きゅうり 炒める。 ごま油が決め手!美味しい「キュウリ炒め」レシピ5選

炒めておいしい! きゅうりと豚肉の甘酢炒め

きゅうり 炒める

ビタミンCは美肌効果や、免疫力アップ、またカリウムはむくみの解消にも効果的なんだそうです。 また体の代謝などに大きく関係している酵素も含んでいるみたいですね。 その酵素の中の「ホスホリパーゼ」という成分が、脂肪の分解を助けてくれるそうでダイエット効果が注目されているようです。 きゅうりを加熱した場合 きゅうりを油で炒めるなど加熱した場合ですが、まずベータ・カロテンの成分を多く体に吸収できるそうです。 それはベータ・カロテンは体内でビタミンAに変わるという性質があり、そして油に溶けやすいので炒めることにより吸収率が高まるんだそうです。 ビタミンAの効果は免疫力を正常化にする作用や、目や肌の健康を維持することなどがあるそうで、加熱することによりビタミンAの効果が増えるそうです。 もう1つの効果として、 きゅうりには「アスコルビナーゼ」という酵素が含まれているそうですが、その酵素はビタミンCを破壊してしまう作用があるそうです。 そのために、きゅうりはビタミンCが含まれている食材と一緒に食べないほうがいいと言われているようです。 でも50度以上加熱することで「アスコルビナーゼ」の作用を弱めることが出来る為、食材の組み合わせを気にせずに料理できるそうですよ。 スポンサードリンク きゅうりの加熱料理 「ごまときゅうりのオイスター炒め」や「牛肉ときゅうりを焼肉のたれ炒め」や「イカときゅうりのしょうが醤油炒め」など、おいしいそうですよ。 また麻婆茄子のように茄子をきゅうりに変えて、ひき肉と一緒に食べるのもいいですね。 そのことにより組み合わせの食材を気にせずに、きゅうり料理を作れることはいいなと思いました。

次の

きゅうりの加熱料理はまずい!?いやいやこのレシピを試してみて!

きゅうり 炒める

意外?豚肉ときゅうりを炒めると相性抜群 サラダに漬物に大活躍の きゅうり。 とはいっても、主菜料理のお皿に乗せることはあまりなく、付け合わせぐらい?というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。 そんなきゅうりをメインに扱うなら、 豚肉との炒め物がおすすめ!さっぱりとしてくせのないきゅうりと 豚肉と相性がぴったりです。 きゅうりは、手早く炒めることで独特の食感を残しながら豚肉との味がなじみ、大満足できる メインのおかずになります。 豚肉&きゅうりの絶品炒め物できゅうりの違う一面を楽しんでみませんか。 豚肉ときゅうりを使った炒め物 きゅうりの炒め物なんて未経験という人にこそ、ご紹介したいレシピです。 きゅうりを切り、塩をふって水気をとっておきます。 豚肉に塩こしょうの下味をつけます。 フライパンで油を熱し、おろししょうが、豚肉を炒めます。 豚肉に火が通ったら、きゅうりを入れ、調味料で味付け。 ごま油をまわしかけたらできあがりです。 調味料は、鶏ガラスープ、酒、しょう油。 きゅうりを下処理することで、中華風の味がしっかりなじみます。 キュウリの食感を失わないよう、加熱しすぎないのがコツです。 調味料もシンプルながら、間違いのない組み合わせ。 さわやかなレモンと、ブラックペッパーのアクセントがおいしい炒め物です。

次の

キュウリと厚揚げのピリ辛炒め~しょうが風味~

きゅうり 炒める

ビタミンCは美肌効果や、免疫力アップ、またカリウムはむくみの解消にも効果的なんだそうです。 また体の代謝などに大きく関係している酵素も含んでいるみたいですね。 その酵素の中の「ホスホリパーゼ」という成分が、脂肪の分解を助けてくれるそうでダイエット効果が注目されているようです。 きゅうりを加熱した場合 きゅうりを油で炒めるなど加熱した場合ですが、まずベータ・カロテンの成分を多く体に吸収できるそうです。 それはベータ・カロテンは体内でビタミンAに変わるという性質があり、そして油に溶けやすいので炒めることにより吸収率が高まるんだそうです。 ビタミンAの効果は免疫力を正常化にする作用や、目や肌の健康を維持することなどがあるそうで、加熱することによりビタミンAの効果が増えるそうです。 もう1つの効果として、 きゅうりには「アスコルビナーゼ」という酵素が含まれているそうですが、その酵素はビタミンCを破壊してしまう作用があるそうです。 そのために、きゅうりはビタミンCが含まれている食材と一緒に食べないほうがいいと言われているようです。 でも50度以上加熱することで「アスコルビナーゼ」の作用を弱めることが出来る為、食材の組み合わせを気にせずに料理できるそうですよ。 スポンサードリンク きゅうりの加熱料理 「ごまときゅうりのオイスター炒め」や「牛肉ときゅうりを焼肉のたれ炒め」や「イカときゅうりのしょうが醤油炒め」など、おいしいそうですよ。 また麻婆茄子のように茄子をきゅうりに変えて、ひき肉と一緒に食べるのもいいですね。 そのことにより組み合わせの食材を気にせずに、きゅうり料理を作れることはいいなと思いました。

次の