社会 保険 料 控除。 社会保険料控除とは?前納・後納分の控除や仕訳方法など

社会保険料控除とは?前納・後納分の控除や仕訳方法など

社会 保険 料 控除

本人の申告で控除される社会保険料• 証明書類の添付がない場合の処理• 社会保険料を確認する• 控除の対象となる社会保険料を確認する• 控除の対象とならない社会保険料を確認する• 給与から控除される社会保険料• 未払いの社会保険料• 給与から控除した社会保険料• 割引された社会保険料• 前納した社会保険料• 給与の支払者が負担した社会保険料• 税理士・社労士をお探しの方• あわせて読みたい 社会保険料控除とは 社会保険料控除とは、毎月支払っている年金保険料や健康保険料を所得から控除することができる制度です。 給与所得者などで、本人または本人と生計を一にする配偶者その他の親族が負担すべき社会保険料を支払っている場合には、その全額が控除されます。 年末調整における社会保険料 社会保険料控除の対象となる社会保険料は、 「健康保険」「国民健康保険」「厚生年金」「国民年金」「介護保険」「後期高齢者医療保険」などです。 自分自身の社会保険料だけではなく、生計を一(いつ)にする家族の社会保険料も対象となります。 つまり、所得者が本人または本人と生計を一にする配偶者やその他の親族が負担すべき社会保険料を支払っている場合には、その支払った社会保険料の金額も、その人のその年中の所得の金額から控除されます。 本人の申告で控除される社会保険料 本人が直接支払ったものは、本人の申告によって控除されることになっています。 しかし、社会保険料のうち国民年金の保険料および国民年金基金の加入員の掛金で本人が直接支払ったものについては、その保険料等を支払った事実を証明できる書類を添付または提示しなければならないことになっています。 もし、保険料等を支払った事実を証明できる書類を添付または提示がない場合でも、翌年1月31日までに証明できる書類を提出することを条件として年末調整で控除を行っても差し支えはありませんが、翌年1月31日までに証明できる書類を提出できなかった場合には、その不足額が2月1日以降に支払う給与から順次徴収していくことになります。 したがって、事実を証明できる書類があるか否かについては、事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。 年末調整で必要な社会保険料控除の作業 年末調整において 社会保険料控除を検討する際には、社会保険料の確認はもちろんその社会保険料が控除の対象であるか、給与所得者が現実に支払ったものであるかどうかなどを確認する必要があります。 また、サラリーマンの場合は、会社が年末調整しますので、原則として自分で確定申告を行なう必要はありませんが、給与収入が2,000万円を超える人や2カ所以上から給与の支払いを受けている人など、年末調整の対象とならない人もいます。 その場合には、サラリーマンでも社会保険料控除について、自分で確定申告をする必要があります。 したがって、年末調整の担当者は、年末調整を行う際には、年末調整の対象か否かをまず確認する必要があります。 社会保険料を確認する 年末調整では、すでに給与から控除された社会保険料については改めて申告をする必要はありません。 しかし、給与から控除されていない社会保険料については、年末調整で控除されることになります。 したがって、年末調整の担当者は、給与所得者から提出された 「給与所得者の保険料控除申告書」で、社会保険料控除の対象となるか否かについて検討をしなければなりません。 この時には、給与所得者が現実に支払ったものであるかどうかについても、あわせて確認する必要があります。 例えば、給与所得者の同居の母親の年金から社会保険料がすでに特別徴収されているような場合には、その社会保険料はその母親が支払ったことになるので、社会保険料控除の対象とはならないからです。 ~社会保険料控除確認のポイント~ (1)控除の対象となる社会保険料かどうか (2)現実に支払ったものか (3)申告された社会保険料が、その年中に支払われているか (4)中途就職者の場合、前の勤務先で支払いを受けた給与から控除された社会保険料をどう処理されているか(含めているか否か) (5)国民年金保険料などについては、その証明書類が添付されているか 控除の対象となる社会保険料を確認する 控除の対象となる社会保険料は、本人または本人と生計を一にする配偶者その他の親族が負担すべき保険料または掛金等に限られています。 具体的に控除に対象となる社会保険料は、以下のとおりです。 ・健康保険、国民年金、厚生年金保険 ・国民健康保険の保険料又は国民健康保険税 ・高齢者の医療の確保に関する法律の規定による保険料 ・介護保険法の規定による介護保険料 ・雇用保険の被保険者として負担する労働保険料 ・国民年金基金の加入員として負担する掛金 ・独立行政法人農業者年金基金法 ・厚生年金基金の加入員として負担する掛金 ・国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法 ・労働者災害補償保険の特別加入者の規定により負担する保険料 ・地方公共団体の職員が条例の規定によって組織する互助会等の掛金 ・国家公務員共済組合法等の掛金 ・健康保険法附則又は船員保険法附則の規定の負担金 ・租税条約の規定関連 ・恩給法等の規定による納品 控除の対象とならない社会保険料を確認する 社会保険料の控除の対象とならない社会保険料は、以下の通りです。 ・会社などで任意に組織された共済制度などに基づく会費 ・療養の給付を受けた者が負担する費用(告知書に基づき納付するものを含む) ・給与の支払者が負担した保険料(法定割合を超えて負担するものを。 ただし、給与として課税されたものは控除される) ・非課税の在外手当(特定地域または外国に在勤する公務員などに対して、給与以外に支給される手当)に対する社会保険料 年末調整で必要な保険料の取扱・計算方法 支払った保険料または給与から控除された保険料は、それぞれ次の手順で計算します。 給与から控除される社会保険料 給与から控除される社会保険料は、その計算の基礎となった給与がいつの給与であるかどうかを問わず、その年中に実際に控除された金額が、社会保険料控除の対象となります。 未払いの社会保険料 納付期日が到来した社会保険料であっても、現実に支払っていない未払いの社会保険料については、その年中に支払った社会保険料とは扱われません。 給与から控除した社会保険料 健康保険、厚生年金または雇用保険の保険料などのように、通常は給与から控除されることになっているものについて、たまたま給与の支払いがなかったため直接本人から徴収したりした場合や、退職手当から控除した場合、休業補償など非課税所得から控除した場合などは、給与から控除した社会保険料に含まれることになります。 割引された社会保険料 国民年金の保険料または掛金を前納した時には、保険料または掛金について割引があります。 社会保険料控除の対象となる社会保険料は、この割引後に額(実際に納付した保険料・掛金)となります。 前納した社会保険料 前納した社会保険料については、原則として以下の計算式で計算した金額がその年中に支払った保険料の額となります。 給与の支払者が負担した社会保険料 給与の支払者が役員または使用人のために法定または認可の割合を超えて負担した社会保険料で、給与として課税されたものについては、役員または使用人が支払った社会保険料と扱われることになります。 まとめ• 従業員を雇用した時には、労災保険、雇用保険、社会保険の手続きが必要• それぞれの手続きを行う場所や必要書類は、会社の状況によって異なる• 手続きを行う期限が決まっているので、早めに手続きすることが大切 以上、年末調整における社会保険料控除について、検討する際のポイントや控除の対象となる社会保険料の範囲などについてご紹介しました。 社会保険料控除の対象となる保険料か否か判断しづらい時には、早めに社会保険労務士や税理士などに相談して確認をすることが、スムーズに年末調整における社会保険料控除の検討作業を進めるコツです。 税理士・社労士をお探しの方 年末調整における社会保険料控除の確認作業は、さまざまな点について確認しなければならず、煩雑となることがあります。 税理士や社会保険労務士には、これらの年末調整の作業についてもサポートしてもらうことができます。 では2000以上の事務所の中から融資・資金調達に強いかどうか、ITに強いか、女性が担当等の様々な条件で希望に合う税理士・会計士・社労士の認定アドバイザーに出会うことができます。 また、コーディネーターによる もあるので併せてご利用ください。 税理士の報酬は事務所によって違いますので、 で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。 あわせて読みたい 年末調整においては、上記でご紹介した社会保険料控除の知識以外にもさまざまな知識が必要となります。 年末調整については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。 あわせてご覧ください。

次の

社会保険料控除のタイミング

社会 保険 料 控除

社会保険料控除とは? 払った保険料の分、所得控除を受ける 給与所得者の場合は毎月の給料から所得税が天引きされますが、計上されている税額は所得控除が考慮されていません。 一方、毎月払っている自分、または家族の保険料は所得控除の対象です。 1年間で支払った保険料総額を計算し、所定の手続きを行うことで社会保険料控除として所得控除を受けられるようになります。 上限はなく、支払った全額が控除対象 社会保険料は給与水準によって異なっており、給料が高い人ほど多くの保険料を納めることになります。 仮に社会保険料控除に上限が設定されていた場合、給料が高い人と低い人の間で税負担額に大きな差が生じる可能性が高いです。 税負担の差を発生させないために、社会保険料控除には上限が設定されていません。 したがって、支払った保険料は全額を控除対象として計上できるようになっています。 国民健康保険や国民年金保険料も対象 会社員や公務員の人は健康保険や厚生年金保険に加入しており、自分の分の社会保険料は会社などによって給料から天引きされます。 一方、国民健康保険や国民年金保険に加入している自営業者の場合、保険料は自分で納めます。 国民健康保険や国民年金保険も、自分で手続きを行うことで社会保険料控除の対象です。 具体的な申請手続きについては後に説明します。 介護保険料、雇用保険料なども含む 所定の条件を満たすと介護保険や雇用保険への加入が義務付けられ、同時に保険料支払い義務が発生します。 社会保険料控除の際には、この2つの保険料も計上します。 介護保険は40歳以上の日本人全てが被保険者です。 雇用保険は、労働時間や勤続日数の見込みなどを満たす人が被保険者となります。 自営業者の場合は自分で手続きを行います。 扶養家族がいる場合配偶者の保険料も 1年間に支払った社会保険料は、自分の分と家族などの分を合わせた全額が所得控除の対象となります。 税負担能力の観点から公平性を保つためです。 独身の人と妻子持ちの人を比較すると、独身の人は、自分の分の保険料のみで済むため保険料負担は小さくなります。 一方、妻子持ちの人の場合は妻子の保険料も支払うため、独身の人よりも保険料負担が大きいです。 そこで社会保険料控除の制度を設け、家族構成などに関係なく社会保険料と所得税のバランスを個人間で公平にしています。 社会保険料控除を受けるための手続き 会社員は年末調整時に申告 会社員の場合、自分の分の保険料は会社から既に天引きされているため、改めて申告する必要はありません。 しかし、家族の保険料を社会保険料控除の対象にする場合には申請が必要です。 申請が必要な場合は、家族が加入している社会保険の種類や支払先など必要な情報を記入した上で、年末調整の際に会社に申告します。 申告に使用する書類は、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」です。 個人事業主などは確定申告する 会社員の場合とは異なり、フリーランスや個人事業主の場合は、社会保険料は自動的に計上されません。 社会保険料控除を受けるためには、掛かった保険料を自分で計算し、定められた期間に忘れずに確定申告を行う必要があります。 確定申告の期間は決められているので、忘れないように申告して控除を受けましょう。 国民年金の申告には控除証明書が必要 国民保険料の支払い分を社会保険料控除の申請に加える場合には、国民年金保険料を支払ったことを証明する書類を用意して提出する必要があります。 会社員、個人事業主、フリーランスでも同様です。 会社員であれば年末調整時に会社に提出し、個人事業主やフリーランスの場合は確定申告書に証明書類を添付して提出します。 その他知っておきたい所得控除の種類 医療費を一定以上払うと医療費控除に 医療費控除の金額は、1年間に支払った医療費の総額で変化します。 計算によって控除額がマイナスになる場合は、控除の対象とはなりません。 つまり、1年間の医療費総額が(保険金)-(所定の所得条件)を上回っている場合に医療費控除が受けられます。 医療費を計上する際には公共交通機関を使用して発生した通院費も加算可能です。 計算式は、総所得が2,000,000円を上回るか否かで変わります。 2,000,000円以上の場合は、以下の式で控除額を算出します。 1年間の医療費総額 - 保険金等 - 100,000円 2,000,000円未満の場合は、以下の通りです。 控除額は保険ごとに算出しますが、保険間での控除額の算出に違いはありません。 平成24年1月1日以降の契約に該当する新契約の場合は、支払い保険料額が20,000円であれば全額、20,000円〜40,000の場合には保険料の50%に10,000円を追加した額が控除されます。 40,000円〜80,000円の場合には保険料の25%に20,000円を追加した額、80,000円以上の場合は40,000円が控除されます。 配偶者が被扶養者の場合、配偶者控除 配偶者控除は、控除対象に配偶者が含まれる際に適用されます。 ただし、配偶者は納税者の収入だけで生活している被扶養者でなければいけません。 被扶養者であれば、380,000円の配偶者控除が適用されます。 年間の所得総額は380,000円以下、もしくは給与収入のみであれば年間1,030,000円以下であれば被扶養者と判断されます。 まとめ 社会保険料控除は、支払った保険料に応じて所得控除が受けられる制度です。 実際に控除を受けるための手続きは、会社員か個人事業主で異なります。 自分の社会保険の種類を確認すると同時に、生命保険や家族の保険の加入状況、その他の所得控除制度も把握しておきましょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

No.1130 社会保険料控除|国税庁

社会 保険 料 控除

社会保険料控除のポイント( 15日締切、当月25日支給、翌月控除) 給与計算における社会保険料の控除は、ミスしがちな箇所です。 多くの会社で、料率改定がされていなくて控除額を間違えていたり、退職時に控除のし損ないやし過ぎが発生していたり・・・といった事態がよく見受けられます。 このようなミスを発生させないためには、社会保険労務士や税理士などの専門家に給与計算を依頼すればいいのですが、社会保険のルールについて知識を深めれば、自社内で処理してもミスを防ぐことができます。 社会保険料は「翌月控除」が原則ですが、給与の締切日・支給日は会社によってさまざまですので、ここでは締切日が15日、支給日が当月25日の会社について、控除の仕方と注意点を述べていきます。 各月の給与計算期間、支給日、控除する社会保険料は以下の通りです。 給与月 給与計算期間 支給日 控除する社会保険料 1月分給与 12/16~1/15 1月25日 12月分 2月分給与 1/16~2/15 2月25日 1月分 3月分給与 2/16~3/15 3月25日 2月分 4月分給与 3/16~4/15 4月25日 3月分 5月分給与 4/16~5/15 5月25日 4月分 6月分給与 5/16~6/15 6月25日 5月分 7月分給与 6/16~7/15 7月25日 6月分 8月分給与 7/16~8/15 8月25日 7月分 9月分給与 8/16~9/15 9月25日 8月分 10月分給与 9/16~10/15 10月25日 9月分 11月分給与 10/16~11/15 11月25日 10月分 12月分給与 11/16~12/15 12月25日 11月分 入社時の取り扱い 社会保険料は、資格取得日の属する月から発生します。 例えば、4月に入社・資格取得した場合、1日に入社しても30日に入社しても社会保険料は4月分から発生します。 締切日が15日のケースでは、15日までに入社した場合と16日以降に入社した場合では、給与の発生が1か月違ってくるため、控除の仕方も異なります。 例えば、4月1~15日に資格取得したなら、社会保険料は4月分から発生し、給与も4月分から発生します。 4月分の社会保険料は5月分給与から控除すればいいので、最初の給与で控除は行わず、2回目の給与から控除を開始します。 これに対し、4月16~30日の資格取得であれば、給与は5月分から発生するため、最初の給与から控除を行うことになります。 まとめると、以下のようになります。 15日までに資格を取得した場合は、2回目の給与から控除を開始します。 16日以降に資格を取得した場合は、最初の給与から控除を開始します。 退職時の取り扱い 社会保険料は、資格喪失日が属する月の前月までかかります。 例えば、喪失日が4月であれば保険料は3月分までかかるわけです。 ここで注意しなければならないのは、「資格喪失日=退職日」ではないという点です。 「資格喪失日=退職日の翌日」です。 これは、退職日が末日とそれ以外では取り扱いが異なることを意味します。 例えば、4月で考えてみましょう。 29日までに退職した人は喪失日が4月になり、社会保険料は3月分までかかります。 これに対し、30日に退職した人は喪失日が5月になり、社会保険料は4月分までかかることになります。 つまり、末日の退職ではさらに1か月、社会保険料の負担が発生するわけです。 この法則を踏まえ、締切日が15日のケースを詳しく見ていきます。 4月1~15日に退職した場合、社会保険料は3月分まで発生し、最終給与は4月分給与となるため、最終給与まで控除を行う必要があります。 4月16~29日に退職した場合、社会保険料は3月分まで発生し、最終給与は5月分給与となるため、社会保険料の控除は4月分給与で終了し、最終給与では控除の必要はありません。 4月30日に退職した場合、社会保険料は4月分まで発生し、最終給与は5月分給与となるため、最終給与まで控除を行う必要があります。 まとめると、以下のようになります。 1~15日に退職した場合は、最終給与まで控除を行います。 16~末日の前日までに退職した場合は、最終給与からは控除を行いません。 末日に退職した場合は、最終給与まで控除を行います。 取得日と喪失日が同一月の場合 社会保険料は、資格取得日の属する月から発生しますが、資格喪失日の属する月はかかりません。 では、取得日と喪失日が同じ月であればどうなるのでしょうか。 この場合、社会保険料はかかることになっています。 そうなると注意しなければならないのは、15日までに退職してしまったケースです。 例えば、4月1日に入社して4月15日に退職した場合、4月分の社会保険料が発生し、給与は4月分のみとなります。 5月分給与はありませんから「翌月控除」の原則に素直に従ってしまうと、控除不能という事態が起きてしまいます。 退職してしまった人とは連絡が取れなくなったりと、社会保険料の負担分を回収するのが何かとむずかしい状況も考えられますから、こういったケースでは、「翌月控除」の原則を崩して、4月分給与から控除を行うなど特別な配慮をすべきです。 他のケースは・・・ ここでは、「15日締切、当月25日支給」の場合を取り上げましたが、以下の場合についても注意点等をまとめてありますので参考にしてみてください。 「15日締切、当月25日支給、翌月控除」 (オススメの控除のやり方) (あまりオススメできない控除のやり方).

次の