老人ホームが群を抜いてキツイのですが、 その他ではかなりワークライフバランスに優れ、給料も悪くありません。 夜勤や残業の有無で多少収入が落ちますが、同じ看護職でも違った世界があります。 特に 訪問看護はスキルアップにもなり、おすすめの転職先です。 ただし、営業職やプログラマーでは実力次第、頑張り次第で給料も青天井です。 看護師時代より稼げるようになる人もたくさんいるでしょう。 特にプログラマーは無料で学べて転職までサポートしてくれるサービスもあり、 将来性が高い仕事で実は看護師向きでもあります。 これら異業種への転職についてはという記事で詳しく解説しています。 条件を決めよう 常勤看護師にとってツラいのが、日勤と夜勤の切り替わりです。 日勤からそのまま夜勤へ、夜勤からそのまま日勤へと 勤務間インターバルがないという経験をした方も多いでしょう。 そもそも自然な生物は昼夜逆転をしませんから、日勤と夜勤が何度も切り替わる勤務形態自体が苦痛なのは当然です。 ですが、 勤務間インターバルを導入している病院、「日勤だけ」の募集、 「夜勤だけ」の募集もありますし、勤務時間や休日日数、給与の希望も出せる時代になっています。 譲れない部分は遠慮せずに希望を出しましょう。 常勤から常勤への転職だけでなく、 非常勤や 臨時職員のように生活の都合を優先した転職も可能ですが、 保育所の併設や委託のような「子育て支援制度」や「介護支援制度」のある病院もありますので、 最初から 雇用形態・勤務形態で決めてしまわないのが1つのコツです。 希望する条件に優先順位をつけて、そこから最適な雇用形態・勤務形態を選ぶようにしましょう。 転職エージェントに相談しよう 転職を希望する看護師の半数がナースセンターに登録しています。 しかし、当サイトではナースセンターやハローワークの利用は おすすめしていません。 というのも、ナースセンターやハローワークは看護師にとって無料ですが、 病院側にとっても無料という点で問題があるからです。 運営費用は看護協会や厚労省の支援でまかなわれているのですが、それが問題です。 これは、 看護師も病院もお客さんではないということを意味します。 悪く言えばお役所仕事。 看護師と病院のマッチングの精度、転職の満足度は関係ありません。 とりあえず就職できればナースセンターの役割は終わりです。 いくら不満があっても。 ナースセンター職員の方がどのような思いで働いているかはわかりませんが、 少なくとも制度上はそうなっているのです。 そこで、 看護師専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。 転職エージェントを利用する 看護師は無料ですが、病院から紹介手数料をもらいます。 これは看護師と病院双方を満足させなければビジネスとして成立しないということを意味します。 それだけ両者のマッチング精度を重視しており、看護師の希望条件にも熱心に対応してくれて、 最適な職場・雇用形態・勤務形態を探し出してくれるというわけです。 親身に助けてくれる転職サイト 転職は不安がたくさんありますよね。 希望にあった求人があるのかどうか、 履歴書や面接は大丈夫か、今の職場をスムーズに退職できるかどうか…。 そんな悩みに親身に寄り添ってくれるのが、 です。 マイナビ看護師は 日本最大級の看護師転職サイトで求人が多いのに加え、 就職・転職の豊富な蓄積から サポート体制が充実している特徴があります。 「希望にあった求人」はもちろんのこと、その職場の雰囲気や師長の性格まで把握していて、 履歴書や面接はプロのアドバイスがもらえ、退職のサポートまでしてもらえます。 大手ならではの安心感は何事にも代えがたいものです。 もちろん 完全無料で利用できますから、ぜひ登録しておきたいですね。

次の

マイナビ看護師ってどうなの?転職サイトの求人・評判・口コミ

看護師マイナビ転職

でも「看護師以外の経験がないし……」「年収が下がるかも?」と不安を感じ、なかなか転職に踏み込めないケースも……。 看護師を辞めるかどうか悩んでいる人は、今後のキャリアの参考にしてくださいね。 上下関係が厳しく、常に先輩に気を配りながらの仕事が嫌だったから /介護士・ケアマネジャー 36歳• 女ばかりの職場で派閥があり、入職してすぐに「どちらの派閥に入るか」を聞かれた。 自分の派閥以外の人とは、朝のあいさつからお疲れさままで一切口を利かない /スーパーレジ 34歳• 一緒に働くスタッフや患者さん、家族など常に気を使いながら仕事をすることへのストレスから /調理補助 36歳• 上司の陰湿ないじめを見ているのにも受けているのにも疲れたから /インフォメーションセンタースタッフ 29歳• 直属の上司である師長との意見の違い。 師長の考え方に賛同できなかった /飲食店スタッフ 33歳 上下関係、派閥に振り回される 看護師は大勢の人と働き、しかも女性が多い職場。 1日の大半を病院という限られた空間で過ごすため、面倒なことに巻き込まれても、逃げ場がない状態になってしまうのかもしれません。 2位 ほかにやりたい仕事がある• 残業が多く夜勤でも入院の受け入れをしていたため、仮眠はほとんど取れず体力的につらかった /医療事務 34歳• 夜勤、日勤、早出、遅出と不規則なシフトに加え、当たり前の残業、業務外の看護研究、と仕事に追われることに疲れた /介護士・ケアマネジャー 33歳• いずれ結婚・出産をするなら夜勤のない仕事に変わりたかった /CRC(治験コーディネーター) 36歳 看護師の仕事って、想像以上にハードワーク! 昼夜問わず働くシフト勤務は当たり前、加えて残業続きの職場も……。 看護師を辞めた理由• 上下関係もそんなになく、皆が程良い関係で仕事ができた /介護士・ケアマネジャー 36歳• 人間関係の良い職場だった /医療事務 34歳 人間関係は転職後いい方向に! 看護師を辞めた理由の1位でもあった「人間関係」を心配していた人のうち、転職後に「解消されなかった」と答えた人はなんと0人! 対して、「解消された」と答えた人が70%を超える良い結果となりました。 看護師から別職種に転職したことで「収入が減った」という意見が多かった一方で、「給与は減ったけれど、責任やストレスから解放された」「やりたい仕事ができ、毎日楽しい!」というポジティブなコメントも寄せられました。 転職でかなえたいことがちゃんと実現できれば、転職後の満足度は高くなるようです。 土日に休みがあるから友達と会いやすくなった /CRC(治験コーディネーター) 36歳• 夜勤がなくなり、家庭内でのすれ違いがなくなった /飲食店スタッフ 28歳• 看護師時代には我慢しなければならなかった、髪の毛の色やネイルが自由になり楽しかった /アパレル販売員 30歳• 収入が増えた。 帰りも早い /営業 33歳• 子供第一で生活ができるようになった /飲食店スタッフ 39歳• コンビニ飯が減った /介護士・ケアマネジャー 33歳 土日休み、夜勤のない職場を選んだことで、友達や家族と過ごす時間が増えるなど、生活の変化を喜んでいる人が多いようです。 看護師経験を転職先で発揮! 意外なスキルが役に立つ!? 「転職先で、こんな経験やスキルを生かせた!」という、実体験についてもアンケートを取りました。 注目してほしいのは、看護師として勉強したり、働いて得た資格や専門知識だけではなく、コミュニケーション力やマナーなど、普段の業務で自然に身に付いたスキルが転職後に生かされているということ。 では、実際に看護師として培ったスキルや経験を生かし、どのような職種に就いたのか次の章で見てみましょう。 看護師を辞めて転職した「職種ランキング」 1位 飲食店スタッフ 2位 事務(一般事務、営業事務) 3位 営業(MR・MS以外) 3位 介護士・ケアマネジャー 5位 教員・教官・講師 6位 MR・MS(医療機器メーカー、製薬会社の営業) 7位 アパレル販売員 7位 CRA(臨床開発モニター)・CRC(治験コーディネーター) 9位 その他サービス・接客 10位 医療事務 10位 養護教諭 「転職先で生かせたこと」で1位だった「コミュニケーション力・接客対応力」を生かせる職種が数多くランクインしました。 例えば、1位「飲食店スタッフ」、3位「営業(MR・MS以外)」、7位「アパレル販売員」、9位「その他サービス・接客」も「コミュニケーション力・接客対応力」が発揮できる職種と言えるでしょう。 また、転職経験者の意見を聞くと「事務(一般事務、営業事務)」や「教員・教官・講師」も、実は「コミュニケーション力・接客対応力」が生かせる職種だということが分かりました。 来客と接する時に観察力が役に立つことがある /事務 39歳• 誰とでも円滑にコミュニケーションが取れた /事務 39歳• 毎日、患者さんや医療従事者など、多くの人と接してきた看護師の経験を、そのまま生かせる職種の一つと言えるかもしれませんね。 医療・看護関連の知識・経験を生かせる、看護師以外のキャリアも! 3位「介護士・ケアマネジャー」、6位「MR・MS(医療機器メーカー、製薬会社の営業)」、7位「CRA(臨床開発モニター)・CRC(治験コーディネーター)」、10位「医療事務」、「養護教諭」など、看護師として働いて得た「医療・看護にかかわる知識・経験」が生かせる職種も数多くランクイン。 これまで大切に育んできたスキルを生かしてキャリアチェンジする人も多くいました。 看護師を辞め、こんな仕事に転職した人もいます! 10位以下の結果を見てみると、転職先はより多彩なジャンルに• エステティシャン• 経理・財務• 人事・採用• 保育補助• 薬剤師• セラピスト• 鍼灸師• 言語聴覚士• 個人事業主• 地方議員• 眼科検査員• 和菓子屋• 不動産• 図書館司書• メディカルインストラクター• 花屋 「薬剤師」や「鍼灸師」といった医療・看護関連の知識・経験を生かせる仕事だけではなく、「和菓子屋」や「花屋」、「図書館司書」といった趣味や興味を生かせる仕事のほか、「個人事業主」や「地方議員」へ転職した人も。 さまざな職種への転職ができていることからも、看護師以外の経験がないことを理由に未経験職種への転職をあきらめる必要はまったくないことが分かりますね。 看護師から未経験職種にチャレンジ! どんな不安があり、どう乗り越えた? 「経験がないから……」と、心配する必要はナシ! 「未経験の職種や業種にも転職できるの?」と、気にしている人も多いかもしれません。 例えば、「看護師を辞めるうえで心配だったこと」では、「未経験の職種への転職だった」が2位に、「一般企業での勤務経験がない」が3位にランクインしていました。 しかし、どちらの心配も「転職後に解消された」と答えた人が過半数を占める結果に! 「未経験の職種への転職だった」という不安は転職後解消された? 「一般企業での勤務経験がない」という不安は転職後解消された? 社員教育に注力する企業が多い! アンケート結果を見ると、「入社後の研修・教育体制が充実していた」などが「解消された」理由として多く挙がりました。 新人教育に力を入れている職場なら、未経験からの転職でも心配する必要はないのかもしれません。 研修が充実していた /MR・MS(医療機器メーカー、製薬会社の営業) 30歳• しっかりと教えてもらえる環境があった /調理補助 36歳• 直属の上司がしっかり教育してくれた /CRC(治験コーディネーター) 33歳• スタッフ全員が優しく、丁寧に指導してもらえた /エステティシャン 24歳• 意外と簡単 /MR・MS(医療機器メーカー、製薬会社の営業) 34歳 転職で失敗しないポイント4つ! 看護師から未経験の職種に転職するには? 看護師から未経験職種に転職するにあたって、 「求人情報は山ほどあるのに、自分の希望に合う企業が見つからない……」 「どれも良さそうな求人だから、どこに応募していいのか迷ってしまう……」 という人のために、転職先選びに失敗しないための4つのポイントを解説します! まず大切なのは、 1. 転職することによって、「変えたいこと」や「かなえたいこと」を明確に 2. 視野を広げて、転職先を探す の2つのポイントを押さえること。 また、条件を書き出すことで自分が気づいていない潜在的な希望が見つかったり、それまで縁のなかった分野や対象外だと思っていた仕事が転職先の候補に挙がってくることもあるでしょう。 「雰囲気が良さそうな会社」と、漠然とした気持ちで求人を探してしまうと、結局は「思っていた仕事と違う」「こんなはずじゃなかった!」と転職後に後悔するケースも。 自分の希望を明確にしたうえで、幅広い視野で応募すべき求人を見つけていきましょう! 3. 求人情報の求める人物像(応募資格)を確認 スキル面(経験や資格)だけでなく、企業が求める人物像を忘れずにチェックしましょう。 前述の「転職先で生かせたこと」のアンケート結果にもランクインしていた、「コミュニケーション力・接客対応力」や「基本的な社会人マナー」など、あなたに当てはまるような記載やそれに似たキーワードが求める人物像として書かれていれば、それは自分のスキルや個性・持ち味と企業の求める人材がマッチしているということ。 入社後の活躍も期待できるでしょう。 入社後の流れや研修制度にも注目! 求人情報で紹介されている、入社後の流れや研修制度についての記述も確認を。 教育制度の有無や詳細なども、未経験のの職種にチャレンジする人にとっては安心材料になるはずです。 また企業によっては、業務に必要となる技術・資格取得に向けた講習や外部セミナーを受けさせてくれるほか、その受験費用を負担してくれるところも。 仕事内容と併せて、どんなフォロー体制やバックアップがあるのかなどを確認し、入社後の流れをイメージしながら求人情報を見ていきましょう。 転職後に「自分には難しい仕事だったかも……」といったミスマッチを防げるはずです。 産業看護師として雇用されるので、就業先の社員の健康診断などが主な業務となり、医療行為はほとんどなく、「急変対応や医療ミスが怖い」という人にとっても安心ですね。 子供好きの人には、保育園・幼稚園看護師はぴったりの職種と言えるでしょう。 また、働く女性が増えるにつれ、親に代わって病気の子供の世話をする病児保育スタッフのニーズも高まってくるかもしれません。 医療行為といっても健康状態のチェックや薬の管理など、利用者の生活をサポートする業務が中心です。 また、1施設あたりに常駐する看護師の数は病院に比べ少ないため、看護師同士の人間関係に悩むことが少なくて済むかもしれません。 治験コーディネーターになるにはSMO(治験施設支援機関)や医療機関などへの就職が一般的です。 MRは給与水準が高めに設定されていることが多く、大幅な年収UPも目指せるかもしれません。 「家庭と仕事を両立したい」「子育てが落ち着くまでは」など、プライベートやライフステージに合わせた働き方も実現しやすいと言えるでしょう。 看護師資格や経験があるからこそ自信を持って転職活動を! 上で紹介した職種は、治験コーディネーターやMRを除いて看護師資格を持っていることが働くうえでの条件となっていることが多いです。 また治験コーディネーターやMRも、看護師として医療に携わった経験や、医療従事者や患者さんとコミュニケーションをとってきた経験が大いに生かされる職種と言えます。 だからこそ、培ってきた看護師としてのキャリアに自信を持って転職活動に挑んでください。 看護師から別職種への転職は怖くない! アンケートの結果から、看護師を辞めた人のリアルな転職理由や、抱えていた不満・不安が明らかになりました。 そして、転職後にその不安が解消されたり、それを上回るメリットを転職に感じてる人が多いことも分かりました。 また、未経験職種にチャレンジする場合でも、看護師として培った経験やスキルが生かせること、実際に看護師経験を生かしてさまざまな職種に転職していることも分かりましたね。 看護師資格や今まで培ってきた看護師としての経験すべてが、転職ではあなたの強みになるはずです。 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の