ベロ が ヒリヒリ する。 口の粘膜が痛い・ヒリヒリする|口腔外科相談室|日本口腔外科学会

舌がヒリヒリする原因と対策が3分でわかります!

ベロ が ヒリヒリ する

原因は 金属アレルギー 口腔内の銀歯や義歯の金属、インプラントなどでアレルギー反応を引き起こし、舌にピリピリ、ヒリヒリとした痛みを感じる場合があります。 口腔内の不清潔 口腔内が清潔でブラッシングなどができていないと歯や歯肉、舌にも細菌が繁殖して炎症が発生してピリピリ、ヒリヒリの痛みを伴います。 栄養不足 ビタミンや鉄分、亜鉛などの栄養分が不足すると口腔粘膜に疾患が起きて、特に舌にピリピリ、ヒリヒリとした感じの痛みが生じます。 舌に傷 歯ブラシや硬い食べ物(とんかつ、フランスパン、スルメなど)や刺激性の食べ物(唐辛子、わさびなど)は外来性刺激を受けることで舌がピリピリ、ヒリヒリの痛みを生じます。 唾液量が少ない 唾液には虫歯や歯周病になりにくくするため自浄作用や口腔内の粘膜を保護、嚥下(えんげ)を助ける作用があり、唾液が少なくなると歯と舌や義歯と舌が擦れてしまうためピリピリ、ヒリヒリとした痛みが生じます。 舌がピリピリ、ヒリヒリする病気は 舌痛症 口腔内にピリピリ、ヒリヒリなど痛みを感じる病気です。 原因はストレスや睡眠不足、栄養不足、金属アレルギー、物理的刺激、感染症、唾液量の変化、ホルモンや自律神経のバランス変化などが考えられます。 原因は正確にはわかっていません。 アフタ性口内炎 ストレスやビタミン不足、物理的刺激などで1個~数十個の潰瘍が舌にできて痛みを生じピリピリ、ヒリヒリとした症状が出ます。 口腔カンジダ症 体力が低下、免疫力の低下、抗生物質などの薬剤の長期服用などで口腔内のカンジダ菌が異常に発生して増殖し、口腔内の粘膜や舌に白い膜ができて痛みを伴います。 口腔乾燥症(ドライマウス) 唾液の量が少なくなると歯と舌が擦れて痛みを生じます。 外傷 歯が尖っていたり歯並びなどで舌を慢性的に刺激しているとピリピリ、ヒリヒリの痛みを生じます。 白板症 舌に白い膜が発生して表面が硬く痛みが伴う場合があります。 口腔アレルギー症候群 人によって口腔内野菜果物などを摂取すると口腔内がピリピリ、ヒリヒリと痛むアレルギー症状です。 腫瘍 ヘルペス性口内炎 単純ヘルペスウイルスによる感染で口腔内炎症を引き起こし痛みを引き起こします。 ガルバニー電流 口の中に2種類以上の金属が噛み合わせで接触すると微弱電流が流れ痛みを発生することがあります。 神経痛 地図状舌 構上舌 対策は 舌がピリピリ、ヒリヒリなどの症状は原因が様々にあります。 基本的ですが食生活を整えてバランスの良い食事を摂り、ストレスを除去し自分ができることを楽しみ、美味しいものを美味しく食べられるようにしましょう。 また並行して自己診断はせず医療機関を受診しましょう。

次の

<歯科医師が解説>なかなか治らないベロのヒリヒリは口内炎?舌痛症は何科を受診? :歯科医 飯田裕 [マイベストプロ茨城]

ベロ が ヒリヒリ する

をお読み下さい。 近年は、舌痛症を神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)の神経痛の一種とらえる考えが支持されてきています。 神経のなかでも抹消だけではなく、中枢が大きく関与していると考えられています。 とはいえ、原因を一つに特定することはできず、一般的には個々の症例ごとに様々な原因が複合して影響していると思われます。 舌痛症の約6割の方は単純に痛み以外に、味覚の異常やお口の乾燥感など口腔内の触覚や 味覚にも異常感を訴えます。 そのような症状の多様性は、複数の原因が併存していることの現れと考えられます。 舌や唇、上あごなどお口の粘膜のヒリヒリ、ピリピリとした痛みが3か月から6か月 続いている。 舌に痛みが出る器質的な病気が否定される。 カンジダ症、口腔乾燥症、口腔がんなど 口腔粘膜疾患や、貧血など内科疾患、歯や被せ物の不具合などがない。 症状に変動性がある。 朝より夕方や夜の方が悪い。 日によって違う。 場所も移動する ことがある。 食事も摂取できる。 寝ている間は大丈夫。 何かに熱中するとまぎれる。 お口の乾燥感がある。 苦いとか辛いなど味覚の障害がある。 口がザラザラ、ベトベト したり、渋柿の渋など、異常感覚がある。 アメやガムを口にすると和らぐ。 ビタミン剤、痛み止め、軟こう、うがい薬が効かない。 歯科治療がきっかけとなることが多い。 義歯や被せ物が入れ難い。 真面目で几帳面な、中高年の女性。 歯科治療がきっかけになった方も多いのですが、あくまで「きっかけ」であって、「原因」ではありません。 誤解されやすいので説明を追加しておきます。 あそこの歯医者さんに行ってからと考えていらっしゃる方もいますが、たまたま「きっかけ」になっただけですので、歯科の先生の治療が「原因」だったというように結び付けないようにしてください。 よくお聞きすると、むしろ同じ頃に、家事や仕事が忙しかった、疲れがたまっていた、風邪や病気になったころだった、睡眠不足が続いていた、など心身の疲労や、体調に絡んだ問題、その他、家庭や仕事でのストレス、など他の「きっかけ」があった方も多いようです。 現在では舌痛症には、主に抗うつ薬が使用されています。 うつなどメンタルへの効果ではなく、慢性的な痛み(慢性疼痛)そのものに対する効果をねらったものです。 お口の症状に抗うつ薬などと聞くと、強い抵抗感を抱く方が少なくないと思いますが、実は、抗うつ薬は、腰痛などの慢性疼痛や、片頭痛の予防薬としても、世界中で広く使われているのです。 原因でご説明したように、舌痛症が神経痛の一種で、脳の機能のバランスが崩れているためであると考えられており、理論的なことからも抗うつ薬の有効性が説明できます。 服用を開始してお薬が合ってくると、約7割の方が1カ月くらいで痛みが改善していきます。 さらに、その後も3~6カ月程度は、痛みや不快感のぶり返しがないよう服用を続けます。 症状が落ち着けば、徐々に減量して止めていくことができます。 治療期間としては少なくとも半年間は必要で、多くの方が1年程度は通院を継続されています。 我々の調査では、お薬を継続できれば7割の方は改善します。 基本的には治る可能性の高い病気ですので、ためらわずご相談されることをお勧めします。 実際に治療に入る際、ご病気の説明にじっくり時間をかけます。 「原因」については、特に歯の治療が原因と考えている患者さんは、特に重要です。 ご病気の説明を十分に受けられるだけで、「安心感から、帰りの電車の中で症状がよくなってしまった」と仰られる方もいます。 食事が摂れない、夜も眠れないといったことはまれで、元気な方も多く、外見からほとんど判断できません。 周囲の方から、「気にしすぎ」、「メンタルの病気じゃないか」などと思われがちですが、 決してそうではありません。 「どこの病院でもなんともないといわれる」だけではなく、「家族や友達にも理解されなかったのでつらかったです」と仰られる方も少なくありません。 特に高齢の患者さんにつきましては、ご家族が付き添っていただき、一緒にご説明を聞いて頂くようお願いしています。 十分な睡眠、食事など規則正しい生活、心身の疲労をためない、適度な運動をするといった、ごく一般的なものです。 これらが、お口の痛みや感覚の乱れにも影響すると考えているのですが、案外できいない方も多いものです。 あまりに辛いときは、可能ならご家族に家事の分担を頼んでみるとよいでしょう。 こうしたご家族のサポートも回復によい効果をもたらすとされています。

次の

口の中が痛い・ヒリヒリする。口内炎やカンジダ症の原因や治療法【歯科口腔外科医監修】

ベロ が ヒリヒリ する

舌がヒリヒリ痛い!原因と治療方法について 舌がヒリヒリと痛くなるとつらいものですよね。 「舌がヒリヒリ。 ピリピリ。 」と痛む症状を舌痛症といいますが。 舌がヒリヒリと痛くても他に症状がない場合には、ほとんどが心因性が原因のようです。 心因性による舌痛症以外にも、カンジダが原因で舌がヒリヒリ痛くなったり、ドライマウスや過剰な舌磨きが原因で舌が痛いことがあります。 このように舌が痛いといっても、症状や原因が異なるため治療方法や処方薬も違ってきます。 ですから、舌がヒリヒリぴりぴりと痛いからといって勝手な判断をしないことが大事です。 舌の痛みが続くようでしたら、歯科や口腔外科を受診されることをおすすめします。 今回の記事は、舌が痛い時の原因や治療方法などについてお伝えしますので、舌がヒリヒリと痛い場合には是非ご参考にしてください。 この記事の目次• 舌がひりひり、ピリピリ痛い 舌がひりひりする、ピリピリと痛む症状を一般的に舌痛症(ぜっつうしょう)と言います。 舌痛症には2つの種類があり、一つは原因の分からない舌痛症で、もう一つは、舌が痛む原因のある舌痛症です。 原因として、 ストレス等の心因性要因が大きく影響していますが、歯列不正、口腔乾燥、舌の血流障害等が関与していることもあり、原因のよくわからないこともあります。 引用: 舌痛症の原因は様々で、舌に口内炎ができて腫れたり荒れて痛むこともあります。 また、カンジダや菌による感染の場合もあるので、舌が痛む時には受診されることをおすすめいたします。 舌が痛いと不安になり、ストレスから更に痛むこともあります。 舌の痛みが続く場合は、一人で悩まずに診察してもらうことが大切です。 関連記事 原因の分からない舌痛症 舌の表面がヒリヒリ、ピリピリと痛くなる舌痛症の原因は人によって様々ですが、病院のいろいろな科を受診しても「異常ないので心配ありません。 」と告げられることもあります。 舌痛症には、このように舌がヒリヒリと痛くても原因の分からないことがあります。 舌痛症の症状と治療 舌痛症は、 舌がひりひりするのが一番の特徴で、他に焼けるよう、やけどをしたようなとか、ピリピリと痺れた感覚があります。 また、原因の分からない舌痛症は、更年期の女性に多く、不安障害やストレスを抱えています。 舌がやけどをした後のようにひりひりと持続的に痛む舌痛症という疾患は、中高年の女性に多発傾向にあります。 引用: 病院で舌の痛みを訴えても異常がない場合には、心因性の「舌痛症」と診断されることが多いようです。 歯科や口腔外科、耳鼻科、内科、消化器科などいろいろな科を受診されても、「異常ないから心配ないです」「気のせいです」としかいわれないことが多いようです。 引用: 脳神経の混線 舌がヒリヒリ、ピリピリする原因について紹介しましたが、 舌がヒリヒリ、ピリピリする原因で多いのは、原因不明による舌痛症です。 患者さんは舌が痛いと訴えるのですが、外見上の異常は見当たらないので治療方法もないようです。 舌に異常感を訴えるが、それに見合うだけの肉眼的な異常がないもの 局所所見、検査所見に異常のあるものを除き、心気症に近い病態で 何らかの精神的要因が背景にあるもの 引用: 舌痛症は、 脳の神経の混線が一因ではないかと推測されています。 この舌痛症になる人は40歳以上の女性に多く、まじめで几帳面な人が目立つようです。 自臭症のタイプとよく似ていますよね。 また、 半数ぐらいの人が歯の治療後に症状を感じており、口の中の環境の変化などが関わっている可能性もあるようです。 舌咽神経痛(ぜついんしんけいつう) 舌咽神経痛は、舌の奥にある神経の異常でおきる病気です。 口を大きく開けたり、酸っぱい食べ物を食べた時にひどい痛みを感じます。 舌や喉の奥に我慢できないような強い痛みを感じるのが特徴です。 口を開けた時に痛みを感じるので、顎の関節が痛いと感じる人が多いようです。 治療 2~3ヶ月、舌がヒリヒリ、ピリピリするようでしたら、口腔外科や耳鼻咽喉科などで検査を受けられたほうが良いでしょう。 この場合の舌痛症は、口内炎などのような舌のただれや傷など、見た目には異常がないため、経験の少ない医師の場合には、「気のせい」、「治療方法がない」と取り合ってもらえないこともあるようですので、専門医を探すことが大事です。 また、この場合には、 舌がヒリヒリ、ピリピリするからといって、市販薬を飲んでも効きませんのでご注意ください。 神経の異常が原因による舌痛症の場合には、神経内科を受けられることをおすすめします。 神経内科による治療では、主に「アミノトリプチン」など、痛みを和らげる抗うつ剤や抗てんかん薬を使うことが多いようです。 こうした薬に抵抗感を持つ人もいますが、使用量はうつ病に比べると少なくてすみ、50年以上前から舌痛症に効果があることも分かっています。 痛みが続くとさらに不安が増し悪化するため、早めに薬で痛みを抑えることが大切です。 7割ぐらいの人に効果がありますが、便秘や眠気、口の乾きなどの副作用もあるため、薬の服用には慎重にならないといけないようです。 薬を服用することで、1ヶ月ぐらいで痛みが治まる人が多く、ぶり返さないように徐々に薬の量を減らしながら半年間ぐらい飲むそうそうです。 舌のヒリヒリやピリピリがいったん治まれば再発の心配はほとんどありません。 ただし精神面の影響が強い場合は、カウンセリングや生活指導など精神科の治療も必要になることもあります。 対策としては、薬による治療だけではなく、睡眠不足を避け生活リズムを整えることも大切です。 疲れると痛くなるようです。 忙しいというような理由で眠る時間が少ないと脳が休まらず痛みも中々治まりません。 ガムやあめなどで痛みがまぎれることもあるようです。 参考記事:毎日新聞 2016. 11 くらしなび 医療・健康 関連記事 カンジダが原因の舌痛症 カンジダの症状と治療 心因性以外の舌痛症で多いのは、口の中のカビ(カンジダ)だといわれています。 最近の研究では、舌痛を訴える患者さんのなかに別の要因が関係している場合があることがわかってきました。 その1つ目は、口の中のカビ 真菌のカンジダ です。 カンジダ菌による口内炎は歯肉にできることは少なく、舌に良くできます。 だから、熱いお茶などを飲んだときに舌がヒリヒリします。 口腔カンジダ症の主な症状としては、• 口内にクリーム状の斑点ができる。 唇の端にひび割れができる。 (口唇炎)• 舌が赤くなり痛みがある。 舌が平滑になる。 口腔カンジダ症には、舌に苔ができ真っ白くなる偽膜性カンジダ症と粘膜が赤くなりヒリヒリする萎縮性カンジダ症があります。 カンジタ菌は誰でも持っているものですが、体の調子が悪く免疫力が低下することで菌のバランスがくずれたり、抗生物質を長期間使用したことによって異常繁殖することでなることがあります。 他にも、口腔乾燥や義歯の汚れが影響することがあります。 治療 口腔カンジタ症の治療方法は、口の中の局部に抗真菌剤を塗布する方法と、抗真菌剤を口に含む方法があります。 カンジダ菌が検出された場合は抗真菌剤の投与を、微量金属やビタミンの不足の場合はその物質を補充することで容易に症状は改善します。 これらが該当しない場合、心因性と考えます。 引用: 二次性の舌痛症 二次性の舌痛症とはなんらかの原因があり、舌にヒリヒリやピリピリと痛みがあるものを言います。 (先に説明したカンジダも二次性に分類されます。 ) ドライマウス ドライマウスはストレスでなることが多いです。 それは、唾液の分泌は自律神経で決まるからで、緊張や不安が多くなると交感神経が活発になり唾液が出なくなるのです。 難病指定のシェーグレン症候群や加齢などによって、ドライマウス症になることがありますが、 口の中が乾燥すると舌の表面に舌苔(ぜったい)ができたり、傷つきやすくなるため、ヒリヒリ、ピリピリと痛むことがあります。 は唾液や涙が出ない難病指定の病気です。 シェーグレン症候群などによって舌がパサパサに乾いている場合には、少しの刺激でもヒリヒリピリピリと痛みを感じます。 異常に舌や口腔が乾く場合には、シェーグレン症候群かもしれないので早めに歯科や内科を受診されることをお勧めします。 関連記事 舌の口内炎 口内炎になると、中心部が楕円形に白くなり、その周囲が赤く腫れます。 軽く触れるだけでも、痛みを感じピリピリします。 次のようなことが原因となって口内炎がおきます。 亜鉛・鉄・ビタミンの欠乏症• 疲れやストレスにより免疫力が低下• 義歯のクラスプや被せなどが破損し尖った部分が舌に当たる• 精神的ストレス 舌に口内炎ができても、普通は日にちが経過すると自然と治っていきます。 ところが、中々治らない場合には、舌がんの可能性もあるので放置してはいけません。 治りが遅い場合は、一日も早くお医者さんに診てもらうことをおすすめします。 舌の口内炎について詳しくは、『』をご参考にしてください。 口内炎ができたときには、刺激のある食べ物を控えたりすることが大事ですが、ビタミンなど多く含まれる食べ物を多くとるようにしないといけません。 口内炎ができた時の対策について詳しくは、『』をご参考にしてください。 舌磨きのし過ぎ 舌が痛む原因に、過剰な舌磨きが原因のことがあるのでご注意ください。 舌が白くなる(または黄色くなる)と、見た目が悪いだけではなく、口臭もでるようになります。 舌が白くなっているものを舌苔(ぜったい)といいます。 詳しくは『』をご参考にしてください。 舌をきれいにするために舌を磨く人がおられます。 でも、舌磨きで舌苔(ぜったい)をきれいに取ることはできません。 その理由は、次の舌苔の図を見れば一目瞭然です。 舌乳頭が角化すると、細菌が付き舌の角質に根を張ります。 舌苔と角質は一体化しているので、舌磨きをしても白い角質が残るのです。 引用: 舌苔と舌の角質が一体化していることを知らないために、 過剰に舌磨きを行うことになっているのではないでしょうか。 それに舌磨きを行っても、舌がきれいになるのはその時だけ。 時間とともに、直ぐに元どおりに白くなります。 だから、一日の内に何度も舌磨きを行う人もいます。 このように舌磨きを過剰に行っていると、デリケートな舌粘膜を傷つけてしまいます。 傷がつくと細菌が繁殖し化膿します。 そのことによって、舌が「ヒリヒリ」することがあります。 舌磨きが良くない理由は、『』をご参考にしてください。 もし、今も舌磨きを行っているのでしたら、直ぐにやめることをお勧めします。 「でも、舌を磨かなかったら。。。 (白くなってしまう。 )」 そのようにご心配されているのでしたら、美息美人(びいきびじん)をお使いになってみてはいかがでしょう。 詳しくは『』をご参考にしてください。 関連記事 舌がんが原因 舌がピリピリと痛むと「舌がんではないだろうか?」と心配されるかもしれませんね。 しかし、初期の舌がんでは痛みがありません。 持続的に舌が痛く感じる頃には癌が進行しているので、初期に発見することが大事です。 そのためには、早目に病院で診察や検査を受けることが大切です。 舌がんの症状• 舌の縁に固いしこりができる• 初期がんは痛くない• 口内炎と似ているため、見分けることが困難• 舌がんが進行すると、舌に痛みや腫れ、出血、強い口臭を生じる• 更に進行すると、食べ物が飲み込めない、会話が困難、頸部の腫れ(リンパ節)が起きる 舌がんに変わる病気に、白板症と紅板症があります。 舌が白くなっていたり、赤く(紫)になっていたら、診察を受けるようにしてください。 舌がヒリヒリ痛い場合の治療 何科に行けば良い 舌が痛い時には、一般的には耳鼻科や歯科で診てもらえば良いです。 歯科医は、歯だけではなく口腔内のことについては良く分かっているので、治療ができないケースでも診断することはできます。 舌が痛いと言っても、その原因は異なります。 義歯のクラスプなどとがった物に舌が当たり傷が出来、舌が痛い場合もあれば、口内炎ができて痛いこともあります。 しかし、舌の痛みはそのようなケースだけではなく、ストレスなどが原因による精神的な舌痛症もあります。 傷や炎症で舌が痛い時には、歯科や口腔外科で治療が可能ですが、 精神的な原因による舌痛症の場合には、精神科や神経内科が専門になります。 お薬 これまで舌が痛い場合の原因についてお話しました。 舌が痛いといっても口内炎が原因の場合もあれば、神経系の病気かもしれませんし、過剰な舌磨きが原因のこともあります。 ですから、症状や原因によってお薬が違ってきます。 【口内炎で舌が痛い場合のお薬】• 口内炎パッチ 大正クイックケア(パッチ)• ケナログA口腔用軟膏(塗り薬)• トラフル ダイレクト(パッチ)• トラフル錠(飲み薬)• チョコラBBプラス (飲み薬) 【口腔カンジダ症のお薬】 ファンギゾンシロップやフロリードゲル経口用などの真菌薬 【ドライマウスで舌が痛い場合】 ドライマウスに効く市販薬はありませんが、舌に塗る保湿ジェルがおすすめです。 乾燥を防ぐ働きがあるのでヒリヒリ感が和らぐ効果が期待できます。 保湿ジェルについて詳しくは、『』をご参考にしてください。 【神経系が原因の舌痛症のお薬】 市販薬はありません。 神経内科などで痛み止めなどのお薬が処方されます。 どの場合も自己判断でお薬を購入するのではなく、薬剤師さんやお医者さんにご相談されてから使うことが大事です。 まとめ 舌がひりひりして痛いといっても、その原因は様々です。 一時的な口内炎の場合もありますが、舌がんのような病気の場合もあるかもしれません。 ですから、舌が痛むときにはお医者さんに診てもらうことが大事です。 舌痛症で案外多いのが、脳神経の混線など心因性によるものだということに驚かれたかもしれません。 治療を受けても舌の痛みが治らない場合には、神経科の治療が必要になることもあります。 このほか、病気ではないのですが、舌の磨きすぎで舌がヒリヒリと痛んでいる人も多いようです。 この場合は、舌を磨かないようにすれば痛みはなくなりますが、「舌が白い」という問題が残ってしまいます。 舌を磨かかずに舌苔をきれいにするためには、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」をおすすめします。 関連記事 【引用・参考文献】.

次の