もんじゃ レシピ お好み焼き 粉。 【クックドア】簡単レシピが豊富!もんじゃ焼きのレシピまとめ|グルコック

もんじゃ焼きのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

もんじゃ レシピ お好み焼き 粉

お家でもんじゃのレシピ まずはWikipediaにあるもんじゃ焼きの説明を軽く紹介しておきます。 もんじゃ焼き(もんじゃやき)は、小麦粉を主体とした、いわゆる「粉もの」料理の一つで、材料を鉄板で調理して食べる。 「もんじゃ」と呼ばれる事も多く、「もんじやき」「ぼったら」「おいの」と呼ぶ地域もある[1]。 もんじゃ焼きを食べる地域は日本各地にあり、各地の特徴がある。 引用: つかこれみて地方により色々と違いのあることを今知りました・・・。 他の地方の方、ぜひ作り方紹介してください。 ということで我が家の材料行ってみましょう。 今回は「餅チーズ明太」と「梅ささみ」の2種類作ります。 ベースとなる部分はどちらも変わらず、具材を変えます。 もんじゃ焼きのベースの作り方 まずは、もんじゃ焼きのベースとなる部分の作り方から。 ベース 日清お好み焼き粉 50g 水 300cc 千切りキャベツ 145g あげ玉 適量 ちなみに千切りキャベツは、パパご飯の極意のひとつでもある手抜きをできるだけするに則り、すでに千切りしてあるものを使います。 こっちの方が食感もいいですしね。 もし自分でやるのであればスライサーを使って千切りしてください。

次の

余ったお好み焼き粉をアレンジ!おいしく使い切るレシピ15選

もんじゃ レシピ お好み焼き 粉

もんじゃ焼きの歴史について もんじゃ焼きの始まりは茶人で有名な千利休が「麩の焼き」というものを作らせたらのが始まりだと言われています。 それから時代が進み、明治時代になると駄菓子屋の奥に鉄板の焼き台を置き、小麦粉を溶いて鉄板で薄く焼き、それに醤油や蜜などを付けて食べるようになりました。 その後、洋食が流行すると共にウスターソースが登場。 味付けがソースへと変わっていき、さらに年月を経てキャベツや切りイカなどの具が入った現代のもんじゃとなったのです。 「もんじゃ」と言われるようになったのは、江戸時代の終わりから明治時代にかけて、子供たちが鉄板に生地を使って文字を書いて覚え、食べていたのが始まりだと言われ、「文字」が「もんじ」となって「文字焼き」が「もんじゃ焼き」と変化していったという説があります。 もんじゃ焼きの焼き方・食べ方について まず鉄板を温めたら油を適量引き、具だけを先に取り出して具材を鉄板で焼いていきます。 大き目のキャベツなどはヘラで小さくし、具材がしんなりするまで焼きましょう。 具材にある程度火が通ったら丸く土手を作り、少しずつ出汁を入れてください。 土手をスプーンで少しずつ広げながら入れていくと、土手から出汁がこぼれずに入れる事ができます。 土手の中の出汁がドロドロしてきたら具材と少しずつ混ぜていき、最後は具材を細かく切りながら混ぜていきます。 あとはもんじゃを薄く伸ばして出来上がり。 トッピングなど最後に乗せる場合は別皿になっているのでチーズなどトッピングがある場合は最後にかけてくださいね。 出来上がったもんじゃは、ヘラですくいながら食べましょう。 ヘラですくったもんじゃを鉄板に焼き付けたり、おこげを作って食べても美味しく頂けます。 イカやエビなどの具を入れた海鮮和風もんじゃレシピです。 ボウルにもんじゃ生地の材料を全て入れ、ダマが出来ないように良く混ぜたらみじん切りにしたキャベツ、ネギと一味唐辛子、鰹節、チーズを加えてざっくり混ぜます。 後はイカやエビなどの海鮮具材と揚げ玉を加えて焼くだけ。 焼く時のポイントはごま油で焼くこと。 こうすることで香ばしさが加わります。 お店の味を再現したもんじゃ焼きの作り方をご紹介。 ボールに小麦粉・水・かつおだしの素を入れて混ぜたら、揚げ玉、千切りキャベツ、お好みの具を加え更に混ぜ、プレートに油を引かずに焼いていきます。 具で土手を作った後、残りの汁を入れてウスターソースで味付けし、ぐつぐつしてきたら全体を混ぜ合わせて最後にベビースターを加えたら完成。 油を引かずに焼くことでおこげができやすく、香ばしさを楽しめますよ。

次の

【クックドア】簡単レシピが豊富!もんじゃ焼きのレシピまとめ|グルコック

もんじゃ レシピ お好み焼き 粉

基本的な 作り方 ではまず、もんじゃ焼きの 基本的な作り方を見ていきます。 これを覚えておけば、アレンジレシピにも流用ができるため、押さえておくと便利。 材料は、 1人分で以下の通りとなります。 水 250cc• キャベツ 100g• 桜エビ 適量• 天かす 適量• 油 適量• その場合は不要です。 ここまでそろえたら、具材を混ぜるところから始めていきます。 1 生地づくり 小麦粉と水、だしの素をボウルに入れ、 ダマができなくなるまで混ぜます。 混ざったら、この中に ウスターソースを投入。 あらかじめ キャベツは千切りにしておき、キャベツと桜エビ、天かすを混ぜた生地の中に入れます。 このとき、生地と具材を混ぜ合わせなくても大丈夫です。 2 生地を焼く ホットプレートをあらかじめ 200~250度に加熱しておき、油を軽く引きます。 その上に具材から先に乗せ、炒めましょう。 適度に炒めたら、具材を ドーナツ状に丸くし、 土手を作って真ん中にスペースを作り、作ったスペースの中に生地を流し込みます。 このとき、一度に生地を入れるのではなく、2回くらいに 分けて入れるのがコツ。 生地に 大きな泡が立ってきたら、具材と一緒に混ぜ合わせて焼きます。 先程と同じ要領で土手を作り、残った生地を流し込みましょう。 同じように生地が煮立ってきたら混ぜて焼き、平たくして 焦げ目を付けます。 焦げ目はお好みですから、焼き加減を調整しながらやってみましょう。 これを踏まえて、以下では基本の作り方を少し変えたレシピを挙げていきます。 もんじゃ焼き屋でも人気の もち明太チーズ もんじゃ焼きのレシピの中でも人気の高いのが、 もちと 明太子、 チーズの組み合わせ。 この組み合わせは、もんじゃ焼き屋でも一番人気としているところが多く、たくさんの人に愛されていることが分かります。 具材の分量はすべて1人分で、 切り餅が 半分~1個、 明太子が 20g、 チーズは 10g程度が適量。 お店のレシピでは、切り餅は大きめに切ってあることもありますが、家庭で作るときは火が通りやすいように、 サイコロ状に切っておくのがおすすめです。 焼き上がりは明太子の プチプチした見た目や食感が特徴。 明太子のピリッとした辛味と、もち、チーズのまろやかさが絶妙にマッチしておいしいです。 もんじゃ焼きはおこげを味わうのが醍醐味でもあり、このレシピはチーズが焦げることで香ばしさを増して、さらにおいしくなります。 子供も喜ぶ スナック麺を使ったレシピ スナック麺も、もんじゃ焼き屋では定番のトッピングです。 これを使えば 下町の味が再現できますし、普段からスナック麺に親しんでいる子供も大喜び。 スナック麺の分量は、 1人分で1袋くらいがおすすめです。 作り方は簡単で、基本的な作り方にスナック麺を入れるだけでできます。 入れる前に 軽く砕いておくと、子供も食べやすいですが、砕きすぎるとせっかくの食感がなくなってしまうので注意。 そして、これは好みにもよりますが、スナック麺を他の具材と混ぜて最初から焼くとしんなりして味が生地に染み込みますし、ひと通り焼き上げたあとで最後に散らすとパリパリの食感を楽しめます。 どのタイミングでスナック麺を入れるかは自由です。 また、ここに チーズを散らすとさらに風味が上がります。 シーフードたっぷりで大満足 次は、シーフードをたっぷり使ったおいしいもんじゃ焼きレシピです。 エビや イカ、 ホタテなど、好みのシーフードを選んで入れると様々な味が楽しめます。 これらのシーフードを入れるとき、分量は1人分でエビが3尾、イカが15g、ホタテが2個くらいです。 お好みで調整しましょう。 シーフードは最初に他の具材と一緒に炒め、 しっかり火を通すのが上手に作るコツです。 もしそれぞれのシーフードを準備するのが面倒なら、便利なのが シーフードミックス。 これなら下処理もなくそのまま使えて簡単です。 ただし冷凍のまま使うのではなく、あらかじめ解凍しておき、水気が出ているときはキッチンペーパーで取り除くようにします。 そうしないと、もんじゃ焼きが水っぽくなってしまうので注意。 分量は、だいたい 1人分で50gくらいです。 豚肉や中華そばを入れてボリュームたっぷり 中華そばを使ったモダン焼きは豚肉や中華そばを入れてボリュームたっぷりに仕上げます。 それをもんじゃ焼きにも取り入れると、お腹いっぱい食べられるボリュームもんじゃに。 使用する 豚肉の分量は 1人分で30g、 中華そばは 半玉程度を用意します。 そして、豚肉は一口で食べやすいように、適当な大きさに切っておき、中華そばは炒めるときにざっくりとヘラで切ればOK。 また豚肉は最初によく炒めておいて、中華そばを入れるタイミングはある程度具材が炒められたあとでも大丈夫です。 豚肉と中華そばを 少し焦がして食べると香ばしいですし、豚肉の旨みと中華そばの食感が合います。 また味付けに関しては、中華そばの分量に応じて調整しましょう。 カレー風味は食欲もそそる 子供から大人まで大好きなカレーは、スパイスの香りが食欲を刺激するメニューです。 これをもんじゃ焼きに取り入れてみてもよく合って、香りとコクが凝縮した味を楽しむことができます。 このとき生地に入れる カレー粉は、固形になっていると溶けにくく、ダマになってしまうため、 粉末状になっているタイプを選びましょう。 1人分のカレー粉の量は 大さじ1杯くらいです。 また、せっかくカレー風味にするのですから、入れる具材にもいろいろ工夫するのもおすすめ。 例えば上記で紹介した シーフードもんじゃにカレー粉を入れると素材をおいしく食べられます。 また豚肉やもちとも相性抜群。 さらに トマトを入れても味わい深くなっておすすめです。 さらに、仕上げとして チーズや 卵を入れるとまろやかになって、たくさん食べられるもんじゃ焼きに仕上がります。 トマトたっぷりで イタリアン風に 甘みと酸味がおいしい トマトは、イタリアンの食材としては定番です。 このトマトをもんじゃ焼きに使うと、一気にイタリアンな洋風もんじゃができ上がります。 トマトの爽やかな風味と香ばしさで、 ピザのような感覚で頂くことができるレシピです。 トマトは生のままを使ってもいいですし、ミニトマトや缶詰、トマトジュースを使ってもOK。 生のトマトなら1人分で小か中を 半分、 ミニトマトなら 5個くらい、 トマトジュースなら 200ml弱くらいを用意します。 また、よりイタリアンな風味に近づけるために、 バジル、 フライドガーリックなどを加えるのもおすすめ。 具材ではツナやウインナーも相性がいいです。 そして仕上げにはチーズを散らしてとろとろの状態にすれば、爽やかなイタリアンもんじゃが完成します。 ホワイトソースを使った グラタン風 もちもちとこんがりの食感を味わえるもんじゃ焼きは、アレンジによって グラタン風にしてもおいしいです。 コクのある ホワイトソースでまろやかなもんじゃ焼きになります。 ホワイトソース風にするには、基本の作り方にある 水を牛乳に換えるだけでOK。 また、小麦粉の代わりに市販されている粉末状のグラタンの素を、1人分で40g、缶詰のホワイトソースなら70g使用してもいいです。 また、和風だしの代わりに コンソメスープの素を入れます。 入れる具材は マカロニ、 マッシュルーム、 ピーマン、 鶏肉など自由。 キャベツの代わりに 玉ねぎを使うと、さらにグラタンっぽくなります。 マカロニを使うときは、あらかじめゆでてから他の具材と混ぜて炒めるのが大切。 こちらも最後にチーズを入れて、こんがりと焼いてみましょう。 チゲ風にピリ辛キムチを投入 韓国料理としておなじみのチゲは、キムチなどの具材が入ってピリ辛の風味が食欲をそそります。 もんじゃ焼きにチゲ風味を取り入れれば、どんどん食べられるもんじゃ焼きの完成です。 レシピは基本的な作り方の中にキムチや豆腐、シーフードなどを入れるだけ。 キムチの分量は 1人分で30g、 豆腐は 半丁くらいがちょうどいいです。 シーフードは お好みの量を入れましょう。 キムチの量も辛さの好みによって調整してOKです。 そして、キムチが細切れになっていない場合は、 一口大に切っておくようにします。 その他の具材には、シャキシャキ食感を楽しむために ニラを入れるのもおすすめ。 またこのレシピのコツは、具材を炒める前に豆腐の 水気をよく切っておくことです。 水気を多く含んだままだと、もんじゃ焼きの生地が水っぽくなっておいしくなくなります。 味噌を加えてもおいしい 日本独自の調味料・ 味噌をもんじゃ焼きに活用するのもおいしいレシピのひとつ。 家庭の味としてどこかほっとするような味付けになりますし、程よく焦がして食べると香ばしさは格別です。 こちらのレシピでは、基本的な作り方の中で入れているウスターソースをなくして、 味噌と 醤油を入れるのもおすすめ。 味噌の分量は1人分でだいたい 10g、醤油は適量にしておきます。 注意したいのは、味噌を入れるタイミング。 味噌は 最後に混ぜて焼くときくらいに入れれば、煮立って苦くなったり塩辛くなったりするのを防げます。 入れる具材は 豚肉や ねぎなどベーシックな物でもいいですし、 鮭を入れるとちゃんちゃん焼き風に。 また、 ホルモンを入れて味噌焼きにしても違う味が楽しめます。 近くのお好み焼き屋を検索する ・・・・・・・・・・.

次の