エクセル 計算されない。 【エクセル】いまさら聞けないエクセル計算の時短テクニックまとめ

計算式がずれないように!絶対参照で数式を固定【Excel・エクセル】

エクセル 計算されない

if関数で「空白なら空白を返す」を設定できる エクセルで作業をしているとき、「空白のセルが要素に含まれる数式の場合には、計算結果も空白にしたい(空白処理をしたい)」ということはありませんか? 条件にあった特定のセルを空白にするにはif関数を使うと便利です。 まずはif関数の基本文法を見てみましょう。 以下で実例を示しながら詳しいやり方を説明します。 if関数で計算結果が0になるセルを空白にする 以下の表はあるお店の商品名・販売単価・販売個数を表にまとめたものです。 その後D2をオートフィル機能でD10まで連続コピーしました。 商品名は後から増えていくので列の数に余裕を持たせたい。 商品名・商品単価・販売個数が入力されたら自動で合計額が計算されるようにしたい。 とはいえ、0の数字が続くのは見苦しい。 こんな時はif関数を使いましょう。 まず、連続コピーの元になるD2を選択し、数式タブから「論理」をクリック。 表示された関数の中から「IF」を選びます。 IF関数のダイアログボックスが表示されたら、以下のように入力します。 ダブルクオーテーションの中に何も入力しないことで、空白を表現しているのです。 これで、「A2(商品名)が空白だったら空白を返す」という式ができました。 今回A2は空白ではありませんから「値が偽の場合」の処理が実行され、D2のセルには20000が返ります。 D2に数式が入力されたことを確認したら、オートフィル機能でD10行まで連続コピーします。 D3,D4ではD2同様にIF関数の論理式が偽となる(商品名が入力されている)ので商品単価と販売個数の合計値が返っています。 一方でD6の場合はA6に商品名が入力されていないため、IF関数の論理式は真となります。 結果、D6を空白にすることができます。 もし商品名・商品単価・販売個数が入力されれば売上合計が自動的に計算されD行に表示されます。 IF関数で空白によるエラーを回避する IF関数で空白を検知することで、関数のエラー表示を防ぐこともできます。 仕入れ総数を後から入力したい場合は空白にしています。 ところがエクセルでは割る数のセルに何も入力されていない場合は0で割っていると判断されるため、エラー表示が出てしまいます。 こんな時もIF関数を使えばエラーを表示させずに済みます。 すると、仕入れ総数(C行)に何も入力されていない時は、空白を入力してくれます。 以下のようなすっきりした見た目の表になりました。 複数の「空白だったら」を検知して値を入力する IF関数を使えば複数の空白を検知することもできます。 以下の表はある会議の出欠表です。 4月1日、5月2日どちらかの会議に出席する人にはメール通知「要」、どちらの日程も空白の人にはメール通知を「不要」としたいとします。 こんな時はD2の欄に以下のように入力して、Dの列に連続コピーしましょう。 出席、つまりセルが空白でなかった場合、「値が偽の場合」である「要」が表示されます。 次に、4月1日の行が空白だったとき、「値が真の場合」でもう一度IF関数を使い条件を判定します。 「値が真の場合」のIF関数の中身はこうです。 C2つまり5月2日が空白だった場合、「不要」と表示します。 もし、C2が空白でなかった場合は、「要」と表示します。 2つのIF関数を組み合わせると 4月1日と5月2日両方が空白だったとき、「不要」 それ以外の場合は「要」 と表示することができます。 まとめ エクセルのIF関数を使えば意図しない計算結果やエラーを防ぐことができます。 IF関数を上手に活用してきれいな見た目の表をつくりましょう。

次の

【Excel(エクセル)術】自動で計算されない?よくある原因と対処法

エクセル 計算されない

目次(リンク)• エクセルの数式で、なぜ計算されないのか 表示形式が文字列になってしまっている なぜかSUM関数などで正確に計算されない。 そんな時は表示形式を確認してみてください。 見た目は数値なのに表示形式が文字列ということがあります。 計算されるようにするには、文字列から標準や数値などに変更する必要がありますが、それだけでは正しく計算されません。 計算されるよう、表示形式を変更する まずは、数値などであるべき範囲を選択し、表示形式を変更します。 数値や通貨、標準など、データとして適切なものを選択します。 今回は標準に変更です。 表示形式は変更できました。 でもそれだけでは足りません。 値を入れなおす必要があるので、いったんコピーします。 貼り付けのオプションで、値を選択します。 値として貼り付けなおしました。 貼り付けた瞬間、下図のようなエラー扱いの表示が出ます。 数値が文字列として入っているので、「数値に変換する」を選択します。 無事計算されました。

次の

Excelで計算してみよう!計算機能の基本 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル 計算されない

エクセルで売上高を計算するために計算式を入力してあるシートがあるとします。 これを複数のメンバーで使用する場合、うっかり数式を変更してしまったり、基になる商品単価などの値を書き換えられてしまう可能性が出てきます。 このような事態を防止するためにセルを保護する機能があります。 今回は、エクセルでセルを保護するための手順について説明します。 エクセルのセルを保護して誤削除を防ぐ方法 エクセルで商品単価を基に売上数を手入力すると売上金額を計算するためのシートがあるとします。 このような場合、商品単価と売上額の セルを 保護しておくことで不用意にデータが修正されてしまうことを防ぐことができます。 以下では保護の手順について説明します。 変更しても良い範囲を選択する 以下の図のように商品単価が入力してあり、販売数を入力することで売上高を計算するためのエクセルのシートがあるとします。 販売数のみ手入力できる状態にしたいためD2からD5を選択します。 セルのロックを解除する リボンメニュー「ホーム」タブの「フォント」右下の矢印をクリックします。 ダイアログボックスが開くので「保護」タブのメニューの「ロック」のチェックボックスのチェックを外しOKをクリックします。 シートを保護する 続いて「校閲」タブ「変更」の「シートの保護」をクリックします。 ダイアログボックスが開くのでこの状態でOKをクリックします。 すると、1の手順で指定したセル以外でセルの値を変更しようとすると、以下のようなメッセージが出て変更できない状態になります。 エクセルで作成した計算シートの指定したセル以外を保護し、修正できないように設定するための手順は以上となります。 再度、計算式や商品の単価の修正が必要になった場合には「校閲」タブ「変更」の「シート保護の解除」をクリックすることで修正可能な状態になります。 まとめ エクセルのセルを保護して誤削除を防ぐ方法• 変更しても良い範囲を選択する• セルのロックを解除する• シートを保護する Filed Under: Tagged With: , , ,.

次の