美智子 人格。 皇太子による衝撃の記者会見「雅子の人格を否定するような……」初めて語られる真相

【内在人格考察】芸者(美智子)の人格構成 参考例【第五人格

美智子 人格

(C)JMPA 上皇陛下は7月11日の夕方、強い脳貧血の症状があり、治療を受けられた。 体調が回復された上皇陛下は、15日には美智子さまとご一緒に健康診断を受けられた。 すると今度は美智子さまに、一部再検査が必要な項目が見つかったのだ。 「6月には心臓の異常が発見され、白内障の手術もされました。 まだ再検査の詳細は発表されていませんが、美智子さまのご体調も心配です」(皇室担当記者) だが、白内障手術について報じた記事に対し、ヤフーニュース上ではこんなコメントが。 《病気だ、体調悪いアピールする年寄りに限って元気だよね》 《いろんな理由をつけて、引っ越しを先延ばしにして、権力を誇示しているのですか?》 美智子さまの体調を案じるどころか、心ない言葉の数々が並んでいるのだ。 さらにTwitter上には、このような信じがたいツイートも見られる。 そんなツイートが、御代替わりを機に目立ちはじめているのだ。 美智子さまは以前からインターネットを利用されている。 美智子さまの古くからの友人も「私がFacebookで親族の介護を日記風に記していると、美智子さまから『とても面白うございました』とご感想をいただき、恐縮いたしました」と話している。 雅子さまにとって、美智子さまと比べられることも大きなプレッシャーになっていたのでしょう。 当時、雅子さまの苦しみを理解していたのは、陛下ただ一人だったといっても過言ではないのです。 美智子さまも、苦悩を抱える雅子さまに寄り添えなかったことに、忸怩たる思いを抱かれたに違いありません」(皇室担当記者) 適応障害という診断が下った雅子さまについて、当時美智子さまは《東宮妃の回復を願い、助けになりたい》と会見で語られていた。 しかし、実際には一時期、雅子さまと美智子さまは疎遠になってしまう。 上皇陛下が《愛子と会う機会も限られ、残念》と会見で漏らされるほど、両家の交流は途絶えてしまったのだ。 当時、美智子さまは知人に「今は、ただ待つしか無いのよ」と、雅子さまに手を差し伸べることもできない苦しさを語られていたという。 「天皇陛下が即位して以降、雅子さまは数々のご公務をパーフェクトにこなされ、国際親善での存在感は世界に絶賛されています。 そんな憶測につながっているものと思われます」 しかし、皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんはこう話す。 「美智子さまは皇太子妃になられて以来、皇室のしきたりの中で大変な思いをされてきました。 ご自分がやられておつらかったことを、後進になさるような方ではありません。 雅子さまを長い間見守ってこられた美智子さまが、バッシングを受けているという事実は、たいへん嘆かわしいことです」 ようやく上皇陛下との平穏な日々を迎えようとされている美智子さま。 これ以上のご心労が重ならないことを祈るばかりだ。

次の

【アイデンティティV第五人格】芸者美智子の立ち回りと対策

美智子 人格

(C)JMPA 上皇陛下は7月11日の夕方、強い脳貧血の症状があり、治療を受けられた。 体調が回復された上皇陛下は、15日には美智子さまとご一緒に健康診断を受けられた。 すると今度は美智子さまに、一部再検査が必要な項目が見つかったのだ。 「6月には心臓の異常が発見され、白内障の手術もされました。 まだ再検査の詳細は発表されていませんが、美智子さまのご体調も心配です」(皇室担当記者) だが、白内障手術について報じた記事に対し、ヤフーニュース上ではこんなコメントが。 《病気だ、体調悪いアピールする年寄りに限って元気だよね》 《いろんな理由をつけて、引っ越しを先延ばしにして、権力を誇示しているのですか?》 美智子さまの体調を案じるどころか、心ない言葉の数々が並んでいるのだ。 さらにTwitter上には、このような信じがたいツイートも見られる。 そんなツイートが、御代替わりを機に目立ちはじめているのだ。 美智子さまは以前からインターネットを利用されている。 美智子さまの古くからの友人も「私がFacebookで親族の介護を日記風に記していると、美智子さまから『とても面白うございました』とご感想をいただき、恐縮いたしました」と話している。 雅子さまにとって、美智子さまと比べられることも大きなプレッシャーになっていたのでしょう。 当時、雅子さまの苦しみを理解していたのは、陛下ただ一人だったといっても過言ではないのです。 美智子さまも、苦悩を抱える雅子さまに寄り添えなかったことに、忸怩たる思いを抱かれたに違いありません」(皇室担当記者) 適応障害という診断が下った雅子さまについて、当時美智子さまは《東宮妃の回復を願い、助けになりたい》と会見で語られていた。 しかし、実際には一時期、雅子さまと美智子さまは疎遠になってしまう。 上皇陛下が《愛子と会う機会も限られ、残念》と会見で漏らされるほど、両家の交流は途絶えてしまったのだ。 当時、美智子さまは知人に「今は、ただ待つしか無いのよ」と、雅子さまに手を差し伸べることもできない苦しさを語られていたという。 「天皇陛下が即位して以降、雅子さまは数々のご公務をパーフェクトにこなされ、国際親善での存在感は世界に絶賛されています。 そんな憶測につながっているものと思われます」 しかし、皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんはこう話す。 「美智子さまは皇太子妃になられて以来、皇室のしきたりの中で大変な思いをされてきました。 ご自分がやられておつらかったことを、後進になさるような方ではありません。 雅子さまを長い間見守ってこられた美智子さまが、バッシングを受けているという事実は、たいへん嘆かわしいことです」 ようやく上皇陛下との平穏な日々を迎えようとされている美智子さま。 これ以上のご心労が重ならないことを祈るばかりだ。

次の

皇太子による衝撃の記者会見「雅子の人格を否定するような……」初めて語られる真相

美智子 人格

なんというか、引退(言葉があってるのだろうか)されてから急いで上皇皇后さまたちを占うあたり、 人って大事なことを役が終わり去られたあとに有り難さを感じるもんだな と、人間の脳の構造はもっといいように進化できたのではないのかと考えさせられる今日この頃でございます。 それでは前置きは置いといて平成皇后さまであられた美智子様の性格人格診断を始めていきましょう。 美智子様は人気ですのでTV特番でよくされていますが、結局TV番組ってこんなんがあった、あんなエピソードがあった素晴らしい皇后さまでしょ?なだけなのですが、この密教宿曜はただ淡々と美智子様の潜在的な人格性格を診断していきます。 ただ皇室なので私も敬意を払ってるつもりなのですが、何分育ちが悪いもので不届きなところもあると思いますが、生暖かい目線でよろしくお願いします。 それでは美智子様のプロフから宿曜を見てみると 和善宿に属する 奎宿 で星禽は狼です。 非常に力が強いですね。 宿曜の中でも5本指には入ってます。 美智子様といいますと、皇室の改革者でもあります。 特に後継者教育の話ですが、聞くところによると時期天皇候補は3歳あたりから母親から離され乳母との生活になるというものがあったそうですけど、それを 人らしく という理由で辞められた方ですね。 あとは洋服、これも随分と言われたようですけど辞めなかったそうです。 そして言葉遣いも。 完璧な皇后さまのイメージなのですが、実はこんな感じだったそうですね。 まあ伝統を無理に伸ばしても仕方ないですが、そもそも皇室は伝統の塊のものですのでね。 家業を継ぐ私の奥さんだったなら あちゃ~ と頭を悩ませてるかもしれません。 上皇様も結構関係者に言われたかもしれませんね。 いや~それを私に言わず、本人に言ってよ・・・ ちなみになぜ美智子様がこういう伝統破りをやってたのかと言うと、密教宿曜でいうならこの美智子様の宿曜が原因でしょうね。 この美智子様の宿曜は 新しいもの好き これにつきます。 例えばトマトダイエットが流行れば、納豆ダイエットが流行れば・・とまあ新しい物へ目が行きがちなんですね。 なのでそういう資質をみると皇后さまとして ストレスを感じるときのほうが多かったかもしれませんね。 ちなみにですがこの宿曜、 生家が恵まれてる人が多く、 財であったり人材に恵まれてる宿曜です。 調べたら美智子様のお父さんてあの日清製粉の会長だった人なんですね。 ということはあの朝ドラの・・・そして、 玉の輿の運勢もあります。 まあそうですね、皇后さまをするよりも 日清製粉のお嬢様として生きたほうが自由だったようにも思えますがね。 ただ躾は厳しい家だったので、そこまで奔放な少女時代ではなく、 厳しいしつけを受けながらも、新しいものに目が奪われやすい といった感じでしょうか。 もしかしたら皇室に入られたのも最初は好奇心だっかのかもしれません。 ちなみですが、この親からの土壌をしっかりと守り抜く宿曜でもありますので、平成天皇様を支えてきたのは美智子様のご尽力もあってのことです。 ・これからの美智子様について さてこれからの美智子様の動向ですが、私は現皇后さまの雅子様からしたら うるさい姑 になる可能性は大きいです。 この美智子様の宿曜は王道を歩いているときには不安を一切感じず、どうどうたるものを感じさせます。 ただ引退したり、 自分が脇を歩くことになれば話は変わります。 自分のことを無理やり正統だ!と決めつけ威嚇などをすることが多いです。 なのでもしかしたら、想像ですが 私のときはこうしてましたよ雅子さん・・・ と言うこともあるかもしれません。 まあ想像ですけどね。 さて、まあこういう美智子様のことを見てみましたが案外、 気が強い人だったんだとびっくりしました、私は違う宿曜を想像していましたので。 なのでストレスフルな毎日だったかもしれません。 これからはぜひご自身を大事にしたほしいと思っております。

次の