47 歳 生理 が 来 ない。 更年期の疑問 これって妊娠? それとも閉経?

48歳で閉経は普通? つらくなる前に知っておきたい更年期への心構え

47 歳 生理 が 来 ない

生理が遅れていいのは何日まで? 生理がこないと不安になる方の中に、どの範囲なら正常か知らない場合があります。 生理周期は28日くらいだと、何となく知っていてもどれくらい日数が経過すると以上になるのかがわかりません。 基本的に、正常と言われている生理周期の日数は、25日~38日です。 この範囲内なら、多少日数に変化があったとしても心配しすぎる必要はないでしょう。 ただ、前の生理から39日以上生理がこない場合は、何かしらの原因が関係していることが考えられます。 生理がこない原因 生理予定日を過ぎてもなかなか生理がこない場合、どんな原因が影響しているのでしょうか。 生理がこない原因としてあげられるのが、妊娠、生理不順、ホルモンバランス、ダイエット、肥満、薬の副作用、病気、閉経などが考えられます。 それぞれ生理がこないメカニズムが異なりますので、詳しく見ていきましょう。 妊娠が影響している原因での遅れ 生理がこない場合、妊娠している可能性があります。 妊娠すると、排卵がストップするため生理が発生しなくなるからです。 生理予定日を過ぎてもなかなか生理がこない場合で、妊娠の可能性が考えらえる方は、一度調べてみると良いでしょう。 妊娠検査薬は、生理予定日を7日以上過ぎてから使用することができます。 もっと早く知りたいという方は、基礎体温で調べてみるのも良いでしょう。 基礎体温が高い状態が続いている状態であるなら、妊娠している可能性は極めて高いと言えます。 日頃から基礎体温を測っておこう 生理がこない場合、いつ来るのだろうと不安になってしまいがちです。 妊娠の可能性をより早く知りたい場合は、基礎体温でチェックするのがオススメです。 日頃から基礎体温をしっかり測っておけば、妊娠の可能性だけでなく次の生理がいつごろ発生するかも予測しやすくなるでしょう。 女性の身体は、低温期と高温期に分けられていますが、生理が終わってからしばらくの間は低温期が続きます。 そして、低温期の終盤に一段階体温が下がり、そのタイミングで排卵が起きて高温期に切り替わります。 排卵が起きてからしばらくの間は高温期が続きますが、緩やかに体温は下がっていき、生理直前に一段回体温が下がり、生理が始まります。 基礎体温を測っておけば、排卵のタイミングも生理のタイミングも事前に予測しやすくなりますし、ちょっとした体調の変化も把握しやすくなるでしょう。 基礎体温の測り方 生理がこない場合、基礎体温をチェックすることで妊娠しているかどうかや、体温の変化で次の生理を予測することができます。 基礎体温は、通常の体温計の測り方と異なり、厳密なルールによって計測されているのでご紹介しておきましょう。 まず、基礎体温を測るのは朝目が覚めたときに統一します。 目が覚めたら身体を起こさずに、枕元にある体温計を舌の下に挟みましょう。 舌の下で計測することで、安定した基礎体温を計測することができます。 計測が終わったら、体温と共に身体の調子や気分を書き記していけばOKです。 できるだけ同じ時間に計測するのが望ましいので、できるだけ同じ時間に目覚める習慣を身に着けていきましょう。 出産の影響 産後の遅れ 出産後は、母乳を作ったり子宮を収縮させるプロラクチンやオキシトシンなどのホルモン分泌が優先されます。 生理のシステムに必要なエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは後回しにされてしまうため、出産後8ヶ月くらいで生理が再開される事が多いのですが、最初からミルク育児の場合は優先されるホルモンが必要とされずにどんどん減少してしまいます。 代わりに後回しになっていたエストロゲンやプロゲステロンが分泌されるようになるため、ミルク育児の方は産後2ヶ月で生理が再開される事も多いです。 生理不順が原因の遅れ 生理がこない場合、生理不順が原因となっている可能性があります。 実は、生理不順は誰にでも起きやすいことなので、生理が遅れるほとんどの原因が生理不順だと言えるでしょう。 生理不順が起きるのは、さまざまな影響が関係しているからです。 少し生活リズムが乱れるだけでも簡単に生理不順は起きますし、ストレスを強く感じることでも簡単に生理は来なくなります。 女性の身体は非常にデリケートにできているので、ちょっとしたことで生理不順になってしまうのです。 生理不順にならないために 生理がこない場合、生理不順が原因となっている可能性があるため、そうならないよう予防するのが大切です。 生理不順はちょっとした影響ですぐに引き起こされてしまうものですから、日頃から心身ともに健康で過ごすことが重要です。 質の良い睡眠をとること 例えば、夜寝る時間をきちんと確保するようにしましょう。 いつも夜中まで起きて作業をしてしまうという方は、夜寝る時間を早め、朝起きてから用事を済ますようにします。 夜の22時~2時までの時間帯に睡眠を取り、安静にしていると身体の調子が安定しやすくなるからです。 同じ睡眠時間でも、質が大きく異なってくるため、できるだけ早めに寝て早く起きる習慣に切り替えていきましょう。 食生活を見直そう 生理がこない場合、生理不順が原因となっている可能性がありますが、生理不順は食生活の乱れでも簡単に引き起こされてしまいます。 例えば、朝食べないでお昼は菓子パンくらい、夜も遅くてついついコッテリとした夜食を食べてしまうという方は要注意と言えます。 身体に必要な栄養が不足してしまうと、身体のあちこちの機能が滞りやすくなるからです。 胃腸が疲労したり便秘になったりするだけでなく、卵子の成長に影響が出て排卵が遅れたり、生理がこなかったりすることが増えてくるでしょう。 身体に必要な栄養素はたくさんありますが、特にビタミンやミネラルは身体で生成できないものですから、食事から摂取する必要があります。 コッテリとした食事ばかり続けていたり、朝は食べなかったりするなど偏食しがちな習慣が続くと、生理がこなくなり、赤ちゃんが授かりにくい体質に変わっていってしまうので、できるだけ健康的な食生活を心掛けるようにしましょう。 ストレス緩和が大切 生理がこない場合、ストレスにより生理不順が起きている可能性があります。 労働時間が長く責任も重い仕事をしていると、ストレスはどんどんたまっていってしまうでしょう。 また、人間関係に悩んでいて他のことに集中できなくなることもあります。 家事に嫌気を感じたり、育児に悩んだりすることもストレスに繋がります。 人の身体はストレスを強く感じると、自律神経などさまざまな機能が乱れてしまい、女性ホルモンの分泌が乱れてしまため、生理がこない場合が増えるようになってきます。 ストレスは百害あって一利なしなので、できるだけストレスを発散できるようにしておきましょう。 身体を動かして汗をかいたり、カラオケで思いっきり歌ったり、好きな映画に集中したりするのもオススメです。 ストレスは誰でも感じているものだからと安易に流さず、自分の心と身体を大切にしてあげるようにしてください。 ホルモンバランスの乱れ生理不順 生理がこない場合、生理不順になっている可能性がありますが、ホルモンバランスの乱れによっても生理不順は引き起こされます。 生活習慣やストレスなどもホルモンバランスを乱す原因ですが、ホルモンバランスを管轄している部分に異常が起きていることもあるでしょう。 正しい指令を送れなかったり、信号を受け止められない部分があったりすると、ホルモンバランスは急激に乱れ、生理を促すホルモンの分泌が減少してしまいます。 規則正しい生活をしていても、ホルモンバランスが正常に戻らない場合は、生理がこないこともあるので一度病院に診てもらうようにしましょう。 生理に関係するホルモン 生理がこない場合、ホルモンバランスが乱れたことにより生理周期も乱れている可能性があります。 生理が起きるのは、女性ホルモンの影響があるからです。 女性ホルモンは卵子を育てて排卵し、子宮内部で環境づくりをして卵子を育てる準備をしていますが、毎回新しい卵子に合わせて準備を進めるため、卵子が受精しなかったり着床しなかったりした場合は、全て一掃されてしまいます。 この全て一掃する状態が生理なのです。 子宮内部にある組織を身体の外に押し出すことで、環境を整え次の排卵や妊娠に向けて準備を進めていきます。 過激なダイエット、急激な体重減少が原因の遅れ ダイエットをした事がない方はほとんどいませんが、やり方によっては生理がこなくなってしまうケースがあります。 急に食事の回数や量を減らすダイエットを始めると、今までのように栄養が体内に入ってこないために脳が飢餓状態と判断して生き延びるための機能以外を止めてしまいます。 毎月血液を失う生理は、飢餓状態になった場合最初にストップする類の機能と言えるでしょう。 元々の体重によって異なりますが、大体1ヶ月に10kg減らしてしまうような過激なダイエットだと、生理が止まる可能性が高くなります。 また、BMI値が17以下の方も同様の可能性が高いので、一度計算してみましょう。 肥満や急激な体重増加が原因での遅れ BMI値が17以下だと無月経の可能性が高くなりますが、BMI値が28以上の方も生理が遅れたり排卵障害を引き起こす可能性が高くなります。 生理システムに必要なエストロゲンは実は脂肪細胞からも分泌されているので、脂肪が多い分ホルモンバランスが崩れ、卵巣から分泌されるエストロゲンが減ってしまい生理不順へとつながります。 ダイエット後のリバウンドや産後など太りやすい状態の時などは注意が必要です。 薬の副作用が原因の遅れ 市販の風邪薬を飲んだら生理が遅れたという話は多いですが、実際に副作用として月経異常の記載がある風邪薬もいくつかあります。 また、風邪薬の副作用だけでなく風邪による体調不良も合わさって、生理の遅れを引き起こしている事が考えられます。 風邪薬の他に、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などにも生理不順や月経異常の副作用が見られます。 花粉症やアレルギー性じんましんのある方で生理の遅れに悩んでいる場合は、一度担当医師に相談して薬を変えて見るのもよいでしょう。 また、アレルギーのみでなく体全体の調子を整える漢方も、生理周期を整えるのに役立ちます。 一度試してみるのもよいかもしれません。 病気が原因の遅れ 生理がこない場合、病気が影響している可能性があります。 生理に関係する子宮周辺の組織に異常があると、生理がこないことがあるからです。 子宮の機能そのものがストップしてしまう病気や、子宮の入り口近くで発生する病気など、さまざまな病気が関係している可能性があるので、一度検査してみると良いでしょう。 早めに病気の有無を確認しておくことで、万が一発見した場合もすぐに治療を始めることができます。 治療の開始が遅れると、治療した部分の回復が遅れるだけでなく不妊の原因となったり場合によっては摘出手術が必要になったりすることもあるので、早めの対処が重要と言えます。 各自治体で子宮の定期検診が行われているので、問い合わせてみると良いでしょう。 閉経が原因の遅れ 生理がこない場合、閉経が近づいている可能性があります。 閉経とは卵子が排卵されなくなり、生理も起きなくなるということで、40代~50代の女性が経験するものです。 ただ、近年閉経が早まる傾向が多くなってきており、早い方だと30代から閉経の準備に入る場合もあります。 閉経が近づいている場合、生理周期は大きく乱れていき、生理がこない場合が増えていくため、40代以降の女性にとっては「もしかしたら閉経かも?」という考えが頭によぎりやすくなります。 もし1年以上生理がこない状態が続けば、閉経している可能性が高いと言えるでしょう。 何日から心配するべきか 生理がこない場合でも、生理周期が38日以内なら心配しすぎる必要はありません。 生理がこない日が続き、前の生理から39日以上経っても生理がこない場合は、病気やホルモン異常の可能性を考えるべきですが、2ヶ月~3ヶ月ほどで正常な範囲内に回復すれば、大丈夫です。 ただ、ずっと生理不順の状態が続き、生理がこない月が増えていく場合は注意が必要です。 40代以降なら閉経の可能性もありますが、20代や30代なら、病気が関係している可能性があります。 生理周期が正常な範囲内できていたとしても、いつもの生理とは様子が違ったり、生理痛がひどすぎたりする場合は、必ず病院でチェックしてもらうようにしましょう。 こない不安を感じすぎない 生理が何日もこない場合が続くと、病気では?妊娠かも?とさまざまな不安が湧きあがってきます。 しかし、あまりに不安になりすぎて生理がこない原因を気にしすぎてしまうと、それがストレスになって余計に生理がこない日が長くなってしまうこともありますので注意が必要です。 生理がこない場合でも、「しばらくしたらまた始まるだろう」くらいに考えておくようにしましょう。 いつも同じものを食べ、同じ人と同じコミュニケーションを取るというわけではありませんから、目まぐるしく変わる日々の影響を受けて生理がこないなんてことは誰にでも起こりうることです。 最初は珍しいことだからと不安も増幅しがちですが、生理不順は誰にでも起きるものだと理解できれば、余計な不安は感じにくくなることでしょう。 悩んだ時は気分転換 生理がこない場合、何が原因だと悶々考えていると余計にストレスがかかって生理はこなくなります。 そうならないためにも、生理がこないと感じたら気分転換を行うようにしましょう。 好きな雑誌や漫画を読んだり、映画やテレビドラマに集中したりすることで、生理がこない不安から切り替え、生理がこない事実を客観視していくことが大切です。 ひとりで不安を抱え込まず、周囲の友人、知人や専門家に相談することで心も体も和らげていくので、実践してみてください。 まとめ 生理がこない場合の原因や解決方法について幅広くご紹介しました。 女性の身体はデリケートなので、ちょっとした生活習慣の乱れや、ストレスから生理不順は発生しやすくなります。 また、妊娠や病気、閉経の可能性もあるので別の原因も考えていくと良いでしょう。 いずれにしても、生理がこない場合が続くようなら、病院で診てもらうようにしてください。 きちんと原因を特定してもらうことで、生理がこないのは何故?という不安を払拭することができるでしょう。 生理がこない原因を見つめ、ひとつひとつクリアしていくことで、生理がこない不安を取り除いていってください。

次の

46歳 月経が2か月以上ない : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

47 歳 生理 が 来 ない

47歳の主婦です。 先日、心当たりがあり、妊娠?と相談しましたが、 相変わらず生理は来ません。 ただ、妊娠判定薬を何度か試しましたが陰性でした。 そんなわけで、たぶん妊娠ではなく、更年期の症状が出てきて、生理が不順になってきたんだと思います。 突然まったくなくなる・・・ということもありますか? 前回の生理が8月末だったので、40日ぐらい来ていません。 26から28日周期でした。 それまでは、かなり順調に来ていました。 そこで質問ですが、更年期かな・・と思った時(他には何の症状もありません。 生理が遅れているだけです。 ) すぐに婦人科にかかるものですか?初めての経験なので、どのようなタイミングで婦人科にかかるものなのか教えていただけるとありがたいです。 こんばんは。 私も47歳の主婦で、多分更年期まっただ中です。 私の場合は4~5年前から症状が出始めました。 やはり最初は妊娠?と焦って病院に行ったのですが、妊娠はしていなくて 年齢的に更年期には早いでしょうから、と生理のくる注射を打たれました。 でもその後から来たり来なかったりの不順状態に突入しました。 その時の症状は生理不順だけでしたので、特に病院には行きませんでした。 生理ないのは楽でしたし(笑) そして去年あたりから「ほてり』(ホットフラッシュ)の症状が始まりました。 夜中寝ていても暑くて何度も目が覚めて、けっこうきつかったです。 さすがに病院に行こうかと思っていたところ、知人に『命の母A』を勧められ 一瓶のみ終わる頃、ようやく症状が落ち着き始め、今に至ってます。 生理の関しては今年になってから一回きたきりです。 よく言われるイライラ感や落ち込み気分等は特にありません。 病院にかかる・かからないは人それぞれですが、 私だったら、規則的に病院にかかっているなら、生活するに困る症状が出てくるまで 特に行かない気がします(笑) 今は症状が生理不順だけでも、後から出てくる場合もあるでしょうから お大事になさってくださいね。 補足よみました。 定期的に婦人科にはかかられているので大病の心配はなさそうですね。 生理が遅れているだけのことですが、やはり気になりますよね。 2 近くの婦人科に行き、現在、総合病院にかかっている旨も説明する。 どちらかの方法にするかと思います。 生理が遅れているなら生理がくる注射をするかもしれないし、それはホルモンにかかわる=筋腫に影響するかもしれない?のでかかりつけ、もしくは経過をきちんと説明した上での処置が安心かなと思います。 近くの婦人科からだとゼロからのスタートで、血液などの検査もするとしたら二度手間になってしまうかもしれないし?いずれにしても質問者さまのやり易いのがいいと思います。 お大事になさってください! 再びご丁寧な回答に感謝いたします。 あと10日ほど待って生理が来なかったら、総合病院か近くの婦人科に行ってこようと思います。 大変わかりやすい説明でした。 その通りだと思います。 たぶん総合病院は、電話をしてもみていただけるの が何カ月かさきになってしまうので、 近くの婦人科に総合病院での経過を説明しつつ行ってきたいと思います。 近くの婦人科には、乳がん検診でお世話になっています。 総合病院に通院していることも 話してあります。 生理が来ないということは、ほっておいていいということではないのですね。 なんだか安心しました。 そんなことで受診?と思われたら・・と二の足を踏んでいたので。 ありがとうございました。 それにしても・・・突然来ないなんて・・・・そんなことあるんですかね。 こんにちは!45才主婦です。 婦人科の受診のタイミングは…私は自分で行こうと思った時でした。 それは8年ぶりでした。 特に気になる症状が無かったし婦人科って敬遠してしまって。 でも昨年久しぶりに受診したら子宮筋腫が見つかり、経過観察もできず手術しました~その時、お医者様に聞いたのですが、更年期にむけての生理は間隔があき、量が減ってくるそうです。 お友達も間隔があいていつ来るかわからないと言っていました。 なので質問者さまの症状は急がなくても大丈夫と感じますが、様子みて、年内には受診されるほうが安心ですね。 NO1回答者さまのおっしゃるように基礎体温もつけていたら持参するといいですね。 前回の生理の期間も問診票に書く欄があると思いますのでお忘れなく。 気になる症状がなくても定期的な検診は必要だと実感しました! Q 46歳です。 約2か月来ていないことになります。 先日婦人科で、生理不順の診察を受けたところ、 「更年期によるものです。 生理が来ないのは女性ホルモンが出ていないからで、 ホルモン剤を投与すれば生理はすぐ再開するが、やりますか?」 と言われました。 血液検査も何もせず、少し症状を聞いただけで「更年期」と断定し、 「ホルモン投与する」と、たたみかけるような話し方をする医者の態度が嫌で、 「とりあえず血液検査をしてください」 「ホルモン剤の治療はその結果を見てからお願いしたい」と告げてその日は帰宅しました。 そこで質問なのですが、 ホルモン剤のメリットとデメリットがあれば教えてください。 このまま放置しておくと、ぱったり閉経ってなことにでもならないかと不安です。 ホルモン剤で無理やりにでも生理を再開させた方が良いのでしょうか? それとも放置しておいても適当に再開することもありますか? よろしくお願いいたします。 46歳です。 約2か月来ていないことになります。 先日婦人科で、生理不順の診察を受けたところ、 「更年期によるものです。 生理が来ないのは女性ホルモンが出ていないからで、 ホルモン剤を投与すれば生理はすぐ再開するが、やりますか?」 と言われました。 血液検査も何もせず、少し症状を聞いただけで「更年期」と断定し、 「ホルモン投与する」と、たたみかけるよう... A ベストアンサー こんにちは。 45歳、卵巣年齢30代の女です。 私の先輩女性は48歳ですが、毎月きています。 まだまだがんばれる年齢ですから、どうか弱気にならないでください。 まず、自覚症状に「顔がほてる、変な汗が出る、心臓がどきどきする」はありますか? これらがあれば、プレ更年期だろうと想像できますが、あくまで推測です。 次に、血液検査もしてないのに更年期と決めつける医師は、おかしいです。 FSHをご存じですか?更年期を示すホルモンで、値としては、40代では10以上になり、更年期には40~100くらいまで、髙くなります。 血液検査もせず更年期という医師は私なら通いません。 私の主治医の先生がおっしゃるには、確かに40代を過ぎると、若いころよりもちょっとしたストレス(家族、仕事など思い当たることはありませんか?)で、月経がずれやすくなりますが、基礎体温をつけてみて、高温と低温の二相性になっていれば、まだ更年期とはいえません。 私の場合、低温と高温にグラフが二相性であり、かつほとんど毎月来ているのに、突然40日とか50日とかになることがあり「まさか、更年期ですか?」と聞いたら、「ちがいます。 確かに年齢的なものはありますが、更年期ではありません。 」とはっきり言われました。 FSHが8しかなく、変な汗も顔のほてりもなく、これといった症状がないからです。 また、排卵がしっかりあり、卵巣映像もきれいだし、子宮内膜がつくられており、排卵期特有のおりものが出るため、そのように言われました。 また、私の主治医がおっしゃるのは「40日、50日と月経が来ないなら、薬でこさせて、自然にまかせないでください。 自然にまかせると、子宮がさぼるようになり、そのまま本当にこなくなってしまいます。 年に1~2回、月経がこないことがありますが、まだまだがんばってほしいから、来させるようにしましょう」という治療方針でした。 また、「痩せすぎのせいで来ないとも考えられるので、あと4kg太ってください。 あなたの場合、思春期の拒食症の女の子と症状が似ています」と言われました。 太ることで、排卵を来させましょう、と励まされました。 相談者さまは、やせすぎてはいませんか?この数か月以内に無理なダイエットをなさいませんでしたか? 医師選びですが 1.きちんと多方面の検査をしてくれること。 (画像診断、血液検査、基礎体温、子宮体がん、頸がんなど) 2.患者が仮に更年期であるとしても、余計な不安を与えないこと。 更年期の乗り越え方を教えてくれる医師。 3.治療方針が明確で、説明がきちんとなされていること。 以上を参考になさって、ご近所や知り合いのかたに、いい婦人科をお聞きになり、病院を変え、治療なさるようにするとよいと思います。 ところで、このところ、更年期の治療薬(HRT療法)があり、骨粗鬆症やガンの不安もありますが、更年期特有の不安感、だるさなどを緩和してくれるそうなので、もし自分が更年期に入ったら、是非受けたいと思っています。 その前に、まず、相談者さまは、更年期とは思えません。 たまたま、何かのストレスで、排卵がとんでしまい、月経が来ないか何かが原因で、月経が止まっている状態ですので、このまま放置せず、治療を受けてください。 私はプラノバールという薬で治療をしています。 是非、元気を出して、なるべく更年期を先伸ばしする努力をしましょう。 こんにちは。 45歳、卵巣年齢30代の女です。 私の先輩女性は48歳ですが、毎月きています。 まだまだがんばれる年齢ですから、どうか弱気にならないでください。 まず、自覚症状に「顔がほてる、変な汗が出る、心臓がどきどきする」はありますか? これらがあれば、プレ更年期だろうと想像できますが、あくまで推測です。 次に、血液検査もしてないのに更年期と決めつける医師は、おかしいです。 FSHをご存じですか?更年期を示すホルモンで、値としては、40代では10以上になり、更年期には40~1... Q 初めまして。 よろしくお願します。 11月20日が最終月経です。 コンドームで避妊して、はずれ、破れはなかったです。 生理周期は大体24日から28日ぐらいです。 なので12月15日くらいに生理来るかと思いましたが、まだきておりません。 5年ほどレスで久々のことで、無知な学生のようで申し訳ありません。 43歳という年齢、避妊してたので、妊娠の確率は少ないと思うのは、無知でしょうか? 14年前に不妊治療にて一年目にて帝王切開にて一人産んでおります。 子宮筋腫2cmをもっております。 場所は、子宮の内側です。 今は小さいのと子宮の大きさも正常なので経過観察中です。 出産後毎年健診していて、去年みつかりました。 帝王切開あり、筋腫持ちといううこと、43歳という年齢で、妊娠が怖いです。 妊娠の可能性はあるでしょうか? もし、妊娠していたら、出産するのは可能でしょうか? 第一子も今も同じ主人です。 主人はのんきに喜んでます。 A ベストアンサー 年齢的に閉経に近づいている可能性も考えられると思います。 私は40歳を超えたあたりからそれまで判で押したように正確に来ていた生理が異常に少なくなったり数か月も来なかったりという状態を繰り返し数年たった今では年に2回ほどしか通常の生理は来ず、オリモノシートで十分間に合う程度のものが2~3か月に1回来る感じになっています。 私の場合徐々にではなく突然だったので覚えもないのに妊娠かと焦りましたが、半年ほどして閉経検査に行ったところ閉経に向かっていると診断されました。 ただ妊娠の可能性も0%ではないかと思いますので休み明け受信されたほうがいいと思いますよ。 友人は42歳初産、子宮筋腫ありで帝王切開にて出産しました。 筋腫をうまく避けて子供が成長してくれたそうです。 出産時は子供の頭と同じくらいまで筋腫が育ってしまったそうですが閉経すれば小さくなるからと言われたそうでそのまま放置しているそうです。 妊娠しているいない、出産可能不可能は受信しないと誰もわからないし無責任なことは言えません。 不安な時間を過ごしているとは思いますが悩んでも恐れても結果は同じですから休み明けまでこれまでどおりに過ごされてはいかがでしょう。 休日でも見てくれるところあると思いますので調べて明日受診されてみれば安心できるかもしれませんね。 年齢的に閉経に近づいている可能性も考えられると思います。 私は40歳を超えたあたりからそれまで判で押したように正確に来ていた生理が異常に少なくなったり数か月も来なかったりという状態を繰り返し数年たった今では年に2回ほどしか通常の生理は来ず、オリモノシートで十分間に合う程度のものが2~3か月に1回来る感じになっています。 私の場合徐々にではなく突然だったので覚えもないのに妊娠かと焦りましたが、半年ほどして閉経検査に行ったところ閉経に向かっていると診断されました。 ただ妊娠の可能... A ベストアンサー こんばんは。 >もうほぼ妊娠の可能性はないと思ってよろしいでしょうか? ほぼですね。 ほぼない、ということであって可能性はありますよ。 妊娠だけなら47歳で4か月間で2回あります。 (化学的流産) >そもそも月経するにもかかわらず高齢だと妊娠しない(かなりしづらい)のはなぜでしょうか? 卵子の質です。 妊娠はできても継続が難しいのです。 ほとんどが継続するにふさわしくない卵子ですが、 月経がある以上はすべてが継続しない卵子だとは限りません。 45歳で自然妊娠46歳で出産いたしましたが、 全く持って妊娠経過も順調、産まれてきた子も健常者、健康優良児です。 47歳でご出産の方も健康優良児です。 1か月20回くらい膣内射精をされていても、排卵日の前前夜か前夜が抜けていれば、妊娠はできません。 妊娠ご希望なのか、妊娠させたくないのか判りませんが、妊娠継続の可能性はわずかはありますよ。 Q これは、ネタではなく真面目な話です。 妻の排卵日、もしくはその翌日と予想される日に、膣内にがまん汁を出しました。 妻は45歳。 一昨年出産しています。 5回目のチャレンジで命中しました。 その前は38歳の時で、2度目のチャレンジで命中しました。 さて、今回の妊娠の確率はどうなんでしょうか。 夫婦だから、かりに妊娠しても不道徳とはいえないし、 年齢的に自然妊娠は確率的に低かろうという気持ちから、コンドームはいつもしません。 そして夫婦の営みは、危険日以外は膣内射精でありたいと思っているので、 いつも避妊せず、危険日だけは外出しをしています。 今回は、がまん汁の量が少し多いように妻に言われ、不安になりました。 率直に言って、年齢的なことから、こどもはもう打ち止めでいいと思っています。 妊娠しないためには、早急に処置が必要ですが、 確率の低いことに対して、薬物投与は避けたいという気持ちがあります。 みなさんならどうしますか。 A ベストアンサー 医師です。 緊急避妊薬の使用の是非に関しては、妊娠の可能性もさることながら、「どれぐらい妊娠を望まないか」、「どれぐらい人工中絶を望まないか」にあると思います。 1 妊娠の可能性についてですが、 医学的には一般的に否定的と捉えられている「膣外射精法」はある程度の避妊効果があるとされており、行わないよりも妊娠率を下げるでしょう。 勿論、他のコンドーム法等と比べるとはるかに低いですが。 普段よりそれを行っているが、今回は「ガマン汁が多いと指摘された」のが不安なのですね? ガマン汁 一般的にはカウパー腺液 には微量ながら精子が含まれていると言われていますが、ガマン汁の量の多さと精子の量の多さは比例しない 濃度が不定であるので 、ガマン汁が多い事が妊娠率を上げているとは考えにくいです。 また、質問者様の精子の濃度のデータもありませんのではっきりとはわかりませんが、一般的には年齢と共に薄くなっていきます。 しかし、排卵日付近の性行為は妊娠率をあげます。 結論としては、何%と具体的な数字は言えません。 この手の研究は統計をとるのが難しく、あまりされておらず、今回が何%と分かればいいのですが、はっきりとはしないでしょう。 しかし、妊娠率を下げる要素もあり、一般的な排卵日の性交よりはある程度低いと予想されます。 2 次にどれぐらい妊娠を望まないか ですが、これは個人個人で異なるため、何とも言えません。 3 最後に人工妊娠中絶をどれぐらい望まないかですが、 実際、40代女性の人工妊娠中絶は比較的多いです。 高齢出産の場合、卵管結紮など永久的避妊法を勧めている施設もあるのですが、全てではありません。 質問者様のようなケースで手術に望まれる方はやはり見られます。 勿論、出産される方も多いですが。 今後の妊娠を考えていない場合、人工妊娠中絶は比較的合併症の少ない手術であると言えますが、当然様出血や感染など一般的な合併症を起こす可能性は残ります。 現時点での方法としては、緊急避妊薬の投与か、投与せずもし妊娠していたら中絶の二択であると思います。 母体に問題が少ないのは当然、緊急避妊薬です。 かかる費用は薬は300円ぐらいから6000円ぐらい 保険がきかないので で、中絶は10万円~20万円といったところでしょうか。 しかし、緊急避妊薬は原因とされる性交より72時間以内でないと効果がないとされています。 以上のことよりお選びください。 最終的な決定はしっかりご相談くださいね。 ちなみに、僕なら内服してもらいます。 医師です。 緊急避妊薬の使用の是非に関しては、妊娠の可能性もさることながら、「どれぐらい妊娠を望まないか」、「どれぐらい人工中絶を望まないか」にあると思います。 1 妊娠の可能性についてですが、 医学的には一般的に否定的と捉えられている「膣外射精法」はある程度の避妊効果があるとされており、行わないよりも妊娠率を下げるでしょう。 勿論、他のコンドーム法等と比べるとはるかに低いですが。 普段よりそれを行っているが、今回は「ガマン汁が多いと指摘された」のが不安なのですね? ガマン汁... A ベストアンサー こんにちは。 以前のご質問にもお答えした者です。 100人中2、3人程度。 これは「臨床的妊娠」=妊娠反応が出るのみならずエコーで胎嚢が確認できるに至る割合です。 banyu. cgi? ですがそれは30歳以下の出産数が一番多いからですね。 「比率」にすると私の回答のようになります。 高齢になると成熟度が低い卵子が排卵されることで受精率が下がりますが、排卵誘発剤はそれを改善します。 また、むやみに強い誘発をすると、卵巣機能を早く衰えさせることになり閉経が早まる可能性もありますので、高齢者の不妊治療に実績のある優秀な不妊治療医に任せなければいけません。 なにか悲観的なことばかり書きましたが、残念ながら事実なんですよ。 ですけれど、45歳以上であっても健康な赤ちゃんを出産されている女性は極少数でもいらっしゃいます(その方達が「欲しくて作った」のか「出来てしまった」のかで意識は大きく違うでしょうけれど...)。 このような事実を承知の上で、それでもあえて挑戦したいと仰るなら心から応援したいと私は思いますよ。 以前のご質問にもお答えした者です。 100人中2、3人程度。 これは「臨床的妊娠」=妊娠反応が出るのみならずエコーで胎嚢が確認できるに至る割合です。 また、流産を免れ出産に至ったとして、ダウン症児の出生率は出産時の... Q 毎月1カ月ちょいで生理がありました。 ただここ2~3カ月ちょっと早く来過ぎてたのは、あったそうです。 もう今月は、ひと月たつからな…お腹も張って腰も痛く、胸も張っていてお腹もドーンとしている感じだそうです。 なかなか生理がこないので、毎日イライラしているそうです。 、不安定な気持ちのまま過ごしてる状態。 妊娠検査薬って、薬局で、今検査しても反応出ないのですか?どのくらい遅れてたら、検査すればおおのでうか?もし妊娠してたら、生理のなかった次の月から、どれくらいでどんな風に、身体の変化があるか?とりあえず、検査薬は、いつ頃使えばいいか? 分りますか? ちなみに今まで妊娠したことは有りません。 最近色々あってストレスも溜まっているそうです。 昨年にはインフルエンザにもかかり 免疫力の低下があると医師に診断されたそうです。 A ベストアンサー 40代半ばでしたら閉経に差し掛かっているのでしょうね。 一気に閉経するのではなく、だんだんリズムがおかしくなって 生理がきたりこなかったりを繰り返して閉経する人もいます。 というか、そのパターンが多いようです。 なぜ生理がこないことにイライラしているのでしょう? 性交があり、妊娠を疑っているからでしょうか。 もし妊娠の可能性がない 性交が無かった のなら、 そのイライラは更年期から来る症状かもしれませんね。 検査薬ですが、生理予定日1週間後から結果が分かる精度になっています。 性交3週間後からです。 ご心配なら妊娠、閉経、更年期をすべて診てくれる婦人科を受診するのが一番でしょう。 会社の先輩の悩みを相談するなんて、お優しいんですね。 Q 46歳未婚女性です。 2月から生理がないです。 また腹痛がします。 しくしく、、よく下痢になります。 痛み止めを飲むほどではないですが毎日軽い下痢の腹痛のような感じがしていて腰もややだるい です。 ただ激痛でもないのでそのままにしてます。 ただ、2月に性交渉があったのですが、まさか妊娠の可能性は低いですよね? 1度のみで膣外射精です。 自分の感覚ではないと 思ってます。 年齢も年齢ですし その時45ですぐ46に その前の10月に生理が遅れたときに婦人科にいったら たまに遅れて婦人科にいきホルモン剤で生理またきたりでした 卵巣も小 さ目だし「卒業」に向かってるので、妊娠希望なら不妊外来を紹介しますと言われ 採血と内診結果で でも独身なのでどうしていいかわからず、結局その時薬で生理きたのです が、 また結局その2月からきていません。。 セックスはしましたがそんな感じですし、卒業に向かってるとリアルな数字で(採血の)言われてたので、もしかしてもう年齢的に遅れを繰り返し 閉経するのかと思うとちょっとショックもあり病院にはいってません。 ちなみにおととし子宮筋腫の核出手術をしています。 41くらいからたまに生理が遅れ薬飲んだりして生理こさせたり、薬飲まなくても生理来たりの半々でした。 ただ2月にHしたときに久々なせいかと思いましたが少し痛かったこと、また現在腹痛、生理がないことが気になっています。 妊娠、病気、閉経、いろいろ頭をまわりますが、妊娠はさすがにもう8月になるし体でわかると思いますし・・・可能性的にも相当低いと思うのでないとは思ってますが、調べたわけではないのでわかりません。 でもだったらもう普通わかりますよね? なんとなく10月の採血や内診で卒業が近いと言われてたので、また生理が遅れたけど、はっきり閉経の 確認をするのも切なく放置していま7月です。 今までは二か月くらい生理ないと病院にいってましたが・・・ でも腹痛が毎日微妙になるので気になってて・・・・閉経前頃腹痛とかないですよね? 先輩方どうでしたか? 毎日軽い下痢のような腹痛がしています。 実際下痢でもあったりします。 が数年前に過敏性腸症候群にもなったりでどっちかというと便秘より下痢のほうがよくなるので・・・ 検診は毎年してて昨年しましたが今年はまだです。 仕事は忙しいフルタイムのデスクワークです。 宜しくお願いします。 46歳未婚女性です。 2月から生理がないです。 また腹痛がします。 しくしく、、よく下痢になります。 痛み止めを飲むほどではないですが毎日軽い下痢の腹痛のような感じがしていて腰もややだるい です。 ただ激痛でもないのでそのままにしてます。 ただ、2月に性交渉があったのですが、まさか妊娠の可能性は低いですよね? 1度のみで膣外射精です。 自分の感覚ではないと 思ってます。 年齢も年齢ですし その時45ですぐ46に その前の10月に生理が遅れたときに婦人科にいったら たまに遅れて婦人科にいきホルモン剤で生理... Q 49歳です。 初めての妊娠出産は可能でしょうか。 私は49歳になったばかりです。 昨年、48歳で再婚しました。 夫は48歳です。 私は20歳の時に、ネフローゼ症候群で1年半以上入院しました。 入院した時は重症で生死の境をさまよいましたが、退院し長い年月をかけて健康な人に近い日常生活をおくれるようになりました。 原因不明の体調不良に悩まされた日々は何十年もありました。 20代で結婚しましたが、性格の不一致で離婚。 その後も子どもをもうける機会はありませんでした。 2年前に子宮頸部の細胞異常が発覚しガンになる可能性が高いという診断があり、妊娠出産が可能な円錐切除術の説明を受け、手術を受けました。 術後の経過は良好です。 いつか子どもを欲しいと思っていたのですが、様々なことで気持ちに整理がつかず体調もすぐれず、子どもをつくる環境も持てませんでした。 昨年48歳で結婚し、私を理解してくれる夫・48歳と一緒に現実に子どもを欲しいと思っています。 1ヶ月近く生理が来なかったので総合病院の婦人科に行って来ました。 妊娠の検査を希望したところ、看護師に呼ばれ、「年齢も年齢だから、尿検査は破棄、閉経の相談を医師にしてください。 」と言われ愕然としました。 診察室で医師に「俺が看護師に支持した。 」「これはもう閉経だろ。 妊娠なんて無理無理。 もう子宮に力が無いだろ。 」と言われ打ちのめされました。 この医師は、私の円錐切除術の執刀医です。 私は、閉経とは整理が不順になってだんだん遠ざかってそのうちに無くなるものだと周囲から聞いていたので、私自身の閉経はまだまだ何年も先だと思っていました。 同じ日、別の科を受診した時に医師にその話をしたら 「49歳で妊娠出産は微妙なんですよね。 一度も妊娠をしていない人は卵胞が出尽してしまうんですよ。 もっと以前に卵胞を凍結保存しておいて、それを戻して妊娠ということなら出来るかと思うんですが。 」 と言われ、大変なショックを受けました。 卵胞の凍結保存は聞いたことがあっても、卵胞が出尽すという事は全く知らなかったからです。 今までずっと整理が順調にあったので、かえっていつか子どもを産めるとどこかで安心していたのか自分に対して危機感が薄かったと非常に落ち込んでいます。 不妊外来の予約を取りました。 前述の執刀医とは別の医師です。 経済的な余裕もない中、そろそろ先の老後まで視野に入れて生活の基盤を考えていく年齢にもなっています。 子どもを持てないかもしれない不安と、不妊治療にかかる費用の不安、これからの生活の経済的な不安を抱えています。 来月以降、また生理があるのかどうかも不安です。 49歳で初めての妊娠出産は可能なのでしょうか。 一度も妊娠をしていない女性の卵胞はどんな状態なのでしょうか。 真面目な回答をよろしくお願いいたします。 49歳です。 初めての妊娠出産は可能でしょうか。 私は49歳になったばかりです。 昨年、48歳で再婚しました。 夫は48歳です。 私は20歳の時に、ネフローゼ症候群で1年半以上入院しました。 入院した時は重症で生死の境をさまよいましたが、退院し長い年月をかけて健康な人に近い日常生活をおくれるようになりました。 原因不明の体調不良に悩まされた日々は何十年もありました。 20代で結婚しましたが、性格の不一致で離婚。 その後も子どもをもうける機会はありませんでした。 2年前に子宮頸部の細胞異常が発覚しガ... A ベストアンサー 49才で出産できるかどうか?は、個人差が大きい問題ですので、なんともいいがたいのです。 排卵をしていれば妊娠できる可能性はありますが。 生理があっても排卵していない、もしくは閉経すれば、妊娠は無理です。 また、妊娠はできても流産してしまう率も高いです。 その医師のいいようはドクターハラスメントであり、あんまりですが、 言い方が最悪である事を別とすれば、あまり的外れな事は言っていません。 40代で閉経する人は決して少なくはありません。 また、生理がだんだん不順になって・・・。 というのも個人の体質であり、急にぴたっと閉経してしまう方もいます。 49才まで何も考えず、「いつでも産める。 いつか産める」と安心していた。 というのなら、 確かに、質問主さんには危機感が足りなかった。 と言えるとはおもいます。 そもそも、35才以上の初産は「高齢出産」と定義されています。 これは、それ未満の年齢で出産する方に比べ、35才以上の初産の方は、 ・妊娠しにくくなる ・妊娠しても流産・早産をしやすくなる ・妊娠中毒症など、妊娠に関わる病気になりやすくなる ・正常出産する体力がない為、帝王切開率が上がる ・胎児の染色体異常がでやすい ただし、ダウン症の子がでる確率は1%程度ですが などのデメリットがあるという統計が、ハッキリとでています。 この中で、「妊娠しにくい」「流産しやすい」が、最も問題で、 不妊治療でよく行われる「体外受精」をした場合、35歳以下で35%程度ある妊娠確率が、40歳を超えると、15%以下になります。 また、妊娠したとしても、40歳以上での自然流産率は41. 半数近い人が、妊娠継続できず流産してしまいます。 ひとまずは、質問主さんが排卵しているのかどうか?きちんと調べてもらってみてください。 それが判らなければ、可能性を云々することはできません。 そして、もしも既に排卵がとまっている場合。 どうしても子どもを育てたい。 育児の経済負担はクリアできる。 と言うのでしたら、親の愛情に恵まれない子を、里子・養子に貰う。 という選択肢もありますよ。 血のつながりはなくとも、貴女の愛情を待っているお子さんがいるかもしれません。 49才で出産できるかどうか?は、個人差が大きい問題ですので、なんともいいがたいのです。 排卵をしていれば妊娠できる可能性はありますが。 生理があっても排卵していない、もしくは閉経すれば、妊娠は無理です。 また、妊娠はできても流産してしまう率も高いです。 その医師のいいようはドクターハラスメントであり、あんまりですが、 言い方が最悪である事を別とすれば、あまり的外れな事は言っていません。 40代で閉経する人は決して少なくはありません。 また、生理がだんだん不順になって・・・。...

次の

生理が来ない!遅れる理由はストレス?陰性なら妊娠以外の原因?

47 歳 生理 が 来 ない

更年期の月経の変化は、周期が短くなる(頻発月経)ことから始まります。 たとえば、今まで30日周期だったのが、22日周期などと短くなります。 同時に月経量(経血量)が少なくなり、月経が続く日数も短くなります。 そのため月経から排卵までの期間が短くなり、基礎体温の低温期(卵胞期)が短くなりますが、排卵後の高温期(黄体期)は、この段階では変わらないため、周期が短くなるのです。 まだ、この時期には排卵している可能性(排卵月経)があります。 ただし、極端に短い周期(15~19日)で月経が来る(頻発月経)場合は、排卵していないことが多いです。 さらに卵巣の機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れ、月経周期が長い短いにかかわらず、月経(出血)期間が8日以上続くというケースも出てきます。 過長月経と呼ばれています。 長い人になると、2週間~1か月も生理が続く人がいます。 プロゲステロンの分泌量が減り、エストロゲンだけが少量分泌され、子宮内膜ができても内膜が厚くならないうちに、すぐに剥がれてしまうので、月経は排卵のない機能性出血のことが多いのです。 ただし、多くの場合、排卵はありませんが、たまに排卵している場合もあり、どちらとも断定できない状態です。 機能性出血は、更年期世代は閉経に向かう過程でもありますが、若い世代はストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れで起こることが多いです。

次の