メンタリストdaigo ニコニコ。 ポジティブ・チェンジ

メンタリストDaiGoがユーチューブで稼ぐ年収はいくら?自宅は豪邸だが意外とシンプルか調査!

メンタリストdaigo ニコニコ

自分を変えるのに頭も根拠も希望もいらない! 時間・言葉・友人・モノ・環境・外見・食事。 7つのスイッチで、あなたは激変する! メンタリストDaiGoが実践した超変身法を初公開! 心理学と脳科学の最新研究を駆使。 楽しみながら自分を変える「ポジティブ・チェンジ」で「なりたい自分」になる方法を教えます。 たった5週間で人生を変える最強の心理術。 [潜在能力を最大限に引き出す5週間トレーニング] 1週目……A4の紙に自分を書き出す。 2週目……「新しいこと日記」をつける。 3週目……「めんどうくさい」を行動のサインにする。 4週目……「超恥ずかしいこと」をやる。 5週目……敵を利用する。 読者限定無料特典 メンタリストDaiGoの特別解説動画をプレゼント! 「ポジティブになる口グセとは? 」 この本を読めば、変化の過程自体が楽しさ、面白さ、ワクワク……といったポジティブな感情に満たされるようになります。 これまで誰も教えてくれなかった、本当に変わるための方法を、あなたに教えましょう。 人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。 大学在学中にイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンに影響を受けて、人間心理を読み、誘導する技術メンタリズムを学び始める。 英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数百のTV番組に出演。 現在は、パフォーマーとしてではなく、人間心理の理解を必要とする企業コーポレートアドバイザーや作家・講演家として活動中。 ビジネス、話術から恋愛、子育てまで、幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は、累計90万部を突破。 主な著書は、『一瞬でYESを引き出す心理戦略。 』『男女脳戦略。 』 以上、ダイヤモンド社 、『人を操る禁断の文章術』 かんき出版 、『限りなく黒に近いグレーな心理術』 青春出版社 など多数。 nicovideo. 5:1. 5の割合で食べてるみたいです。 また、無理にポジティブに考えてみるのは逆効果ともニコ動の放送で言っており、いろいろと現状との矛盾が目立ちます。 それを踏まえ参考になった点は以下の通りです。 ・三菱財閥創業理由 創業者岩崎弥太郎は人が嫌がる面倒ごとを率先してやっていた。 それが周りの目につき、周囲から抜きん出た。 「めんどくさい」はほかの人もやらないことなので、自身が突き抜けるいいサインである。 ・バカと付き合うとバカになる 人は無意識に人の望む姿に変わっていく。 脳が人間関係に適応しようと変化するため。 いつも悪口ばかりの生産性のない関係は切るべき。 交友関係の変化が自身の成長の軌跡である。 ・ペンフォールドのホムンクルス 人間の体の中で、最も感覚が鋭い部分は手、次いで口である。 すなわちいつも手が触れるキーボード、ペン、スマホ棟には投資すべき。 また物が多いと「いつか使うかも」といった嗜好が意思決定の妨げになる。 この本を始めに読んだのは確かKindle Unlimitedだったと記憶しています。 Kindle Unlimitedは10冊までしか同時に読めませんので、新しい本を読むためにはどれかを解放していく必要があります。 そんな中で、最後の最後まで残ったのがこの本です。 十分に価値があることがわかったので、Kindle購入しました。 彼の本の優れているところは「実行可能なメソッド」にまで踏み込んで書かれていることです。 だれでもポジティブに生きられればそれに越したことはないわけで、じゃあ、どうすればそうなれるの? というところで立ち往生してしまうような本が多いと思います。 そんな中でここまでお膳立てをしてくれているのですから、あとはやるだけの問題と言えるでしょう。 私はKindleで自分にとって重要な部分にアンダーラインを引き、二回目はその部分だけを読むようにしています。 そして3回目にはまた一から読み直しています。 かれこれそのサイクルを5回はやっていると思います。 でも、なかなか自分は変われない。 かように自分が変わるには時間と努力が必要なのだと痛感しています。 おそらく、この本を1回読んでそのとおりに実践して、変われたという人はそうは多くないと思います。 もし、本当に変わりたいと思うのであれば、あきらめず、できるまで何度もこの本に従ってやっていくしかないと思います。 この本とセットで読んだ方が良いのは、同じ著者の片付け本です。 自分が5回 実質10回 もこの本を読んで変われないのは、本当になりたい自分、理想の自分、理想の生活というものが描けていないからだということに気づきました。 現状に決して満足はしていないが、なんだかんだ言っても、現状維持で命に別状はない。 結局、コンフォートゾーンからぬけられず、その抜けた先をイメージしているようで、今一明確ではないからなのだと思っています。 スタンフォードの先生の言うところの「望む力」の欠如なのですが、何を望んでいるのかがわからなければ、行動も定まらないわけです。 今後もあきらめず、ポジティブに変身できるように続けていきたいと思います。 その方が絶対に人生が楽しく、充実するわけですから。 なんだか決意表明文のようなレビューですみません。 この著書の要点を一言で言いますと、心が変われば行動が変わるは間違いで、行動を変えることでしか心は変わらないということです。 人間の心と体には、ホメオスタシスという原理が働いています。 この原理はと言いますと、心と体は、恒常性を保ち変化を嫌うということです。 誰もが、なりたい自分に変わりたいと思っているにも拘らず、一向に変われない理由の一つにホメオスタシスの原理があることが挙げられます。 では、どのようにすれば、自分を理想の自分に変えていけるのかという内容が、本書には分かりやすく書かれています。 一言で言いますと、先ずは、行動を起こして行くことです。 人は、行動を一歩起こしていくことで、次第に作業興奮によりヤル気が高まっていきます。 そうして、自分自身が、少しでも理想の自分に近付いていることを実感出来ると楽しくなって行きます。 daigoさんは、先ずは、最初の行動するきっかけとして、めんどくさいと思ったことは、積極的にやっていくことを勧めています。 誰もがやらないめんどくさいことをやることにより、周りの人たちよりも抜き出ることに繋がっていくからです。 今回書いた内容は、行動を起こしていく上での一例ですが、この著書には、人はどのように行動していけば楽しく自己成長していけるかという内容が、具体例を交えて分かりやすく説明されています。 今までの人生で、いくら本を読んでも変われなかった人は大勢おられると思います。 私も、その中の一人でした。 しかし、人は、学び(インプット)だけでは変われない。 行動(アウトプット)していってこそ、変わって行くことが出来る。 そのことを、教えてくれる良書です。 色んな事が書いてあるのですが、私がいいなと思ったのが「面倒と感じた瞬間にやる」ということ。 面倒だー、という心に流されて結局やらないのがルーザーになっちゃうポイントなのですね。 毎日朝起きれないのですが、「あー、面倒。 やだなー」と思った瞬間に心を無にして起きることにしました。 エアロバイクをみて「あー運動してないわー」と罪悪感を感じたらとりあえずまたがることにしました。 そしたら、ものすごく不安があること以外は、できるようになって驚き。 心の誘惑の声に耳を傾けず、とりあえずやってみるって素晴らしいです。 いいことを教えてもらって感謝しています。

次の

DaiGoが毎日やっている心を読むためのトレーニング、公開

メンタリストdaigo ニコニコ

自分を変えるのに頭も根拠も希望もいらない! 時間・言葉・友人・モノ・環境・外見・食事。 7つのスイッチで、あなたは激変する! メンタリストDaiGoが実践した超変身法を初公開! 心理学と脳科学の最新研究を駆使。 楽しみながら自分を変える「ポジティブ・チェンジ」で「なりたい自分」になる方法を教えます。 たった5週間で人生を変える最強の心理術。 [潜在能力を最大限に引き出す5週間トレーニング] 1週目……A4の紙に自分を書き出す。 2週目……「新しいこと日記」をつける。 3週目……「めんどうくさい」を行動のサインにする。 4週目……「超恥ずかしいこと」をやる。 5週目……敵を利用する。 読者限定無料特典 メンタリストDaiGoの特別解説動画をプレゼント! 「ポジティブになる口グセとは? 」 この本を読めば、変化の過程自体が楽しさ、面白さ、ワクワク……といったポジティブな感情に満たされるようになります。 これまで誰も教えてくれなかった、本当に変わるための方法を、あなたに教えましょう。 人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。 大学在学中にイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンに影響を受けて、人間心理を読み、誘導する技術メンタリズムを学び始める。 英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数百のTV番組に出演。 現在は、パフォーマーとしてではなく、人間心理の理解を必要とする企業コーポレートアドバイザーや作家・講演家として活動中。 ビジネス、話術から恋愛、子育てまで、幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は、累計90万部を突破。 主な著書は、『一瞬でYESを引き出す心理戦略。 』『男女脳戦略。 』 以上、ダイヤモンド社 、『人を操る禁断の文章術』 かんき出版 、『限りなく黒に近いグレーな心理術』 青春出版社 など多数。 nicovideo. 5:1. 5の割合で食べてるみたいです。 また、無理にポジティブに考えてみるのは逆効果ともニコ動の放送で言っており、いろいろと現状との矛盾が目立ちます。 それを踏まえ参考になった点は以下の通りです。 ・三菱財閥創業理由 創業者岩崎弥太郎は人が嫌がる面倒ごとを率先してやっていた。 それが周りの目につき、周囲から抜きん出た。 「めんどくさい」はほかの人もやらないことなので、自身が突き抜けるいいサインである。 ・バカと付き合うとバカになる 人は無意識に人の望む姿に変わっていく。 脳が人間関係に適応しようと変化するため。 いつも悪口ばかりの生産性のない関係は切るべき。 交友関係の変化が自身の成長の軌跡である。 ・ペンフォールドのホムンクルス 人間の体の中で、最も感覚が鋭い部分は手、次いで口である。 すなわちいつも手が触れるキーボード、ペン、スマホ棟には投資すべき。 また物が多いと「いつか使うかも」といった嗜好が意思決定の妨げになる。 この本を始めに読んだのは確かKindle Unlimitedだったと記憶しています。 Kindle Unlimitedは10冊までしか同時に読めませんので、新しい本を読むためにはどれかを解放していく必要があります。 そんな中で、最後の最後まで残ったのがこの本です。 十分に価値があることがわかったので、Kindle購入しました。 彼の本の優れているところは「実行可能なメソッド」にまで踏み込んで書かれていることです。 だれでもポジティブに生きられればそれに越したことはないわけで、じゃあ、どうすればそうなれるの? というところで立ち往生してしまうような本が多いと思います。 そんな中でここまでお膳立てをしてくれているのですから、あとはやるだけの問題と言えるでしょう。 私はKindleで自分にとって重要な部分にアンダーラインを引き、二回目はその部分だけを読むようにしています。 そして3回目にはまた一から読み直しています。 かれこれそのサイクルを5回はやっていると思います。 でも、なかなか自分は変われない。 かように自分が変わるには時間と努力が必要なのだと痛感しています。 おそらく、この本を1回読んでそのとおりに実践して、変われたという人はそうは多くないと思います。 もし、本当に変わりたいと思うのであれば、あきらめず、できるまで何度もこの本に従ってやっていくしかないと思います。 この本とセットで読んだ方が良いのは、同じ著者の片付け本です。 自分が5回 実質10回 もこの本を読んで変われないのは、本当になりたい自分、理想の自分、理想の生活というものが描けていないからだということに気づきました。 現状に決して満足はしていないが、なんだかんだ言っても、現状維持で命に別状はない。 結局、コンフォートゾーンからぬけられず、その抜けた先をイメージしているようで、今一明確ではないからなのだと思っています。 スタンフォードの先生の言うところの「望む力」の欠如なのですが、何を望んでいるのかがわからなければ、行動も定まらないわけです。 今後もあきらめず、ポジティブに変身できるように続けていきたいと思います。 その方が絶対に人生が楽しく、充実するわけですから。 なんだか決意表明文のようなレビューですみません。 この著書の要点を一言で言いますと、心が変われば行動が変わるは間違いで、行動を変えることでしか心は変わらないということです。 人間の心と体には、ホメオスタシスという原理が働いています。 この原理はと言いますと、心と体は、恒常性を保ち変化を嫌うということです。 誰もが、なりたい自分に変わりたいと思っているにも拘らず、一向に変われない理由の一つにホメオスタシスの原理があることが挙げられます。 では、どのようにすれば、自分を理想の自分に変えていけるのかという内容が、本書には分かりやすく書かれています。 一言で言いますと、先ずは、行動を起こして行くことです。 人は、行動を一歩起こしていくことで、次第に作業興奮によりヤル気が高まっていきます。 そうして、自分自身が、少しでも理想の自分に近付いていることを実感出来ると楽しくなって行きます。 daigoさんは、先ずは、最初の行動するきっかけとして、めんどくさいと思ったことは、積極的にやっていくことを勧めています。 誰もがやらないめんどくさいことをやることにより、周りの人たちよりも抜き出ることに繋がっていくからです。 今回書いた内容は、行動を起こしていく上での一例ですが、この著書には、人はどのように行動していけば楽しく自己成長していけるかという内容が、具体例を交えて分かりやすく説明されています。 今までの人生で、いくら本を読んでも変われなかった人は大勢おられると思います。 私も、その中の一人でした。 しかし、人は、学び(インプット)だけでは変われない。 行動(アウトプット)していってこそ、変わって行くことが出来る。 そのことを、教えてくれる良書です。 色んな事が書いてあるのですが、私がいいなと思ったのが「面倒と感じた瞬間にやる」ということ。 面倒だー、という心に流されて結局やらないのがルーザーになっちゃうポイントなのですね。 毎日朝起きれないのですが、「あー、面倒。 やだなー」と思った瞬間に心を無にして起きることにしました。 エアロバイクをみて「あー運動してないわー」と罪悪感を感じたらとりあえずまたがることにしました。 そしたら、ものすごく不安があること以外は、できるようになって驚き。 心の誘惑の声に耳を傾けず、とりあえずやってみるって素晴らしいです。 いいことを教えてもらって感謝しています。

次の

メンタリストDaigoのコンテンツは飽きるが止められないのはなぜか?止めるタイミングと解約方法とは? :: 株式会社モデリング・プロジェクト

メンタリストdaigo ニコニコ

私も職場で「え、DaiGo好きなの?www」みたいな反応されてびっくり…。 でも世論的にはそういう人の方が多いんでしょうね DaiGoさんはTVでのパフォーマー引退後、企業コンサルタントや講演、執筆活動を中心にお仕事をしています。 実は自分の会社も起こしていて、 かなりのやり手です。 ビジネス関連や心理テクニックなど、多岐に渡るジャンルで本を出版しているのですが、とりあえず新刊が出るペースがエグい(笑)月に新刊情報が3冊出ることも…! ゲスな言い方すると、 TV出てなくてもめちゃくちゃ稼いでいる人なんです。 しかも、かなりの読書家で1日に10冊程度の本や論文を読むというDaiGoさん。 そこで得た知識をいち早く提供する場が、今回オススメする「ニコニコ動画配信」なんです! メンタリストDaiGoのニコニコ動画 ニコニコ動画といえば、日本ではYouTubeと同じくらい超メジャーな動画共有サイトではないでしょうか。 そもそもペリスコープの存在を知らなかった… ペリスコープに限らず、現在ライブ配信サービスってすごい勢いで拡大していってるんですね。 無料のものだけでも30以上あるんだとか。 【参考リンク】 現在、DaiGoさんは ペリスコープでの配信をストップしているようですが、無料枠の内容を ニコニコ動画・YouTubeで同時生放送しています。 後半の有料枠がニコニコ有料会員限定です。 ちなみに YouTubeチャンネルの登録者数は46万人を突破していました…すごい(2018年9月時点)。 メンタリストDaiGoのニコニコ動画がすごい理由 メンタリストDaiGoさんの生放送動画は基本的に2部構成で、前半が無料枠、後半が会員限定の有料枠です。 無料枠は同時配信しているYouTubeでも視聴できます。 ぶっちゃけ無料枠も有料枠も、同じくらい内容が濃くボリューミーです。 まずはYouTubeチャンネルで過去の無料動画をチェックしてみるといいかもしれません。 しかし、タイムシフトって期間が決まっていて、7日経つと完全に見られなくなるんですよね…。 なんとなくダラダラ過ごすのがよくないっていうのは分かりますが、じゃあどうするとやる気が起こるようになるのか?が分かりやすく解説されています! メンタリストDaiGoのニコニコ動画で人生ちょっとプラスになった 今回はメンタリストDaiGoさんのニコニコ動画について紹介しました! 最初にちょっぴり強調したのですが、これだけの有料会員数を誇るニコニコ動画チャンネルはDaiGoさんにとって 単なる趣味です。 DaiGoさんは人生の目的を「知識の最大化」と掲げていて、ニコニコ動画はある意味、話すことで得た知識を自分に定着させる、という意図があるのかもしれません。 著作に「『好き』を『お金』に変える心理学」があり、まさにDaiGoさん自身が好きなことをマネタイズした成功者なのだろうなと感じています。 勘違いしないでほしいのは、 「動画を見れば自分も成功できる!」ではありません。 DaiGoさんの好きが「本を読む(=知識を得る)」ことであり、そのマネタイズが「知識の共有」です。 月額540円が安く感じるくらい、人生をちょっぴりプラスにする知識がたっぷり詰まっている「」。 気になる動画がひとつでもあれば、ぜひ無料枠からチェックしてみてください。

次の