タピオカ 木下。 木下優樹菜、タピオカ店事件の背後にただならぬ勢力!? 同級生を不登校に追い込んだ元ヤンの本性露呈…

木下さやか(木下優樹菜の姉)タピオカ店トラブルの真相は?ユッキーナのLINE・DM画像全文を公開!

タピオカ 木下

引用元:Twitter 喜んだ木下優樹菜さんは、「姉がお店をオープンしました」とファンに報告し、 インスタで宣伝。 お店にはオープン初日からファンらが殺到しました。 木下優樹菜さんもお店にお花を贈ったり、実際にタピオカ店に足を運んだりしていたそうです。 真相を知った店長からの注意を受けて、姉はタピオカ店を 退職しました。 姉は木下優樹菜さんに店長から注意を受けたことを報告し、木下優樹菜さんがインスタで ネガキャン(ネガティブキャンペーン)。 引用元:Twitter 続いては、木下優樹菜さんが恫喝DMを送ったあと、謝罪するまでの流れをまとめました。 木下優樹菜さんが恫喝DMをタピオカ店の店長に送ったことがなぜ分かったかと言うと、ある店側の人物がTwitterでDMを公開したからです。 Twitterは拡散され、多くの人に知られることになります。 こちら実際のツイート。 【拡散希望】 木下優樹菜さんがインスタで個人で経営する店を叩いていたので、私の知っていることを記します。 影響力のある人の行動としては軽率であると思います。 皆さんの誤解を解いておきたいです。 — わをん I7o8rNo7kOJKuyq このTwitterでのDM公開を受け、木下優樹菜さんは 2019年10月9日にインスタで謝罪。 タピオカ騒動および恫喝DMが事実だったことを認めました。

次の

木下優樹菜 タピオカ騒動の内容とは?引退の原因ともなった事件を紹介

タピオカ 木下

木下優樹菜 人気タレントが一般人に送った恫喝まがいのメッセージがインターネット上で晒され、物議を醸している。 事の発端は、タレントの 木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 テレビ局関係者は語る。 それだけに、過激な恫喝メッセージを一般人に送っていたことが暴露され、イメージはガタ落ちです。 文面的にもシャレですまされるレベルではなく、テレビ局はどこも起用自粛の姿勢になるでしょう」 今回の木下の行動は、脅迫罪などに問われる可能性はないのだろうか。 は次のように解説する。

次の

木下優樹菜(ユッキーナ)が恫喝したタピオカ店は現在も営業してる!【ALL RIGHT(オールライト)】|東京カフェBLOG

タピオカ 木下

「嘘をついたら鉛筆でおまえの目を刺す」 これは恐喝容疑で逮捕された道端アンジェリカの夫が言い放った脅し文句だが、これに負けていないのがタレントの木下優樹菜だ。 もっか、姉が働くタピオカ店をめぐるトラブルで絶賛大炎上中。 ことの発端は、木下が6日に投稿したインスタグラム。 彼女の姉は7月にオープンした東京・江戸川区のタピオカドリンク店で働いていたが「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝した事がよほどご迷惑だったらしく、、ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、しまいには、給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました」と突然告白したのだ。 木下のインスタフォロワーは530万人以上。 店側には当然、批判の声が殺到したが、その後、木下がオーナー側に送ったダイレクトメールのキャプチャ画像がネット上に流出したことから、形勢は逆転してしまった。 以下、その文面。 「(優樹菜の姉の名前)の妹だけど。 色々言いたいことあるけど、とりあえずさーインスタで宣伝したのが気に食わねえだの色々言われてたみたいだけどさー インスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつきwww」 「んで、給料明細だすの常識な。 ww 色々頭悪すぎなw」 「あと逆に週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなぁ? 覚悟決めて認めちゃい おばたん」 今年32歳になるとは思えない文章力だが、恫喝まがいの言葉はいただけない。 木下は9日に投稿を削除した上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。 私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。 実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。 非常に失礼な発言をした事をとても反省しております」と謝罪したが…。

次の