どんなときもwifi キャンペーン。 どんなときもWiFiは海外でも利用可能!通信エリアや制限・料金は?

【2020年7月】どんなときもWiFiのキャンペーン!知って得する最新情報

どんなときもwifi キャンペーン

各項目毎に詳しく比較していくので、モバイルルーター選びの参考にしていただければと思います。 表の比較項目をクリックすると、該当の比較項目の詳細比較に飛びます。 こちらもよかったら活用してください。 どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、au・softbank・docomoの3大キャリア全ての電波を受信することができます。 そのため、 ほぼ日本全域で通信することができます。 一方で、WiMAXは田舎や山間部では非対応のエリアも多くなっています。 WiFiを対応エリアで選ぶならどんなときもWiFiの方がおすすめです! 「クラウドSIM」とは、端末本体にSIMカードを挿さずにクラウドサーバー上に無数に接続されているSIMカードで通信を行う方式のことです。 例えば、山間部ならドコモが繋がりやすいからドコモのSIMに接続。 都心ならauが速いからauのSIMに接続。 といったように その場その場で最適なSIMを選んで接続できる方式になっているんです。 最大通信速度 (理論値) 150Mbps 1. WiMAXは首都圏であれば、平均して20Mbps以上の速度が出ます。 100Mbps近くでる事もよくありますよ…!ただし、 山間部や田舎では思うように速度が出ないので注意が必要です。 また、田舎や山間部でも同じような速度が出るのが強味です。 通信速度を重視しているようでしたら、 首都圏在住ならWiMAX。 田舎や山間部に住んでいるようでしたらどんなときもWiFiがおすすめです。 どんなどきもWiFiは、LTE回線を受信しているので屋内や地下でも繋がりやすいですが速度はそこまで速くありません。 そのため、 屋内や地下・山間部での利用が多いのであればどんなときもWiFi。 首都圏での屋外利用が多く速度が速いほうが良いならWiMAXがおすすめです。 0Gbps 上り:75Mbps 連続通信時間 12時間 6時間 コンセント給電 wifi規格 IEEE802. 11b/g/n IEEE802. 11a/n/ac IEEE802. 11b/g/n IEEE802. どんなときもWiFiとWiMAXの端末の性能を表で比較してみました! どんなときもWiFiの端末のGlocalMeU2は、最大通信速度や接続可能台数など全体的に性能は高くありませんが最大通信時間が12時間と長いのが特徴です。 一方で、WiMAXの端末のW06やL02は最大通信速度が非常に速く接続可能台数も多いです。 また、「IEEE802. 11a/n/ac」に対応しており5GHz帯での通信が可能な点が特徴ですね。 端末の性能で選ぶならWiMAX。 電池持ちの良さで選ぶならどんなときもWiFiの端末がおすすめです! 文中の「IEEE802. 11a/n/ac」とは、WiFiの通信規格のことで5GHz帯での通信に対応した最新の規格です。 従来の2. 4GHz帯での通信と比べて、 5GHz帯での通信は電波干渉が少ないため通信時のロスが起こりにくく速度が出やすい特徴があります。 ただし、2. 4GHz帯よりも障害物に弱いので部屋の壁を挟んでの通信など障害物を挟んで通信する場合速度が一気に出なくなる点に注意が必要です。 一方で2,4GHz帯での通信は、電子レンジやBlootoothの電波と干渉するため速度が出にくいです。 また、レンジの電源を入れた瞬間に通信が切断されるようなこともあります。 モバイルルーターの様な、端末とWiFiルーターが近距離にある通信の場合は速度が出やすい5GHz帯での通信がおすすめです。 まず、 どんなときもWiFiは基本的に通信容量完全無制限のWiFiです。 当サイトで検証した結果、1日100GB使っても速度制限がかからないことが確認出来ています。 一方で、WiMAXには3日で10GBの制限があるためYouTubeなどの容量を大量に消費するコンテンツを利用した場合速度制限がかかる事が多いです。 速度制限がかかった場合の速度についてはWiMAXの方が速いのですが、そもそもどんなときもWiFiは国内利用であれば速度制限がかかることはほとんどありません。 そのため、たくさん容量を使いたい人にはどんなときもWiFiがおすすめです。 また、下記関連記事で無制限の真相について検証しているので、気になる人は読んでみてください。 どんなときもWiFiの月額料金は2年間一律で、3,480円です。 一方で、WiMAXの月額料金は4,380円と900円も高いんです…汗 厳密に言えば、WiMAXはプロバイダ毎に割引きがありますしキャッシュバックがあります。 なので、実質月額料金はもう少し差が縮まります。 WiMAXで最も安いGMOとくとくBBの実質月額は3,207円です。 ですが、 この金額は高額キャッシュバックを受取忘れない前提の金額です。 そのため、月額の点では、 何もせずとも2年間一律3,480円と安く使えるどんなときもWiFiが優れていると言えます。 どんなときもWiFi・WiMAX共に縛り期間中に解約した場合の違約金の最高額は19,000円です。 そのため、解約違約金でどんなときもWiFiとWiMAXを比較した場合の差は無いと言えますね。 どんなときもWiFiは元がお得なので、キャッシュバックやお得なキャンペーンは行っていません。 強いて言えば月額割引きキャンペーンを行っているくらいですね。 一方でWiMAXはプロバイダ毎に様々なキャンペーンが展開されており、時期によって変わりますが 最大4万円前後のキャッシュバックや乗換時の解約違約金負担などお得なキャンペーンが目白押しです。 そのため、キャッシュバックやキャンペーン内容を重視してWiFiを選ぶならWiMAXをおすすめします。 また、次の関連記事でがお得なWiMAXを紹介しています。 一方でWiMAXは、国内向けのWiFiなので海外で使う事はできません…汗 国内でも海外でも手続無しで同じ端末で通信できるのは魅力的ですよね。 そのため、海外旅行に行く事が多い人には、どんなときもWiFiは非常におすすめのWiFiです。 結論!総合的にみておすすめなのはどんなときもWiFiです! ここまで、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で比較してきましたが総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiです。 また、月額料金も3,480円と安く縛り期間も2年間です。 月額が4,380円で3年縛りのWiMAXと比べて料金の面でもお得ですね。 その他、海外でも使える点や端末の電池持ちが良い点などを考えると 総合的に見て満足度が高くおすすめできるのが「どんなときもWiFi」なんです! どんなときもWiFiとWiMAXのどちらを契約するか迷っているようでしたら、どんなときもWiFiを選べば後悔することはありません。 首都圏在住で速度重視ならWiMAXもあり! 総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiでしたが、首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXの契約がおすすめです。 WiMAXの特徴はとにかく速度が速いことです。 YouTubeの1080pの高画質動画もスムーズに見る事ができますよ!また、も平均して50ms以下に収まるので、FPS以外のネットゲームであれば快適にできます。 どんなときもWiFiとWiMAXの契約で迷っていて、「首都圏在住」「通信速度重視」という条件であればWiMAXの契約をおすすめします。 当サイトでは、全31社のして特におすすめの10社をランキング形式で紹介しています。 WiMAXの契約を検討しているようでしたら是非参考にしてください。 どんなときもWiFiとWiMAXの比較に関するまとめ 今回の記事のまとめ• どんなときもWiFiは料金が安く国内・海外どこでも繋がるのが特徴• WiMAXは通信速度が速くキャンペーンが豊富なことが特徴!• 比較の結果おすすめなのは「どんなときもWiFi」• 首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXがおすすめ! 今回の記事では、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較してきました。 比較の結果、どんなときもWiFiは「どこでも繋がる」「料金が安い」WiMAXは「速度が速い」「キャンペーンが豊富」といった特徴があることがわかりました。 WiMAXは、首都圏では通信速度が非常に速いので首都圏在住で通信速度を重視してWiFiを選ぶ人におすすめです。 総合的に見てどんな人にもおすすめできて優れたWiFiは「どんなときもWiFi」です。 迷ったらどんなときもWiFiを契約すれば損はしませんよ…!.

次の

【公式より】どんなときもWiFiのキャンペーンは5,000円キャッシュバック【2019年9月版】

どんなときもwifi キャンペーン

このページの目次• どんなときもWiFiの5000円キャッシュバックキャンペーン! 2020年1月現在、どんなときもWiFiでは、現金5,000円キャッシュバックキャンペーンを行っています。 このキャンペーンは2019年4月〜開始していますが、終了日は未定となています。 ユーザーを増やすためのキャンペーンなので、ある一定数のユーザーが増えれば、このキャンペーンは終了するでしょう。 お得なキャンペーンが終わる前にぜひ使っておきたいところですよね。 ここでは、キャンペーンの参加条件や詳しい内容について解説していきます。 5,000円キャッシュバックを貰うための手順 キャッシュバックキャンペーンを利用する際の手順はとても簡単です。 公式サイトでキャンペーン申込• キャンペーン申請メールを受け取る• 期日までに口座登録など手続きを行う• 登録した口座で5,000円を受け取る まずは、「どんなときもWiFi公式サイト」で申込をしなければ始まりませんので、申込をしましょう。 キャッシュバック適用条件 キャッシュバックキャンペーンを受け取るにはいくつかの条件があります。 公式サイトで申請すれば誰でも受け取れる訳ではないのでご注意ください。 ざっくり適用条件は以下の通り。 支払い方法を「クレジットカード払い」にする• 公式サイトからキャンペーン申請する• 契約と同時に「あんしん補償」のオプションを追加する• キャッシュバック金額を受け取るまで契約破棄していないこと• 送られてきた申請メールに従って、期日までに口座登録をする キャンペーンのキャッシュバックを受け取る場合、適用条件に従わなければなりませんので、支払い方法やオプション追加の有無は自分で選べません。 しかし、条件さえ満たせていれば5,000円を現金で受け取ることができるのでかなりお得です。 キャンペーン利用の注意点 登録情報を間違えてしまうと、キャンペーンが受け取れなくなる可能性があります。 登録メールアドレス• 登録銀行口座 この2点は必ず慎重に入力しましょう。 もしメールアドレスが間違っていれば、キャンペーン申請メールが届くことはありません。 もし登録口座の番号が間違っていれば、キャッシュバックは受け取ることができません。 当たり前のことなのですが、今一度番号を2重で確認しておきましょう。 どんなときもWiFiの料金プランを紹介! では、どんなときもWiFiはキャッシュバック関係なく、通常料金はどのくらいするのか気になるところかと思います。 ここでは、どんなときもWiFiの料金プランを詳しく解説していきます。 キャンペーン中の料金プラン キャンペーン中は、プラン料金も定額で通常よりも安くなっています。 月額料金は3,280円で、2年契約プランです。 通常よりも200円安く利用できるのが嬉しいポイント。 しかも定額なので料金が上がることもありません。 キャンペーンの3,280円が適用される条件は以下の通り。 特別データ放題Aプラン• 公式サイトからの申込• クレジットカード支払い この条件さえ満たせば、更に初月無料の嬉しいキャンペーン中です! 通常の料金プラン どんなときもWiFiは通常プランでも、シンプルなプランが多いので選びやすいのが特徴的です。 プランは、クレジットカード払いタイプか、口座振替タイプかで選べます。 どんなときもWiFi料金プランの注意点 どんなときもWiFiは定額料金で安心なのですが、隠れた条件や規約があるので注意が必要です。 上記で紹介した金額(クレジット:3,480円、口座振替:3,980円)にするには、「2年契約」しなければなりません。 公式サイトには、2年契約割が適用された表記になっているので要注意。 2年以内に解約予定のある人は、割引を受けるために2年契約をしても高額の「解除料」が請求されてしまいます。 解除料金の内訳は以下の通り。 0〜12ヶ月目:19,000円 13〜24ヶ月:14,000円 26ヶ月目:9,500円 更新月:0円 ちょうど2年経った更新月に解除するのがベストです。 どんなときもWiFiのメリット・デメリットとは? キャンペーンを使ってどんなときもWiFiを契約しようとしている方は、 本当にコスパは良いのか? 繋がりはいいのか? など、気になるかと思います。 ここではどんなときもWiFiのメリットやデメリットを使用者の声を元に紹介していきます。 メリット1:完全無制限でデータ使い放題 モバイルでよくあるのが、月間使用量の制限はないものの、3日間で10GB以上使うと低速になる点です。 大手モバイルWiFiのWiMAXでも、短期間の使用量制限はありますが、どんなときもWiFiには全くの制限がないのです。 無制限の使い放題なのでギガを気にせず、ネットを楽しむことができます。 DAZNとかスマホとPCで観たりYouTube高画質で見たりしてたら今日だけで40GB通信してたけど、どんなときもWiFiって速度制限ないのマジなんですね。 2年縛りやけど2年以上使うかもしれん。 — 外部のK(元期間工) kurabos2 メリット2:どこでも使える どんなときもWiFiは、その名の通りどこでも使えるのが嬉しいポイント! 地下や地方ではモバイルWiFiの電波は弱くて使えないことが多いですが、どんなときもWiFiは繋がる範囲が広く安定して通信できると評判です。 さらに国内だけでなく、そのまま海外に持ち運んで利用することができるので、その点も優秀な点です。 どんなときもwifiがあると、乗り換えで2時間ネット使いたいけど、空港のWifiがイケてないってときにとても便利。 海外だと1日1000円で使えます。 だいたい繋がる。 — 市橋正太郎 アドレスホッパー addhopper デメリット1:最大接続台数が5台まで どんなときもWiFiの最大接続台数が5台までなので、家族での利用は不向きかもしれません。 スマホの他に、PC、タブレット、など繋げてしまうとあっという間に最大接続台数の5台を超えてしまいます。 他のWiFiでも5台以上接続できるのが通常らしいので、端末が多い方は少し検討が必要です。 個人の仕事用、一人暮らしの方は気にせず使えるのでおすすめです。 デメリット2:若干通信速度が遅い 安定して広範囲で通信はできるのですが、通信速度が遅い点がデメリットの1つとして使用者の声が上がっています。 基本4Gの速度が10Mbps以上だとして、どんなときもWiFiは5Mbpsの速度の場合もあるんだそう。 以下のツイートをご参考ください。 どんなときもwifi(左)もNEXTmobile(右)も両方遅くなりました。 日中は30Mbps出ているのでこの時間帯だけでしょうけど、さすがに不便です💦 どちらも運営会社が同じなので、速度が変わらないのはその理由かな…? — すえぽん👈「ひとり」が好きなじゆうじん ysgenfu せっかちの方はもしかすると、この通信速度が煩わしいと感じてしまうかもしれません。 まとめ 5,000円キャッシュバックキャンペーンが開催中のどんなときもWiFiについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか? お得なこの期間に試して見たくなった方も多いのではないでしょうか? 本記事をまとめると、• 5,000円キャッシュバックキャンペーンは公式サイトにて申込必須• クレジット払い、口座振替払いで料金プランが変わってくる• データ使い放題で安定して通信できるのが良い点• 接続可能台数が少なく、通信速度が他と比べると遅いのが悪い点 です。 料金プランやメリット、デメリットも調べながらぜひ検討してみてください。

次の

【7月1日】どんなときもWiFiキャンペーン5000円キャッシュバック月額3280円

どんなときもwifi キャンペーン

当編集部が問い合わせたところ、「新型肺炎の影響により端末在庫が切れたため一時的に新規契約受付を停止」とのことでした。 この記事の本文中の内容・情報は新規契約受付停止以前のものとなりますのでご留意ください。 2019年からどんなときもWiFiを始めとして、完全無制限・トリプルキャリア対応 3キャリア分のエリアが使える のWiFiサービスが続々と出てきました。 その中でもMugen WiFiは月3,280円の定額という驚きの料金を実現しつつ、 30日間おためしの全額返金キャンペーンを無制限WiFiの中で唯一開催していたので人気がありました。 そこで、 同じように無制限で使えて料金が安いおすすめのポケットWiFiをはじめに紹介しますね。 30秒でわかるMugen WiFi キャンペーンについて解説する前に、まずはMugen WiFiについての簡単な情報を30秒でお伝えしていきます。 しかし、これらは 違約金を払う必要がなくなるだけで、支払ったお金は手元に戻ってきません。 ところが、Mugen WiFiのキャンペーンでは 違約金不要のうえ支払ったお金も全額返金されるという良いこと尽くしです。 全額返金されるために必要な適用条件は次の3つです。 申込日から30日以内に必要事項を記入しから連絡すること。 返品の「発送日時」が30日以内であること。 Mugen WiFiの利用が初めてであること。 での記入漏れと2. での日付の数え間違いさえ気を付けていれば、特段難しい条件ではないと思われます。 もしも「思ってたサービスと違った……」という場合は、慌てずに全額返金キャンペーンを利用しましょう。 その他にも キャンペーンには注意事項がありますので、併せて確認しておきましょう。 Mugen WiFiのキャンペーンを損なく使うための6つの注意点 全額返金キャンペーンの注意事項は以下の6つです。 箱の破損や説明書の欠品がある場合、追加費用として2万円が発生する• 50GBを超える容量を利用する場合は9,000円の費用が発生する• 海外での利用時は別途、料金が発生する• 30日以上を過ぎた場合は違約金が発生する• 返却処理手数料として1,000円が必要• 送料は申込者側の負担 ややこしいようですが、注意点をまとめると、 「郵送時の箱に入っていたものは全て保管し、国内で50GB以上使わず、しっかり30日以内に返却し、返却手数料と送料のみ負担」すれば問題ありません。 の 欠品ありで2万円の追加費用は手痛い注意事項ですね。 郵送されてきた箱や説明書は一式保管しておくように気を付けましょう。 に関しては、うっかり通信容量をオーバーしないよう通信量の消費が激しい動画やオンラインゲームを利用しすぎないように自制しなければなりません。 は利用を国内のみに限定することで、海外利用時の料金発生を防ぐことができます。 国にもよりますが、海外で利用した場合はキャンペーン適用時であっても1日で1,200円以上の料金が加算されてしまいます。 は「30日間」と書いてあることから、当たり前のことではありますがうっかり無料期間を延長してしまわないよう注意が必要です。 の「 返却処理手数料: 1,000円」も気を付けなければなりません。 仮に欠品の追加費用で2万円を支払わなければならないとすると、2万1,000円も支払わなければならないことになります。 の送料については、残念ながら全額返金のカバーの対象には入っていません。 Mugen WiFi公式サイトへアクセス• 「30日間お試しで体験してみる」ボタンをクリック• 端末・オプションの選択 オプションは任意ですが端末交換費用2万円を支払いたくないのであれば加入をおすすめします。• ユーザー情報の入力 入力フォームに必要な情報を入力したら、フォーム下部の「次へ」ボタンをクリックしましょう。 選択内容の確認 確認して間違いがなければ円オレンジの「決算画面に進む」をクリックしてください。• 申し込み完了画面が出たら、申し込み完了! とっても簡単6ステップですね、これでMugen WiFiキャンペーンへの申し込みは完了です! キャッシュバックキャンペーンは未開催 WiMAXのキャンペーンにはキャッシュバックが用意されていることも珍しくありませんが、残念ながらMugen WiFiでは現在キャッシュバックキャンペーンを開催していません。 とはいっても、同じ無制限Wi-Fiのhy-fiや限界突破WiFiもキャッシュバックキャンペーンを開催していないので、 大きなデメリットではありません。 ただ、キャッシュバックではないもののMugen WiFiは過去に大幅割引がされるクリスマスキャンペーンを開催していました。 このキャンペーンは本来12月25日まで開催予定のはずでしたが、大好評により12月20日に終了してしまいました。 しかし、申し込みが殺到したことも納得できる、とてつもなくお得なキャンペーン内容ですよね。 このキャンペーンの盛況振りを考えると、今後も クリスマスキャンペーンと同等の大幅割引キャンペーンが開催される可能性はおそらく高いと言えるでしょう。 当記事でもMugen WiFiのお得なキャンペーン情報をつかみ次第、紹介していく予定です! まとめ ポケットWiFiは安い買い物では無いので、使用感を確かめた後で慎重に契約することをおすすめします。 無制限系WiFiの中で唯一Mugen WiFiのみがおためしのキャンペーンを開催しているので、損無く安心して使うならまさにうってつけのサービスといえます。 利用料金に関しても無制限WiFiの中では最安級であり、2年を過ぎれば違約金・解約金も無料という優れたポケットWiFiであるMugen WiFi。 この30日おためしキャンペーンを上手く使って、あなたのインターネットライフを充実させてくださいね!.

次の