せっかく 英語。 賛成や提案に使える!「せっかくだし」を英語でなんて言う?

「せっかく」って英語でなんて言うの?

せっかく 英語

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です 2人の会話は、日本人と西洋人の顔立ちの違いや整形の話題を通して、お互いの容姿を褒め合うというおもしろい内容ではありました。 しかし私は特に興味があるわけではなかったので、目を瞑って少し寝ようと思ったとき、急に「せっかく」という日本語が英語会話の中に出てきました。 日本人の容姿を羨み、整形しようかなと呟く西洋人の女性に、日本人の青年は、「Sekkaku, you have such a beautiful face, there's no need for cosmetic surgery. 」 せっかくきれいな顔なんだから、整形する必要ないよ と声をかけたのです。 」(「せっかく」ってどういう意味?)と聞き返しました。 内心、私もまったく同じ質問をしたいと思いました。 「せっかく」を英語でどのように表現するのか、興味があったからです。 そして、日本人の青年は「せっかく」の意味を英語で説明しようと試みようと、いくつか英単語を挙げますが、どうも上手く説明できません。 なかなかこれだというものが見つからず困った様子でした。 そうこうするうちに、電車が私の下車する駅に着いたので、その後彼がどのように説明したかはわかりませんでした。 しかし、駅に着いてから、私だったらどのように説明しただろうかと考えてみました。

次の

「せっかく」を英語でいうと?状況に応じて4つの表現を使い分けよう

せっかく 英語

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です 2人の会話は、日本人と西洋人の顔立ちの違いや整形の話題を通して、お互いの容姿を褒め合うというおもしろい内容ではありました。 しかし私は特に興味があるわけではなかったので、目を瞑って少し寝ようと思ったとき、急に「せっかく」という日本語が英語会話の中に出てきました。 日本人の容姿を羨み、整形しようかなと呟く西洋人の女性に、日本人の青年は、「Sekkaku, you have such a beautiful face, there's no need for cosmetic surgery. 」 せっかくきれいな顔なんだから、整形する必要ないよ と声をかけたのです。 」(「せっかく」ってどういう意味?)と聞き返しました。 内心、私もまったく同じ質問をしたいと思いました。 「せっかく」を英語でどのように表現するのか、興味があったからです。 そして、日本人の青年は「せっかく」の意味を英語で説明しようと試みようと、いくつか英単語を挙げますが、どうも上手く説明できません。 なかなかこれだというものが見つからず困った様子でした。 そうこうするうちに、電車が私の下車する駅に着いたので、その後彼がどのように説明したかはわかりませんでした。 しかし、駅に着いてから、私だったらどのように説明しただろうかと考えてみました。

次の

「せっかく」はビジネスシーンでも使ってOK?意味や使い方を徹底解説

せっかく 英語

せっかくはるばる日本に来たんだから、松坂牛を食べるべきじゃない? I know right. そうだね。 でもちょっと高すぎるよね。 安く食べられるところを見つけなくちゃね。 なんて感じです。 「Since~」という表現に、「はるばる」といった意味のある「All the way」なんかを付け加えると、より「せっかく来たんだから」という印象を与えることができますよ。 「せっかく~したのに」という気持ちを表すなら「After all of that~」や「Even though」 せっかく大変な思いをして何かをしたのに、残念な結果になってしまう事もありますよね。 そんな気持ちを表す時には、「After all of that~」や「Even though」などのフレーズが使えますよ。 「After all of that~」というフレーズには、「努力したのに」とか「頑張ったのに結局~だった」なんてニュアンスのあるフレーズです。 せっかくですが、その日は空いていません。 なんて感じになります。 「せっかく」というフレーズをど忘れしてしまった時には、こんな感じのシンプルな表現もアリですよ! まとめ• 「せっかく~だから」を表す「Since~」• 「せっかく~したのに」という気持ちを表すなら「After all of~」• 注文の時などに使える「Might as well」• 「Thank you」や「Sorry」を使って気持ちを表そう 今回は、「せっかく」という言葉を英語で表現する方法をご紹介してきました。 日本語では「わざわざ」といった意味で使われる場合も、「大変な思いをしたのに」といった意味で使われる場合も、「せっかく」という言葉が使われますが、英語では同じ言葉ですべてを表すことができません。 ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで 習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか 当たり前に起こります。 日常茶飯事です。 その具体的な方法を 今回1つのレポートにまとめてみたので、 英語学習中の人はぜひ読んでみてください。 どうやら読んだ方からの評判はいいようです。 こんにちは、REOと申します。 僕は大学時代に独学で英語を勉強し、 今はその英語を使って 世界中を自由に旅しながら生きています。 このブログでは、 英語の勉強法に関する情報や 海外で自由に生きる方法などを 中心にシェアしています。 というのも、僕自身、 せっかく英語を勉強したのだから それを生かして人生でやりたいことは 山のようにありました。 が、 現実に社会を目の前にした時、 時間、お金、仕事などの問題によって ほとんどの行動を制限されてしまうことに 半端ない モヤモヤを抱えました。 だからこそこのブログの目指す先は、 「英語を使ってどう人生を豊かにするか」 という部分にあります。 僕がどういった人物か?ということや 英語学習に対する思いなど、 より詳しく知りたいという方は、 こちらのレポートを読んでみてください。

次の