鑑識眼。 鑑識/鑑定

李昌鈺

鑑識眼

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 内容説明 出土遺物を瞬時に識別し、記憶に焼き付ける考古学者の鑑識眼。 謎に包まれた熟練の技のメカニズムに、認知心理学の理論・方法で迫る。 1973年福岡県生まれ。 九州大学大学院人間環境学府(行動システム専攻)博士後期課程を修了。 九州大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー講師を経て、2005年度より現職。 専門は認知心理学。 現在の主な関心は、鑑識技能の領域間比較および効果的トレーニング法の開発。 出版社内容情報 出土遺物を瞬時に識別し、記憶に焼き付ける考古学者の鑑識眼。 謎に包まれたその技のメカニズムに認知心理学の理論・方法で迫る。

次の

鑑識(カンシキ)とは

鑑識眼

100万円と値をつけた壺が実際は1万円だったり、1万円と値をつけた掛け軸が30万円だったりと、その落差が面白くて、お宝の「なんでも鑑定団」というテレビ番組をたまに見ることがあります。 お宝には、骨董品や絵画、彫刻、書、古銭等、お宝と思われるいろいろの物が登場します。 でも悲しいかな、私には、例えばの絵のような価値は全くわかりません。 またその他有名な画家が描いたといわれる絵画なども、本物か偽物かを見分けることもできません。 そういう点、物の価値を見分けるを持った専門家はすばらしいと思います。 ところで、次元は違いますが、このに関して、人が人を鑑識することは不可能です。 誰でも自分の色メガネを通してしか相手を見ることはできないし、また相手の心の中まで見ることはできないのですから、当然のことと言わなければなりません。 人間の本当の姿、価値はさまのを通してしか知ることはできません。 そのさまの眼を通して見られた人間の姿は、『』に書かれた「機の深信」に表されている通りです。 さまは私の本当の姿を教えて下さる方です。 真のの持ち主だといえるでしょう。 (「英訳聖人著作集」より) miko415.

次の

「審美眼」とは?意味や使い方!審美眼を活かすのに適している職種

鑑識眼

Contents• 絵画(アート)に投資とは 投資先というと企業に投資する株式投資や、マンションなどに投資する不動産投資などが有名ですが、 アメリカで注目を集めている投資先として絵画(アート)があります。 絵画と投資、アートと投資、というと一見真逆のように思えますが、なぜ絵画がおすすめの投資先として広がっているのでしょうか。 その前に、まずは「アート投資」について簡単に説明したいと思います。 絵画で有名な、たとえばゴッホやピカソのような芸術作品も、一つの投資先です。 ただ、あれは莫大な費用がかかるので、一部の貴族階級だけの趣味に近いものがあり、一般人が投資先として購入するものではありません。 一方で、小さなギャラリーをめぐり、まだ無名の現代アート作家の作品を(もちろん応援したい意味も込めてですが)安い段階で購入する。 そして、将来の人気(値上がり)を期待する、というのもアート投資の一つの形です。 それでは、そんな絵画(アート)が投資先として注目されている理由について紹介したいと思います。 また、投資には、 その画家を応援する、という意味合いもあります。 これは絵画だけでなく、たとえば音楽や日頃の商品でも、「購入する」というのは一つの応援であり、「あなたに制作を続けてほしい」という一票でもあります。 投資には、そんなひととひととの「応援したい」という想いもこもっているのです。 絵画が投資先におすすめの理由3「自分の鑑識眼」 デヴィ夫人が以前、主な収入源は投資で、その投資先として絵画がおすすめな理由について、「 きちんと見定めて良い物を買えば、値下がりすることはまずありません(「週刊新潮 2017. 9号」より)」と語っていました。 企業や不動産への投資も時代の潮流や経営者の理念などを見る目が問われますが、いっそう主観的な感性が問われるのが「アート」だと思います。 きちんと見定めて良い物を買うというのは確かに難しいことかもしれませんが、ある程度「 自分の力で判断できる」という点は、自信がある方にとっては安心材料と言えるでしょう。 路上で売っていた安い絵が、あとで膨大な価値を持つことも夢ではないかもしれません。 最近ではネットによってアート投資がしやすい環境づくりも整いつつあるようです。 「確かな鑑識眼を持っている人は、ほとんどいません。 私たちは誰にでもアートに投資できる環境を提供したいのです。 」 まとめ 最後にもう一度まとめると、以下の三点が、絵画が投資先として注目を浴びる理由です。 純粋に飾って楽しめる。 値上がりが期待できる。 自分の鑑識眼が頼りになる。 絵画は将来の値上がりを期待するよりも、今の美的な感動のために購入するべきものかもしれません。 一方で、それが単なる蕩尽ではなく、投資になること、また応援になることもお分かりいただけたのではないでしょうか。 まずは気になった作家の作品を一枚だけ購入してみてはいかがでしょうか。 以上、投資先としての絵画(アート)に関する記事でした。

次の