新型 セレナ 値引き。 日産セレナe

日産 新型セレナ値引き交渉マニュアル2020年7月の値引き動向は?

新型 セレナ 値引き

スポンサードリンク セレナの値引きに適した時期とは? 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenaperformance. html 結論を先にいうと、新型セレナの値引きに適した時期は「 決算期」です。 ディーラーの決算月は、 3月と 9月です。 決算月は、その月の売上によって販売報奨金が決まる重要な時期なのです。 新車販売台数で報奨金が決まるわけですから、営業マンは必死に売るというわけです。 ただし、決算月にディーラーに行って値引き交渉するのでは遅いです。 たとえば、3月にセレナを購入するなら、正月明けぐらいから地道に交渉することです。 実際に値引きに成功している方たちの体験談を見ていると、2月3月ごろに高額値引きの引き出しに成功しているケースが多いです。 スポンサードリンク セレナの値引き限度額と目標はどのくらいになる? 新型セレナを値引きしてもらうには、値引きの相場を把握し「いくらまで値引きするのか」 目標を決めることです。 目標額を決めないと、営業マンに値引き交渉しても提示された金額が高いのか安いのかわかりません。 また目標額が曖昧だと、営業マンに足元を見られてしまい相場よりも低い額でしか値引いてくれない、なんてことにもなりかねません。 そのため、まずは新型セレナの値引き相場を知り、 いくら値引いてもらいたいのか目標額を決めるようにしましょう。 注意点としては、 値引き額が目標に達したらそれ以上の無理な値引交渉はしないことです。 もし新型セレナを買うとなれば、今後数年間はディーラーと付き合いをすることになります。 ときにはメンテナンスや修理をお願いすることもあるでしょう。 購入はゴールではなくスタートに過ぎません。 購入後のことも考えると、無理な値引交渉は控えたほうが良いですよ。 ディーラーの利益は新車以外にもある ディーラーが新車を売って得られる利益は 車両価格の約10%です。 300万円の新車を売ったなら、30万円程度がそのディーラーの利益になるというわけです。 「値引き相場が10%だとディーラーの利益は0じゃん!?」と思う方もいるかもしれませんが、ディーラーでは新車を値引きして売っても利益が得られるようにできています。 実はディーラーでは車体価格以外の部分で儲けを出しています。 ディーラーで新車を購入すると、 「自動車保険」「メンテナンスパック」「コーティング」などのサービスを勧められます。 こういったサービスは自分で探すのが結構面倒だったりします。 だったら、ディーラーに任せて全部お願いしたほうが楽!と考える方は少なくないです。 ディーラーもそれをわかってサービスを勧めてきているわけです。 更にディーラーでは、新車販売台数に応じた販売報奨金というもをメーカーからもらっています。 販売報奨金の額は、1台単位だったり一定期間だったりと様々です。 ときには、ディーラー自ら新車を購入して販売台数を稼ぐこともあります。 一見赤字のように思える行為ですが、それほどまでに販売報奨金というのはディーラーにとって大きなメリットがあるということです。 だからこそ、ディーラーは新車の値引きにも応じてくれるのです。 スポンサードリンク セレナの値引きを最大限に引き出すには下取り車が決め手! 新型セレナの値引きを最大限に引き出すにはどうすれば良いのでしょうか? 実は 車体価格の10%前後が新車値引きの相場と言われているのをご存知でしょうか? 営業マン自ら値引きするなんてことはまずありません。 自分から交渉しないと10%値引きしてもらうことはできないのです。 【下取り車は買取業者に査定してもらう】 はじめにとても重要なポイントをご紹介します。 それは下取り車はディーラーにだすのではなく、 中古車買取業者に査定してもらうことです。 「え?どうして!?」と思うかもしれませんが、新車の値引きの限界値は約10%と決まっているわけですから、それ以上の価格を望むなら 自分が今所有している車を高く売る以外にないのです。 新車の値引きは営業マンと交渉しなければいけませんが、そうしたことが苦手という方も多いかと思います。 しかし、この方法なら交渉しなくていいので話下手な人でも簡単に実践できる方法なのです。 「同じ車なんだからどこで売っても同じでしょ?ディーラーに下取りしたほうが楽じゃん」 確かにディーラーに下取りを出すほうが楽ですが、実は ディーラーが提示する下取り額というのは非常に安いです。 「え?こんなものなの!?」と、驚いてしまうほどです。 ディーラーは車を売るのが仕事ですから、下取り車は儲けの目的ではなく引き取るものです。 ディーラー営業マンは新車を何台売るかで成績が決めるので、下取り車を高く売ることは営業マンにとって意味がないこと。 だからこそ下取り額は激安になってしまうのです。 そこで登場するのが 中古車買取業者です。 中古車買取業者とディーラーはビジネスモデルが違います。 中古車買取業者は 買い取りした車を高く売ることがビジネスです。 そのため、ディーラーの下取りよりも高い金額で買い取ってくれます。 たとえば、ディーラーでは下取り額が50万円だったのに、中古車買取業者では80万円で買い取ってくれる、なんてことも十分にありえるのです。 【ライバル車と競合させる】 ライバル車と競合させることで、目標額があることが営業マンに伝わります。 ここで注意したいのが、競合させるのは セレナと同クラスの車種にするということです。 新型セレナと同クラスのミニバンは、トヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア、ホンダのステップワゴンなどです。 これらの車とセレナを競合させて「どれにしようか迷っている」と営業マンにさり気なく伝えましょう。 中には、他メーカーの見積書を営業マンに見せる方もいるようですが、営業マンに対し失礼な行為ですのでおすすめはしません。 【車庫証明は自分でやる】 新車を買うと車庫証明をとらなければいけません。 大抵の人は営業マンにお願いしてしまいますが、当然これには代行手数料がかかります。 実は 車庫証明の手続きは自分でも簡単にできます。 ディーラーに車庫証明は自分でやると伝える• 書類を持って警察署に行く• 後日、警察署へ車庫証明書を取りに行く• ディーラーに車庫証明書を渡す たったのこれだけです。 車庫証明の代行手数料は1万~1万5,000円程度です。 しかし、自分で車庫証明書をとれば1万円分を値引きしたことになります。 セレナ値引きまとめ 以上、新型セレナの値引きについてでした。 どうせ新車を買うなら少しでも安くしてほしいと誰しも思うものです。 新車の値引きには相場があり、おおよそ車体価格の10%程度です。 10%という数字は目安なので、やり方次第ではそれ以上の額を値引いてもらうことも可能です。 少しでも値引き額をあげたいなら、ディーラーの決算月を狙うといいでしょう。 値引き額にはどうしても限界があるので、実質的負担を減らすことを考えるならば今乗っている車は下取りに出さず中古車買取業者に買い取りしてもらうのも手です。 ただし、新型セレナを購入することはゴールではなくスタート地点に立ったに過ぎません。 ディーラーとは長い付き合いになるわけですから、お互い気持ちの良い取引になるように無理な値引交渉は避けてくださいね。 セレナの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法 セレナは高すぎて予算オーバーだ。 セレナをなるべく安く購入したい。 ディーラーを何件も回るのは面倒くさい。 ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ。 セレナを最安値で購入したい。 など セレナを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。 相談できる専門家に知り合いはありません。 そこで家族や友人に相談するしかありません。 しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。 たとえ聞いてもらったとしても セレナを安く買えるわけではありません。 そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。 この方法は本当に有効です。 この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。 ズバリ!最終奥義とは? 基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。 あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。 そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。 それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。 その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。 ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。 そして買取業者には、 ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でセレナを購入できることになります。 これがセレナを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。 下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと! ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。 なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと 80万円になることが普通にあります。 買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで 大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります。 スポンサードリンク.

次の

【日産セレナ】の値引き相場は?目標達成額と限度額はどのくらい?

新型 セレナ 値引き

スポンサードリンク セレナの値引きに適した時期とは? 引用:httpswww3. nissan. jpvehiclesnewserenaperformance. html 結論を先にいうと、新型セレナの値引きに適した時期は「 決算期」です。 ディーラーの決算月は、 3月と 9月です。 決算月は、その月の売上によって販売報奨金が決まる重要な時期なのです。 新車販売台数で報奨金が決まるわけですから、営業マンは必死に売るというわけです。 ただし、決算月にディーラーに行って値引き交渉するのでは遅いです。 たとえば、3月にセレナを購入するなら、正月明けぐらいから地道に交渉することです。 実際に値引きに成功している方たちの体験談を見ていると、2月3月ごろに高額値引きの引き出しに成功しているケースが多いです。 スポンサードリンク セレナの値引き限度額と目標はどのくらいになる? 新型セレナを値引きしてもらうには、値引きの相場を把握し「いくらまで値引きするのか」 目標を決めることです。 目標額を決めないと、営業マンに値引き交渉しても提示された金額が高いのか安いのかわかりません。 また目標額が曖昧だと、営業マンに足元を見られてしまい相場よりも低い額でしか値引いてくれない、なんてことにもなりかねません。 そのため、まずは新型セレナの値引き相場を知り、 いくら値引いてもらいたいのか目標額を決めるようにしましょう。 注意点としては、 値引き額が目標に達したらそれ以上の無理な値引交渉はしないことです。 もし新型セレナを買うとなれば、今後数年間はディーラーと付き合いをすることになります。 ときにはメンテナンスや修理をお願いすることもあるでしょう。 購入はゴールではなくスタートに過ぎません。 購入後のことも考えると、無理な値引交渉は控えたほうが良いですよ。 ディーラーの利益は新車以外にもある ディーラーが新車を売って得られる利益は 車両価格の約10%です。 300万円の新車を売ったなら、30万円程度がそのディーラーの利益になるというわけです。 「値引き相場が10%だとディーラーの利益は0じゃん!?」と思う方もいるかもしれませんが、ディーラーでは新車を値引きして売っても利益が得られるようにできています。 実はディーラーでは車体価格以外の部分で儲けを出しています。 ディーラーで新車を購入すると、 「自動車保険」「メンテナンスパック」「コーティング」などのサービスを勧められます。 こういったサービスは自分で探すのが結構面倒だったりします。 だったら、ディーラーに任せて全部お願いしたほうが楽!と考える方は少なくないです。 ディーラーもそれをわかってサービスを勧めてきているわけです。 更にディーラーでは、新車販売台数に応じた販売報奨金というもをメーカーからもらっています。 販売報奨金の額は、1台単位だったり一定期間だったりと様々です。 ときには、ディーラー自ら新車を購入して販売台数を稼ぐこともあります。 一見赤字のように思える行為ですが、それほどまでに販売報奨金というのはディーラーにとって大きなメリットがあるということです。 だからこそ、ディーラーは新車の値引きにも応じてくれるのです。 スポンサードリンク セレナの値引きを最大限に引き出すには下取り車が決め手! 新型セレナの値引きを最大限に引き出すにはどうすれば良いのでしょうか? 実は 車体価格の10%前後が新車値引きの相場と言われているのをご存知でしょうか? 営業マン自ら値引きするなんてことはまずありません。 自分から交渉しないと10%値引きしてもらうことはできないのです。 【下取り車は買取業者に査定してもらう】 はじめにとても重要なポイントをご紹介します。 それは下取り車はディーラーにだすのではなく、 中古車買取業者に査定してもらうことです。 「え?どうして!?」と思うかもしれませんが、新車の値引きの限界値は約10%と決まっているわけですから、それ以上の価格を望むなら 自分が今所有している車を高く売る以外にないのです。 新車の値引きは営業マンと交渉しなければいけませんが、そうしたことが苦手という方も多いかと思います。 しかし、この方法なら交渉しなくていいので話下手な人でも簡単に実践できる方法なのです。 「同じ車なんだからどこで売っても同じでしょ?ディーラーに下取りしたほうが楽じゃん」 確かにディーラーに下取りを出すほうが楽ですが、実は ディーラーが提示する下取り額というのは非常に安いです。 「え?こんなものなの!?」と、驚いてしまうほどです。 ディーラーは車を売るのが仕事ですから、下取り車は儲けの目的ではなく引き取るものです。 ディーラー営業マンは新車を何台売るかで成績が決めるので、下取り車を高く売ることは営業マンにとって意味がないこと。 だからこそ下取り額は激安になってしまうのです。 そこで登場するのが 中古車買取業者です。 中古車買取業者とディーラーはビジネスモデルが違います。 中古車買取業者は 買い取りした車を高く売ることがビジネスです。 そのため、ディーラーの下取りよりも高い金額で買い取ってくれます。 たとえば、ディーラーでは下取り額が50万円だったのに、中古車買取業者では80万円で買い取ってくれる、なんてことも十分にありえるのです。 【ライバル車と競合させる】 ライバル車と競合させることで、目標額があることが営業マンに伝わります。 ここで注意したいのが、競合させるのは セレナと同クラスの車種にするということです。 新型セレナと同クラスのミニバンは、トヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア、ホンダのステップワゴンなどです。 これらの車とセレナを競合させて「どれにしようか迷っている」と営業マンにさり気なく伝えましょう。 中には、他メーカーの見積書を営業マンに見せる方もいるようですが、営業マンに対し失礼な行為ですのでおすすめはしません。 【車庫証明は自分でやる】 新車を買うと車庫証明をとらなければいけません。 大抵の人は営業マンにお願いしてしまいますが、当然これには代行手数料がかかります。 実は 車庫証明の手続きは自分でも簡単にできます。 ディーラーに車庫証明は自分でやると伝える• 書類を持って警察署に行く• 後日、警察署へ車庫証明書を取りに行く• ディーラーに車庫証明書を渡す たったのこれだけです。 車庫証明の代行手数料は1万~1万5,000円程度です。 しかし、自分で車庫証明書をとれば1万円分を値引きしたことになります。 セレナ値引きまとめ 以上、新型セレナの値引きについてでした。 どうせ新車を買うなら少しでも安くしてほしいと誰しも思うものです。 新車の値引きには相場があり、おおよそ車体価格の10%程度です。 10%という数字は目安なので、やり方次第ではそれ以上の額を値引いてもらうことも可能です。 少しでも値引き額をあげたいなら、ディーラーの決算月を狙うといいでしょう。 値引き額にはどうしても限界があるので、実質的負担を減らすことを考えるならば今乗っている車は下取りに出さず中古車買取業者に買い取りしてもらうのも手です。 ただし、新型セレナを購入することはゴールではなくスタート地点に立ったに過ぎません。 ディーラーとは長い付き合いになるわけですから、お互い気持ちの良い取引になるように無理な値引交渉は避けてくださいね。 セレナの値引き金額 から更に50万円安く購入する方法 セレナは高すぎて予算オーバーだ。 セレナをなるべく安く購入したい。 ディーラーを何件も回るのは面倒くさい。 ディーラーのしつこい売り込みが苦手だ。 セレナを最安値で購入したい。 など セレナを購入したいと思っている人の悩みは深くまた悩んでいらっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。 相談できる専門家に知り合いはありません。 そこで家族や友人に相談するしかありません。 しかし相談したところでまともに聞いてもらえることはありません。 たとえ聞いてもらったとしても セレナを安く買えるわけではありません。 そんな方に目から鱗の裏技をご紹介します。 この方法は本当に有効です。 この方法以外に大幅な値引きを引き出せる術はありません。 ズバリ!最終奥義とは? 基本的にディーラーは、下取り価格を安く設定しておいてその代わり値引き価格を大きくします。 あなたはこれを逆手にとって、ディーラーの営業マンにあなたの愛車を下取りに出す予定と伝えます。 そして下取り価格は据え置きで値引き価格の方を増やしてもらいます。 それから購入を決める段階になって「やっぱり下取りはいいです」と答えることでいいんです。 その後買取業者にあなたの愛車を高く買い取ってもらえればいいわけです。 ディーラーにはたくさん値引きをしてもらいます。 そして買取業者には、 ディーラーの下取り価格よりも高い査定で車を買い取ってもらえれば最安値でセレナを購入できることになります。 これがセレナを値引き額から50万円安く購入できる最終奥義になります。 下取りでは絶対に一括査定サイトを使うこと! ディーラーの下取り価格よりも高い査定で買い取ってもらうをためには一括査定業者に無料登録をする必要があります。 なぜかと申しますとディーラーでは例えば30万円の下取りが買取業者に見積もりを依頼しますと 80万円になることが普通にあります。 買取業者も様々ですので一括査定サイトを使用することで 大手下取り会社の競合によって車の買い取り価格が吊り上がります。 スポンサードリンク.

次の

【日産セレナ】の値引き相場は?目標達成額と限度額はどのくらい?

新型 セレナ 値引き

この記事の目次• セレナの限界値引き金額をシミュレーション セレナの車両本体価格からの値引きの他に、ディーラーオプションからも値引きが可能です。 オプション品によって割引率は異なりますが、20~30%ほどの値引きは可能です。 さらに利益率の高い、 ディーラーのボディコーティングやメンテナンスパック、冬用タイヤ、錆止め加工、ディーラーオプションナビ、などを付けると、セレナの値引きの総額は大きくなりやすいです。 以下を参考にセレナの限界値引き額を算出しましょう。 さらにタイミングによっては、さらに値引きの上乗せが可能な時期があります。 必ずプラスされる訳ではありませんが、上記の「瞬間的に値引きが多くなる時期」に商談するなら、上記の値引き金額相当がプラスされるケースが多くなります。 セレナの値引き金額は一律で決まっている訳ではないので、営業マンによっても、ディーラーによっても、地域やタイミングによっても値引き額は変動します。 なので、上記のように値引き金額に幅を持たせています。 上記の範囲内なら、セレナの限界値引きと言っても良い金額なので、全ての要素を取り入れた MAXの限界値引き金額と、契約の落とし所として 少し控えた限界値引き金額も算出しておきましょう。 次に紹介する諸費用は、自分でやる事で節約できるよ カットできるセレナの諸費用 納車費用(5,000~15,000円くらい) 納車費用とは、ユーザーが納車を希望する任意の場所(自宅や職場など)にセールスマンがセレナを届けてくれる費用です。 もちろん、ディーラーに取りに行けば掛からない費用なので「取りに行くのでカットしてください」と言えば、浮かせられる費用です。 車庫証明取得手続き代行費用(5,000~20,000円くらい) 車庫証明とは、新車を登録する際に必要な書類で、ディーラーに頼むと代行費用が掛かりますが、これも自分で取得すれば、掛からない費用です。 車庫証明取得の手続きはそんなに難しくありませんが、平日の日中に警察署へ2回行く必要があり、期間も3~7日ほどかかるため、忙しくて行けない方にはちょっと大変かも知れません。 ここで裏技として、交渉の段階では「車庫証明は自分でやる」と代行費用をカットしてもらい、契約直前に「忙しくて取りに行けないので、やっぱりお願いできますか?」などと切り出すと、実費(普通車で2600円ほど)だけでセールスマンがサービスで取ってくれる場合もあります。 ただ、ディーラーによってはオンラインでまとめて手続きできる「OSS申請代行費用」として、登録費用とまとめて請求されるケースがあります。 OSS申請だと個別で車庫証明を取れないので、残念ながら車庫証明費用だけをカットする事が出来ません。 次に紹介する任意保険も値引きの材料に出来るんですって 任意保険も値引きの交渉材料に! 任意保険の契約もセールスマンの成績やディーラーの売上につながるので、ディーラーでの加入を条件に、更なる値引きの上乗せを狙えます。 例えば 「本当は懇意にしている代理店で加入する予定だったけど、今回はこちらで加入するから、値引きを勉強してもらいたい」と持ちかければ、セールスマンも自分たちのメリット相応に値引きをプラスしてくれる可能性が出てきます。 また、ディーラーで保険に加入すれば、何かあった時にディーラーが窓口なので、修理のための入庫や代車の手配等がスムーズに進むと言うメリットもあります。 任意保険の見直しで保険料を節約 ディーラーで保険に加入する代わりに、値引きを要求するのもありですが、外資系の保険会社に比べて保険料が割高になるのは否めません。 そこで 年間・又は月々の保険料が安い方が良いのなら、複数の保険会社を比較して、最も安い自動車保険を選ぶといいでしょう。 保険スクエアbang! なら、大手保険会社や外資系の会社を含めた複数の保険会社の見積もりを無料で依頼する事が出来ます。 見積もり結果はメールや郵送で送られて来ます。 勧誘電話は一切ないので、じっくり保険料を比較して検討する事が出来ます。 管理人も年払いで2万円以上安くなりました! 実践!セレナの一発値引き交渉術! 上記を参考に、「セレナの購入グレード」「付けたいオプションパーツ」「諸費用」を計算したら、セレナの目標値引き額を引いて、購入目標 の総予算額を出しておきましょう。 ディーラーでセレナ一発値引き交渉をスタート! セレナ一発値引き交渉を成功させるには、「ライバル車と契約目前」の状態で日産へ行き、「車種にこだわりは無いので、条件次第ではライバル車を断ってセレナを契約してもいい」とやります。 セレナのライバル車は、トヨタの ヴォクシー、 ノア、 エスクァイアと、ホンダの ステップワゴンです。 このいずれかの車名を出せば、日産のセールスさんが強く反応するでしょう。 そして日産ディーラーに行ったら、 「これからヴォクシーを契約する予定だが、車種にはこだわりがないので、こちらの条件が通ればトヨタは断って、セレナをこの場で契約してもいい」と言うような感じで、こちらの総予算額を伝えましょう。 もし断られたら、そのままお店を出るか、条件を緩くして「ではこの条件ではどうか?」と再度交渉することも出来ます。 設定した条件で譲れない時は、 他の日産ディーラーで試してみましょう。 しかし、経営が同じだとディーラー同士で商談データを共有しており、前のディーラー以上の値引き条件は出てこないため、別経営のディーラーを当たる必要があります。 同じ県内には経営の違うディーラーが複数ある地区が多いので、経営違いのディーラーなら商談可能です。 また県外に出れば、基本会社も変わるので他県での日産ディーラーとの交渉が可能です。 こうして 複数の日産ディーラーでセレナの一発交渉を仕掛ければ、あまりに無茶な条件でなければ、成功する確率が高まるでしょう。 別経営の日産ディーラーの探し方・見分け方 日産ホームページの「」ページ内の検索ボックスに郵便番号を入力すると、ディーラー名が表示されるので、簡単に探せます。 この検索の場合、AとCは同じ「日産プリンス神奈川販売株式会社」なので同経営、Bは「神奈川日産自動車株式会社」なので別経営となります。 セレナの購入条件を伝えて待つ方法 セレナの購入が当分先でもよければ、前もってセールスさんにこちらの購入条件を伝えておく方法があります。 年度末決算セールや夏のボーナスフェア、9月の中間決算セールのセレナの値引きが大きくなる時期に合わせて、事前にセールスさんにこちらの購入条件を伝え「この条件で出来る時に連絡をください」とやります。 決算セールなどで、「どうしても今月中にあと一台欲しい」と言うタイミングになれば、セールスさんから連絡が来るかもしれません。 各セールやフェアの1ヶ月位前から、各日産ディーラーに伝えておくと良いでしょう。 たとえその条件で出来なくても、連絡が来ればかなりの値引き条件は通るはずです。 この方法も意外と成功するのでおすすめですよ! セレナの3年後のリセールバリュー 残価率 は 下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます! 新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、 さらに支払額を下げる事が出来ます。 もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。 ディーラーはウソを付いている!? 新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。 管理人も毎回そうです。 しかし、ここで注意したいのは、 「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。 正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。 相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。 なので、新車から値引きしても、 下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。 ユーザーにとっては損しかありませんね・・・ ディーラーに騙されないためには? 以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。 その時の下取り金額は 85万円です。 ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。 買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。 そこで出た金額は、 ディーラーよりも20万円も高い金額でした。 次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。 10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。 リサイクル料の戻りも加算すると、 約104. 2万円になります。 その時の契約書はこちらです。 もし最初の85万円で契約していたら、 19万円もの損をする所でした・・・ この時した事は、 買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。 これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。 ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。 これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。 もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。 この方法は、 納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。 そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。 1店目は、ディーラーの104. 2万円に対して 107万円。 そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・ 116万円ではいかがでしょう?」と、 ディーラーよりさらに11. 8万円のアップに成功です! その時の契約書です。 一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に 31万円の上乗せに成功しました。 ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。 この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。 1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、 管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。 カテゴリー•

次の